2019.05.27
FASHION

初めての老眼鏡で広がった世界とは? 〜種市暁、老眼鏡を買う その3〜

見るモノ変わるメガネの世界
迫りくる老眼、ブルーライトとの戦い。年齢や時代とともに気になることが増えてきた目とメガネにまつわるアレやコレ。正しい知識と選択で、自分の視界も他人の視線もガラッと変わる。見るモノ変わるメガネの世界、ご覧あれ。

オーシャンズでの連載「種カジのタネあかし」が人気の種さんことフリープランナーの種市 暁さん。46歳になった今、気になり始めたのが“近くのものが見えにくくなってきた”こと。そう、老眼である。

対応してくれたのは東京・神宮前にあるマイキータ ショップの店長、高橋さん(写真右)。

そこで、ドイツが誇るアイウェアブランド、マイキータに優れたレンズがあると聞き、東京・神宮前にあるショップを訪れた。

>「種市暁、老眼鏡を買う その1」(フレーム選び編)はコチラ
>「種市暁、老眼鏡を買う その2」(レンズ作り編)はコチラ

約2週間後、ついにメガネが仕上がったとの連絡が入り、店舗にて感動のご対面。さて、初めての老眼鏡とは?

 

感動の対面! もう手放せない?

――店長の高橋さん、早速仕上がったメガネを見せてください。

種市「ドキドキしますね」

高橋「こちらです」

シャンパーニュゴールドのチタンフレーム。丸みを帯びたウェリントンの玉型に。薄いパープルのカラーを入れており、サングラスライクにも使える。「STUDIO5.5」シャンパンゴールド フレーム6万1000円、レンズ8万5000円/マイキータ(マイキータ ショップ トーキョー 03-6427-5232)

種市「品があってキレイですね。見た目だけでもアガります」

高橋「では、どうぞ」

種市「うわ! すごい!」

高橋「ですよね」

――やっぱり、違いますか?

種市「これは完全に手放せなくなるヤツですね」

高橋「検眼のときにお話しましたが、少し乱視も矯正してありますので、老眼以外の視野も見やすくなっているはずです」

種市「だからか! スマホもとってもよく見えそうです。ただ、遠くを見ているとレンズの下のほうがほんのりボヤっと感じますが、問題ないですか?」

高橋「最初だけ気になるかと思います。というのも、このツァイスのレンズは1枚に見えていくつかのエリアに分かれています。遠方を見ているときには使わない近距離用の度が下のエリアに入ってますので、その部分が最初は少し気になるかもしれません」

――もともとメガネ経験がないわけですもんね。

高橋「徐々に慣れていただくために、最初は食事、デスクワークあたりの“止まった状態”から掛け始めるといいかもしれません。運転は視野が狭くなるので、慣れてからのほうがいいですね」

種市「なるほど。運転は慣れてからですか」

高橋「ただ、種市さんが運転をよくされるなら、目の使い方が上手かと思われますので、わりとすぐ慣れると思います」

種市「運転する人って目の使い方がうまいんですか?」

高橋「あくまでも傾向ですが、やはり運転時はさまざまな位置に視点を合わせますからね。正面だけでなく、バックミラーやドアミラー、後方目視など距離感の異なる箇所をいくつも見ることに慣れているから、ということです。カーナビも見やすくなるはずです」

種市「それはうれしい!」

NEXT PAGE /

見た目も只者じゃない! 品格アップのシャンパンゴールド

ケースやメガネ拭き、ツァイスのレンズの説明書なども付属。

――マイルドなシャンパンゴールドがスタイルの格上げにも良い感じですね。

種市「うん、これなら単なるサーファーおじさんに見えないな」

高橋「半透明のグレーレンズもお似合いです(笑)」

――加えて、そこはかとなく只者じゃない感があります。

種市「それそれ! ちょっと狙ってたんですよ。俳優の友人が何人かいて、みんなアラフォーかそれ以上のオッサンばかりですが、やはり見た目から只者じゃないんですよ。その輪に入ったときにもキャラクター負けしなさそう」

――種さんが着けているメタルアクセとも合ってますよね。

種市「それは、フレームやレンズを選ぶときに計算してました(ドヤ)!」

――ですよね。さて今後、このメガネとどう付き合いますか?

種市「僕、アクセって基本、着けっぱなしなんですよ。このメガネもそうなる気がする。いつもサングラスでやっているように、Tシャツのネックにテンプルを掛ける感じになりそうです」

――Tシャツに掛けておくのは大丈夫ですか?

高橋「推奨というわけじゃないですが、スクリューレスのヒンジの構造的にも結構、ネックに掛けやすいとは思います」

――というと?

高橋「蝶番式だとネジが緩むとテンプルがパカパカに開いてしまうのですが、マイキータのフレームのヒンジはスクリュー式ではないので閉じる力が強いのです」

マイキータならではの、スクリューレスの蝶番。角形の構造によって90度できっちり留まる。そのため、緩くなってパカパカと開くことがない。

種市「確かに、バネのような反発がありますね」

――これは、もう毎日使うしかないですね!

メタルのノーズパッドは、店頭で角度調整が可能。自分にぴったりとフィットさせることができる。

種市「そうそう。誰しも老いていくわけだから、下手に抗うことなく受け入れたいものですよね。普段のファッションにも馴染むこのメガネなら、それが可能。自分のアイウェアラインナップのなかでも、いきなり登板機会は増えそうですね」

高橋「そうなれば本望です」

種市「掛けまくります!」

種さんが、ほかにも悩んだこんなフレーム


シルバーカラーの「JONTE」。細いメタルフレーム特有の気品と、丸みを帯びた玉型が気に入ったポイント。5万4000円(レンズ代別)/マイキータ(マイキータ ショップ トーキョー 03-6427-5232)


3Dプリンターによって造形されたナイロンフレームのモデル「BALTA」。目元に強い印象を与えるストームグレーの色味がファッション性高し。6万4100円(レンズ代別)/マイキータ(マイキータ ショップ トーキョー 03-6427-5232)


メゾン マルジェラとのコラボレーションモデル「MMRAW007」は、マットな質感のRAWシリーズのサングラス。モード感が漂う一本。6万2000円(レンズ代別)/マイキータ(マイキータ ショップ トーキョー 03-6427-5232)

やむない理由によって作るにしても、折角なら心から掛けたいと思えるメガネを手に入れたい。今回のツァイスとマイキータの技術の粋が詰まった老眼鏡との出合いによって、種さんも新たな世界に開眼したようだ。

PROFILE
たねいちあきら●1972年生まれの46歳、東京下町出身。サーフィンを愛する海男。長年勤め上げたビームスを退社し、現在はフリーランスとしてブランドのコンサルティングやプロダクトのディレクションなどを手掛ける。連載中の「種カジのタネあかし」はコチラ
 種カジのこぼれ話満載のインスグラム@taneichiakiraも要チェック。

山本 大=写真 髙村将司=取材・文

# ツァイス# マイキータ# メガネ# 種市暁# 老眼鏡
更に読み込む