「服を着回す」って超エンタテインメント! 部長びんびん“着回し”物語 Vol.29
2019.05.19
FASHION

ひび割れプリントの向こうに見えるの誰? 答えは着倒せば出てくるよ

ひび割れたプリントの向こうに見えるアーティストの写真。名は明かせないが、いずれも世界的な存在ゆえに見る人が見ればおわかりかと。

「ブランク」のTシャツ
1万500円/ブランク(林五 03-6804-2952)

Tシャツにおける偶像崇拝は、ファンの宿命でもあるから、変わり種でも欲しくなるし、むしろオッサンにとってはオーバープリントの“隠れ感”がちょうどいいくらいだろう。

Tシャツにおける偶像崇拝は、ファンの宿命でもある。
1万500円/ブランク(林五 03-6804-2952)

普通は大事に着たいわな……ところが、このオーバープリントは、着込んで洗濯を繰り返すとはげ落ちていく代物。着るほどにアーティストの姿があらわになるという。

大事にしたいような、剥落させて御本尊を拝みたいような。そんなアンビバレンスもファン冥利か。なお、ネイビーは英国某バンドのボーカリスト。ブラックは米国のヒップホップ新王者。こりゃ、どうあれ垂涎ものだね。

 

鈴木泰之=写真(静物) 柴山陽平=スタイリング 加瀬友重、髙村将司、実川 実=文

# Tシャツ# オーバープリント
更に読み込む