2019.05.12
FASHION

この夏、着ていてエバれる3つのサーフブランドとオススメ8アイテム

「お、わかってるね〜」とサーフ談義に花を咲かせるための絶好の種となる、ツウなサーフカルチャーアパレルが2019年は目白押し。

ファッションブランドとのコラボや、シティウェアの要素も備え、サーファーでなくても、美味しくいただけるものもアリマス。


タウカンにスケートボードラインがあった!
DESCENDANT × TOWN & COUNTRY ディセンダント × タウン&カントリー

タイダイTシャツ、プリントTシャツ、ショーツ/ディセンダント × タウン&カントリー
タイダイTシャツ1万9000円、プリントTシャツ1万3000円、ショーツ2万7000円/すべてディセンダント 03-5784-0314

言わずと知れた、ハワイ生まれの老舗サーフブランド、タウン&カントリー。かつてスケートボードラインも展開されていたことを再認識できるこのコラボレーションは、幼少期からスケートボードに傾倒しカルチャーに精通するディセンダントの西山 徹さんらしい試み。

タイダイとソリッドで展開されるTシャツはお馴染みのロゴをあしらいつつ、さりげなくナットを落とし込んだデザインになっていたりと芸が細かいグラフィックに。アシンメトリーなショーツはインナーメッシュ付きの水陸両用仕様。


先輩たちは“ボルト”と略して呼んでいた
LIGHTNING BOLT BLACK LABEL ライトニングボルト ブラックレーベル

先輩たちは“ボルト”と略して呼んでいたライトニングボルトのTシャツ&パンツ
Tシャツ各8000円、パンツ1万6000円/ともにRHC ロンハーマン 045-319-6700

1971年に発足して当時一大ムーブメントを作り上げたハワイの伝説のサーフブランド、ライトニングボルト。このブラックレーベルは、ワンランク上のファッションブランドとして、今シーズン誕生した注目のブランドだ。ブランドネームや知っている人なら涙モノの稲妻ロゴなどを、現代的感覚でシンプルにあしらったアイテムを展開する。

Tシャツやクリース入りのチノパンといったベーシックなワードローブは、すべての大人サーファーのハートを鷲掴みにするはずだ。


ボンザーに乗ったことなくてもいいんです
RVCA ルーカ

キャンベルブラザーズとルーカがコラボしたTシャツ&キャップ
Tシャツ4800円、キャップ4500円/ともにジーエスエムジャパン 0120-734-514

キャンベルブラザーズ。この名を知っているキミは、サーフカルチャーに造詣がある人だ。’70年代から板を削り続け、「ボンザー」という画期的なサーフボードデザインを考案したシェイパー兄弟と、さまざまなアーティストやハードコアサーファーとリレーションを持つルーカがコラボレーション。

Tシャツ背面にはボンザーの独特なフィン形状をグラフィック化しプリント。キャップはキャンベルブラザーズブランドのロゴパッチを刺繍。わかる人にとってはとんでもなくブツ欲が刺激されるマニアなやつだ。

© 2011 Paramount Pictures and Mercury Productions


清水健吾=写真 菊池陽之介=スタイリング 松本和也(W)=ヘアメイク 今野 壘=文

# ディセンダント# サーフィン# サーフカルチャー
更に読み込む