2019.07.21
FASHION

レイバン、オークリー、ペルソール……名作に隠れた男心をくすぐるモノ語り

時代のアイコンたちが愛した品番。世界に影響を与えたモノづくり……。世代を超えて名作と呼ばれるものの裏には、常に男心をくすぐるストーリーがあった!

「レイバン」のメテオール

「レイバン」のメテオール
サングラス3万1000円/ルックスオティカジャパン 03-3514-2950、シャツ2万7000円/アンフィル 03-5775-3383

名作が多いレイバンのサングラス。ウェイファーラーが’50年代の代表格なら、こちらのメテオールは’60年代の顔。当時の人気ぶりは今や伝説的。ウェイファーラーに少し丸みを持たせたデザインで、よりクラシックな印象をもたらす。


「オークリー」のアイジャケットレダックス

「オークリー」のアイジャケットレダックス
3万1000円/ルックスオティカジャパン 03-3514-2950

アイウェア界に、スポーツパフォーマンスという概念を与えた1994年発表の名作、アイジャケットが最新スペックのレンズを搭載し、アイジャケットレダックスとして復活。’94年当時、マイケル・ジョーダンが広告モデルを務めたことでも話題となった。


「タカヒロミヤシタ ザソロイスト.」のカート

「タカヒロミヤシタ ザソロイスト.」のカート
3万900円/タカヒロミヤシタザソロイスト.アオヤマ 03-6805-1989

ダメージデニムにジャックパーセル、チェック柄のネルシャツ……。 ’90年代、ファッションアイコンから受けた影響は大きく、サングラスにおいてもそう。白いフレームにオーバル型のサングラス。カート・コバーンを敬愛するデザイナーが手掛けるだけに、その造形に一点のスキもない。白フレームのほか、黒、赤、青など全7色展開。

NEXT PAGE /

「ペルソール」の714

「ペルソール」の714
3万7000円/オブジェ・イースト 03-3538-3456

「ペルソール×スティーブ・マックィーン=714」と方程式化できるほど、名優にしてスタイルアイコンに愛されたフォールディングサングラス。折りたたんで小さく収納できる複雑な構造、その構造を採用しながらフィット性を司るブランドのもうひとつの機能、メフレクトテンプルを搭載した、究極の機能美が男心をくすぐる。


「ジュリアス・タート・オプティカル」のAR

「ジュリアス・タート・オプティカル」のAR
3万8000円/ザ ライト 03-6447-2666

アメリカの失われた財産、タート・オプティカルの復権を目指し、創業者の一族で運営に携わっていたリチャード・タートと日本在住でアイウェアのファクトリーも所有する米国人、タミー・オガラが協業して誕生したブランド。こちらのARは銀幕のスターも愛用するヴィンテージを当時の資料を交えて忠実に蘇らせた宝珠の作だ。


西崎博哉(MOUSTACHE)=写真(人物) 渡辺修身=写真(静物) 鈴木泰之=写真(静物・取材) 来田拓也=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)、赤間直幸、向後信行(JANEiRO)=ヘアメイク 實川治德、加瀬友重=文

# オークリー# レイバン# アイウェア# 傑作デザイン# 名品
更に読み込む