一目惚れ、もう迷わない サイコーッ!の夏カジ。 Vol.15
2019.07.05
FASHION

ブルーとイエローのカラーレンズで、夏は涼しげ、優しげに!

ファッションとしてアイウェアを楽しむアプローチは、何もフレームのデザインだけにとどまらない。視界の明暗やコントラストを調整するカラーレンズは本来“見る”ための機能。だが、それを夏のカラーコーディネイトのひと役を担うアイテムとして使ってみるのもなかなかいいと思うのだ。

BLUE
涼しげなクリーンな印象を生み出す

ゴールドに白、という意外な色を七宝加工でリムの外周だけ縁取ったハイセンスなデザイン。
4万円/アヤメ 03-6455-1103

ゴールドに白、という意外な色を七宝加工でリムの外周だけ縁取ったハイセンスなデザイン。ミニマルでクリーンなアウトラインを引き立てるのは、薄色のブルーレンズ。静かで、しかし力強い眼差しを生み出す1本だ。

ブルーの反対色である、赤系のトップスを合わせてみた。
サングラス4万円/アヤメ 03-6455-1103、ポロシャツ1万4000円/サンスペル(サンスペル 表参道店 03-3406-7377)、パンツ5万6000円/セラードア(アントリム 03-5466-1662)、靴6万5000円/パラブーツ(パラブーツ青山店 03-5766-6688)

ブルーの反対色である、赤系のトップスを合わせてみた。

 

 

ビームス デザインのアイウェアコレクションより、目が透けるほどの薄いターコイズブルーレンズをピックアップ。
9000円/ビームス デザイン(サンリーブ 03-5368-2268)

ビームス デザインのアイウェアコレクションより、目が透けるほどの薄いターコイズブルーレンズをピックアップ。テンプルエンドに配されたオレンジのメガネアイコンがキャッチーだ。

 

リジッドデニムのようなインディゴブルーのレンズと上品なメタルフレームの組み合わせ。
5万9000円/バートン ペレイラ(ヴィジョナイズ 03-6804-3652)

リジッドデニムのようなインディゴブルーのレンズと上品なメタルフレームの組み合わせ。クラシカルなフレームもレンズに色が入るだけで今どきな感じに。

NEXT PAGE /

YELLOW
ペールトーンで優しげな雰囲気に

レイバンのお家芸ともいえるイエローレンズに調光機能を持たせ、オーバルのメタルフレームにセット。
2万5000円/レイバン(ルックスオティカジャパン 03-3514-2950)

レイバンのお家芸ともいえるイエローレンズに調光機能を持たせ、オーバルのメタルフレームにセット。イエローの色みが淡いうえ、調光機能もあるので、室内でも掛けっぱなしでOK。

全身をペールトーンでまとめたコーディネイトには、サングラスも淡い色をチョイス。
サングラス2万5000円/レイバン(ルックスオティカジャパン 03-3514-2950)、シャツ3万円/ヤンマッケンハウアー(メイデン・カンパニー 03-5410-9777)、Tシャツ1万2000円/アンフィル 03-5775-3383、パンツ2万8000円/セラードア(アントリム 03-5466-1662)、サンダル1万7500円/シン アンド サン(ベンダー 03-6452-3072)

全身をペールトーンでまとめたコーディネイトには、サングラスも淡い色をチョイス。

 

 

濃いめのイエローレンズを、ヴィンテージ加工を施したチタンのフレームに採用。
3万9000円/グローブスペックス(グローブスペックス エージェント 03-5459-8326)

濃いめのイエローレンズを、ヴィンテージ加工を施したチタンのフレームに採用。その佇まいはミリタリーの官給品のような武骨さが漂う。

 

薄いイエローレンズに昔ながらのケーブルテンプルが、イイ雰囲気を醸す。
4万2000円/サヴィル ロウ(ブリンク外苑前 03-5775-7525)

伝統的な製法で造られる素材、ロールドゴールドで仕立てた1本は、24金の輝きを保ちつつも耐久性に優れる。薄いイエローレンズに昔ながらのケーブルテンプルが、イイ雰囲気を醸す。

 

西崎博哉(MOUSTACHE)=写真(人物) 来田拓也=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)、赤間直幸、向後信行(JANEiRO)=ヘアメイク 實川治德、加瀬友重=文

# アイウェア# カラーレンズ
更に読み込む