2019.11.04
FASHION

またブーツが気になる。今季登場したグッドデザインなブーツ5選

スニーカー全盛時代。流行のベクトルも向いているし、履き心地も快適で、日進月歩で機能が進化するから、誰もがその魅力の虜になるのは否定できない。だが、それだけでいいのか。

少し視野を広げてみると、かつては粗野で武骨な姿で男たちの足元に輝いていた実直なブーツも、ゆっくりではあるが変化を遂げているのだ。昨今では作り手たちがアツい想いを込めて、より履きやすく格好良くアップデートを繰り返している。もう一度ブーツに目を向けてほしい。きっと少しずつ愛着が湧き、日に日に愛おしく思えてくるから。

 

エンジニアド ガーメンツ × ダナー

エンジニアド ガーメンツ × ダナーのブーツ
5万7000円/エンジニアド ガーメンツ 03-6419-1798

1961年に発表したマウンテントレイルをベースに通常よりアッパーのD環の数を増やしてジグザグに配置。アウトソールにはビブラム社のシエラシールを採用し、機能・実用面をアップデートさせた。

 

レッド・ウィング × ビューティ&ユース

レッド・ウイング × ビューティ&ユースのブーツ
3万6000円/ユナイテッドアローズ 0120-011-031

ユナイテッドアローズ創業30周年を記念し、レッド・ウィングのプレーントゥをオールブラックで上品な姿に別注。アッパーにはラフさのあるスエードレザーを採用した。新たにオープンするユナイテッドアローズ渋谷スクランブルスクエア店にて11月1日より先行発売予定。

NEXT PAGE /

カーハート WIP × クラークス

カーハート WIP × クラークスのブーツ
2万6000円/カーハート WIP ストア トーキョー 03-3402-9810

ブランドを代表するミシガンコートからインスピレーションを得たカラーリングが特徴的な今回の別注。履き口はブラウンキャンバスで縁取られ、ミリタリーな要素を加えながら、汚れと水を弾く素材で機能面もバッチリ。

 

ノンネイティブ × グイディ

ノンネイティブ × グイディのブーツ
16万9000円/ベンダー 03-6452-3072

イタリア発のグイディに日本初の試みとなる別注カラーを製作したノンネイティブ。アイコンでもあるバックジップ仕様のブーツにビブラムソールを貼り、ホースレザーのスエードでオーダー。本来、アウトソールに入れるブランドロゴをインソールに配置。すべての魅力はデザイナーの藤井さんと種カジこと種市暁さんの対談をチェック。

 

ティンバーランド

ティンバーランドのブーツ
2万2000円/ティンバーランド/VFジャパン 0120-953-844

アッパーの素材には高い防水透湿性を発揮するゴアテックスを、そしてアウトソールには耐久性と履き心地に優れるビブラムを搭載した6インチブーツ。インソールにはクッション性が高く疲れにくいアンチ・ファティーグを採用。

 

清水健吾=写真 来田拓也=スタイリング 谷中龍太郎=文

# エンジニアド ガーメンツ# ダナー# ノンネイティブ# レッド・ウィング# アップデート# ブーツ
更に読み込む