「服を着回す」って超エンタテインメント! 部長びんびん“着回し”物語 Vol.65
2019.05.31
FASHION

𠮷田カバンの 名作パーツをリミックスしたSSZとのコラボバッグ

僕らが青春を過ごした1990〜2000年代のストリートには、ポーターを筆頭とする𠮷田カバンのバッグが溢れていた。カテゴリーやシリーズが豊富で、バッグそれぞれに明確なコンセプトがあった。

つまり𠮷田カバンとは、スタイルと機能を兼ね備えた「間違いないバッグ」の代名詞だったのである。そんな𠮷田カバンの名作シリーズのパーツをMIXすることで完成したのがこちら。

そんな吉田カバンの名作シリーズのパーツをMIXすることで完成したのがこちら。
H42×W22×D22cm 3万円/ポーター×SSZ(ビームス 原宿 03-3470-3947)

サイズは2タイプを用意し、大きさによってポケットの位置を変えるこだわりようだ。出来上がったバッグはちょっとクセがある。

H47×W27×D27cm 3万8000円/ポーター×SSZ(ビームス 原宿 03-3470-3947)

でも、さまざまなシーンがクロスオーバーするストリートカルチャーと同じように、多種多様なバッグを作ることで醸成されてきた𠮷田カバンの世界観を、見事に表現していると思う。

 

鈴木泰之=写真 柴山陽平=スタイリング 加瀬友重=文

# ボーダー# 𠮷田カバン
更に読み込む