一目惚れ、もう迷わない サイコーッ!の夏カジ。 Vol.81
2019.07.26
FASHION

夏はクールにアクティブに! 日傘男子に告ぐ、メッシュキャップという優越

去る5月、環境省は「男性も日傘の活用を」と発表。近年の猛暑酷暑を鑑みればむべなるかな、である。日傘大いに結構。しかしながら、暑い夏でもアクティブに遊びたい我々にとって重要なのは機動力である。

つまり“夏カジ”における暑さ対策兼お洒落対策の小物の筆頭は、やはりキャップをおいてほかにない。メッシュ素材を用いたものであれば通気性も抜群。日傘男子を尻目に、クールなスタイルで夏を楽しもうじゃないか。

 

「カブー」×「キャル オー ライン」

「カブー」×「キャル オー ライン」のキャップ
8800円/ユナイト ナイン 03-5464-9976

メッシュキャップといえばカブーの「ソフトビル」は外せない。今季はキャル オー ラインの別注品を。インラインにはない長めのハードなツバを設け、陽射しをしっかり遮る。

 

「ナイキ SB」

「ナイキ SB」のキャップ
キャップ3000円/ナイキ 0120-645-377、シャツ2万2000円/コモリ(ワグ インク 03-5791-1501)

軽量フォーム素材を使用したツバと吸汗性に優れた汗止めバンドで気持ち良い着用感に。サイドパネルのメッシュが快適かつアクセントとなってくれる。

 

「ストーンアイランド」

「ストーンアイランド」のキャップ
1万7000円/ストーンアイランド 03-6271-4654

陽射しを受ければ玉虫色の表情が際立つナイロンキャップ。こちらは裏地にナイロンメッシュを採用することで、一見してわからないが被り心地はコンフォートそのもの。

 

清水健吾、山本雄生=写真 荒木大輔、菊池陽之介=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)、松本和也(W)=ヘアメイク 加瀬友重、谷中龍太郎、黒澤卓也=文 Bow’s Surf=コーディネート 

# ナイキ# キャップ# メッシュ
更に読み込む