2019.05.11
FASHION

【第2週】平山ユースケ着回し21Days! 部長びんびん“着回し” 物語Season3

「部長びんびん“着回し”物語」待望のサードシーズン開幕!
今季より亞藤忠がマスターライセンスを獲得したイタリアブランドのブランディング全権を託されたユースケ。日本での本格ローンチに向け、その一環としてイメージビジュアルの制作を行うことになったのだが……。
公私ともにいつも波乱万丈!? そんな中年男子にファッションの女神は微笑むのか?

今回は、「部長びんびん“着回し”物語 Season3」の第2週をお届け。
着回しアイテムの詳細はコチラ。
「部長びんびん“着回し”物語 Season3」の第1週はコチラ。

Day 8 Sat.
これこれ♪ この香りを嗅ぐとポジティブな気持ちになれるんだ

この日の着こなしの主役はTシャツの上に羽織ったストライプシャツ。

今日は、蟹太郎さん消息不明の一件からストレスと多忙が重なり、おろそかになっていた身だしなみを整えることに。遅く起きた朝、シャワーを浴びると南青山の美容院で髪を切った。その後は阪急メンズ東京へ。好みのブランドをチェックしたあと、1階にあるメンズビューティーコーナーへ。

さまざまな有名コスメブランドのコーナーが並ぶ中、隠れ美容男子・ユースケの足はアラフォー男の間で高い支持を集めるメンズコスメブランド、クワトロボタニコのコーナーへとまっしぐら。知人のCM制作会社の社長にすすめられ、ひと月前から使っているが、肌がハリとツヤを取り戻していくのを実感する。

何よりスキンケアをすることで何だか活力が漲ってくる、精神的な充足感も大きいのだ。加えて、クリアで穏やかなベルガモット&ローズマリーの香りがたまらない。今回は新製品の日焼け止めも購入。このあとは妻と待ち合わせて、晴海通りから一本入ったところにあるイタリアンレストランへ行く予定だ。

阪急メンズ東京、メンズビューティーコーナーのクワトロボタニコのコーナーへとまっしぐら。
靴4万3000円/パラブーツ フォー アーペントル(シップス 銀座店 03-3564-5547)、腕時計92万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン 03-3436-0011)

この日の着こなしの主役はTシャツの上に羽織ったストライプシャツ。上品な柄でクラシカルな雰囲気を演出しつつ、バンドカラーとプルオーバーが今っぽさを醸し出すお気に入りの1枚だ。店を出ると辺りは夕暮れ。父の好きだったフランク永井の「有楽町で逢いましょう」を口ずさみ、街のネオンを眺めながら待ち合わせ場所へと向かうユースケであった。

着回しアイテム

【5】「メゾン ジェジア」のシャツ【10】「アルモリュクス」のTシャツ【11】「リーバイス ビンテージ クロージング」のデニム

【5】「メゾン ジェジア」のシャツ
誠実に見える、ネイビーのロンドンストライプシャツは、バンドカラーにプルオーバーという旬度抜群の1枚。気持ちゆったりめのシルエットも今の気分にしっくりくる。3万2000円/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501

【10】「アルモリュクス」のTシャツ
ブルターニュで設立されたカットソーブランドは質実剛健な作りがモットー。目の詰まったしっかりとしたコットンボディは味のある風合いと丈夫さが持ち味だ。裾部分にはワンポイントロゴ入り。6800円/エリオポールメンズ銀座 03-3563-0455

【11】「リーバイス ビンテージ クロージング」のデニム
1960年代を代表するスリムフィットジーンズ「505」。股上が501よりも浅めに設定されているほか、フロントにはジップフライが採用されている。赤いセルビッジデニムを使用。2万8000円/リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501

「阪急メンズ東京」
さる3月15日にリニューアル。基準や拠点を意味する「BASE」をキーワードに、地下1階から地上7階すべてが、クリエイティブな男のための冒険基地として一新された。なお、1階には名だたるコスメブランドが展開され、メンズ美容の殿堂の様相を呈している。www.hankyu-dept.co.jp/mens-tokyo/


Day 9 Sun.
無心でスーツを作り上げていく。心の奥底から自信が湧いてくる!

今回はトゥモローランドが展開するパーソナルオーダーにトライ。

ユースケにとってスーツは単なる仕事着ではない。しかるべきスーツは自分にゆるぎない自信を与えてくれるお守りだと信じている。だからこそ、自信を失いそうなときにこそ、上等なスーツをオーダーすると決めているのだ。

今回はトゥモローランドが展開するパーソナルオーダーにトライ。同店のセミオーダーは、シルエットの微調整によってジャストフィットを実現するほか、生地やディテールを多種多様なバリエーションのなかから選ぶことでオンリーワンの1着を仕立てることができる。

「トゥモローランド 渋谷本店」パーソナルオーダーは、体型に合わせた補正を行うセミオーダーの他に、パターンオーダー、フルオーダーをラインナップ。
写真左のジャケット13万円[スーツ価格]/トゥモローランド ピルグリム(トゥモローランド 0120-983-522)、腕時計58万円/オメガ 03-5952-4400

流行の生地をチェックしたり、遊び心のあるボタンや裏地を選んだり、ユースケはワクワクしながら自分好みのスーツを作り上げていく。店を出るとき、心がすっきりしているのを感じた。スーツの完成イメージを思い浮かべると、気分が高揚してくる。

服装も同じくトゥモローランドのクルーネックニット。しっとりとした肌触りが心地いいこのニットをロンT感覚でさらっと着るのが、ユースケのお気に入りだ。

着回しアイテム

【F】「インコテックス」のスラックス

【F】「インコテックス」のスラックス
美脚スラックスの王様が誇る定番スリムフィットは、膝下からストンと落ちる細身のテーパードシルエットが脚を細く長く見せてくれる。通気性のあるドライタッチのストレッチウールは夏場にも最適だ。3万6000円/ビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623

お助けアイテム

肉厚のアクリルコットンで編み上げたニット。/トゥモローランド トリコ
1万3000円/トゥモローランド トリコ(トゥモローランド 0120-983-522)

肉厚のアクリルコットンで編み上げたニット。ゆったりめのシルエットに加え、チクチクしない素材のため、素肌に着ても快適だ。

「トゥモローランド 渋谷本店」
日常に新たな刺激を与える幅広いアイテムを世界中からセレクトし、早40年。グローバルな視点から、日々の暮らしを楽しむ大人に向けたライフスタイルストアの総本山だ。同店を筆頭に展開されるパーソナルオーダーは、体型に合わせた補正を行うセミオーダー(11万8000円)のほかに、パターンオーダー(8万8000円)、専任モデリストによる計測と仮縫い付きのフルオーダー(27万8000円)もラインナップしている。http://shop.tomorrowland.jp/shibuya


Day 10 Mon.
ナヌ、サングラス掛けてるのに目の輝きが違うってか!?(笑)

機内でも快適に過ごせるジャージー素材の紺ジャケットにグリーンのストライプと立体的な襟がエレガントなBDシャツ、シワに強いヘビーツイルを使ったワイドシルエットのチノ。
[左]ジャケット6万7500円[オーダー価格]/麻布テーラー 03-3401-5788、ポロシャツ1万3500円/フレッドペリー(エディフィス 新宿 03-5366-5481)、デニム5万7000円/ヤコブ コーエン(ヤコブ コーエン ギンザ シックス 03-3572-0017)、[右]靴15万8000円/エドワード グリーン(エストネーション 0120-503-971)、バッグ4万4000円/フルラ(フルラ ジャパン 0120-951-673)、サングラス3万4000円/モスコット(モスコット トウキョウ 03-6434-1070)、スーツケース7万円/リカルド・ビバリーヒルズ(リカルド・ビバリーヒルズ ジャパン 0800-700-6159)、ベルトはスタイリスト私物

問題山積の中、今日から5日間の海外出張へ向かう。行き先はユースケが担当するブランドの本拠地、イタリア・ミラノだ。国内で成功を収めるには、本国との密なコミュニケーションが欠かせない。

というのも、これにはもう1つ、ビジュアル制作と並ぶ重要なミッションを兼ねているからだ。亞藤忠サイドの目論みでは、中期計画として日本企画のディフュージョンライン展開に向けた交渉を始めるつもりである。そのためにも彼らとブランディングストラテジーを、よりいっそう共有していく必要があるのだ。

出発前、羽田空港で同時間帯にニューヨークへと出張する同部署のエース、課長・タケシと待ち合わせ、朝食を取りながらプロジェクトのミーティングを行った。タケシは開口一番、「あれ、目の輝きが違いますね!」と驚きの声を上げる。週末の休みで完全にリフレッシュしたユースケは元気を取り戻していたのだ。

その心持ちは服装にも表れていた。機内でも快適に過ごせるジャージー素材の紺ジャケットにグリーンのストライプと立体的な襟がエレガントなBDシャツ、シワに強いヘビーツイルを使ったワイドシルエットのチノ。リラックス感と大人の品を兼ね備えたユースケの出で立ちはタケシの目に頼もしく映った。

着回しアイテム

【C】「ソリード」のジャケット 【4】「サウスウィック」のシャツ 【12】「マッキントッシュ」のパンツ

【C】「ソリード」のジャケット
幅広いシーンで活躍する2ボタンのネイビージャケット。全体的にすっきりとしたスリムシルエットだが、ストレッチの利いたジャージー素材で着心地も楽ちんである。5万2000円/タトラス インターナショナル 03-5708-5188

【4】「サウスウィック」のシャツ
米国の名門ファクトリーブランドから登場したのは、春夏らしいグリーンのロンドンストライプが目を引くBD。正統アメトラスタイルを体現する程良いゆとりのあるボックスシルエットもポイント。2万1000円/シップス 銀座店 03-3564-5547

【12】「マッキントッシュ」のパンツ
ヘビーなコットンツイルが使用されたスポーツトラウザーは、チノ感覚でカジュアルにも、スラックス感覚にもはける万能パンツだ。テーパードのかかった、気持ちワイドなシルエットが特徴。2万7000円/マッキントッシュ青山店 03-6418-5711


Day 11 Tue.
チャオ!イタリアの太陽に負けないエネルギッシュな笑顔でいざ勝負!

アメトラの王道ブランドで誂えた濃紺のストライプスーツ。Vゾーンには淡いイエローのシャツとドット柄のタイで季節感とモダンなエッセンスを添えた。
タイ1万5000円/リングヂャケット(リングヂャケットマイスター206 青山店 03-6418-7855)、靴5万2000円/カルミーナ(トレーディングポスト青山本店 03-5474-8725)

ミラノに到着すると、顔合わせを兼ねたミーティングのため、本社へ。相手はブランドの頭脳であるデザインチーム。敬意を払うべきではあるが、単にペコペコしているだけでは、主導権は握れない。現に前任者は、イタリア企業との交渉ごとでは振り回されっぱなしであったと聞く。

ユースケの笑顔とトークはパワーに満ちていた。「ユースケならうまくやってくれそうだ。スーツの着こなしも見事だしな。そうは言っても俺のほうが洒落てるけど」とヘッドデザイナーは不敵な笑みを浮かべるが、ユースケはどこ吹く風。

そんな本日の装いの主役は、アメトラの王道ブランドで誂えた濃紺のストライプスーツ。Vゾーンには淡いイエローのシャツとドット柄のタイで季節感とモダンなエッセンスを添えた。

着回しアイテム

【A】「ブルックス ブラザーズ」のスーツ 【3】「バーニーズ ニューヨーク」のシャツ

【A】「ブルックス ブラザーズ」のスーツ
ビジネスワードローブのエースを張るのは、アメトリカントラッドの雄、ネイビーストライプの2Bスーツ。シルエットは高いゴージとナローラペルがモダンなリージェントフィット。9万9000円/ブルックス ブラザーズ ジャパン 0120-185-718

【3】「バーニーズ ニューヨーク」のシャツ
白やブルーに続く、新たな1枚にはイエローのストライプを。前立て部分がすっきり見えるフレンチフロントもワイドカラーと相まって春夏らしい開放的なムードを演出できる。2万1000円/バーニーズ ニューヨーク 0120-137-007


Day 12 Wed.
出張先で何を着るか迷ったら快適セットアップが鉄板!

ストレッチ性のあるジャージー素材を使ったセットアップはドレスとカジュアルの絶妙なバランスが取れている。
スニーカー2万6000円/ニューバランス(ニューバランス ジャパン 0120-85-0997)、Tシャツ2万4000円/ジェームス パース(ジェームス パース 青山店 03-6418-0928)、バッグ4万4000円/フルラ(フルラ ジャパン 0120-951-673)

翌日はブランド傘下のファクトリーへ視察に。こういったシーンの着こなしは意外と難しい。ビジネススーツだと堅苦しい雰囲気になるし、動きにくい。とはいえカジュアルすぎるのも考えもの。そんなとき、ユースケが使うのがセットアップだ。

ストレッチ性のあるジャージー素材を使ったセットアップはドレスとカジュアルの絶妙なバランスが取れている。着こなしもイージーで、足元にはスニーカーを、インナーにはシャツ代わりに白Tを合わせるだけでOKだ。あとは防寒とアクセントを兼ねて、ニットカーデを肩から掛けておけばパーフェクト。気分もフットワークも自然と軽くなる。2日目も確かな手ごたえを感じた。

着回しアイテム

【C】「ソリード」のジャケット 【E】「ソリード」のスラックス 【7】「マーガレット・ハウエル」のカーディガン

【C】「ソリード」のジャケット
幅広いシーンで活躍する2ボタンのネイビージャケット。全体的にすっきりとしたスリムシルエットだが、ストレッチの利いたジャージー素材で着心地も楽ちんである。5万2000円/タトラス インターナショナル 03-5708-5188

【E】「ソリード」のスラックス
「ソリード」のジャケットとセットアップ使いできるジャージー素材のスラックスは、脚をシャープに見せるテーパードシルエットがポイントだ。フロントに配されたキーフックもちょうどいい着こなしのアクセントに。2万5000円/タトラス インターナショナル 03-5708-5188

【7】「マーガレット・ハウエル」のカーディガン
Tシャツにもヨシ、キレイめシャツにもヨシ、ちょっとした羽織りモノに重宝するハイゲージのニットカーディガン。今狙うなら、上質リネンニットとゆったりめのシルエットを併せ持つものを。2万6000円/アングローバル 03-5539-5213


Day 13 Thu.
知ってた?イタリアでは手づかみでピッツァを食べないのだ

この日のスーツはクラシコイタリアを追求してきた日本発のブランド、リングヂャケットのもの。
タイ1万5000円/ポール・スチュアート(SANYO SHOKAI 0120-340-460)、靴5万2000円/カルミーナ(トレーディングポスト青山本店 03-5474-8725)、ベルトはスタイリスト私物

ブランド創業者らと親睦を深めるため、本社近くのピッツェリアでランチを取ることに。出されたピッツァは生地が薄く、カリッとした食感に加え、モッツァレラチーズの旨さにびっくり。ユースケの好みにドストライクなのだ。が、NYで覚えた99セントピザの達人であるユースケは、勢いよく手づかみでピッツァを頬張ってしまった。

イタリアではフォークとナイフで三角形にカットし、巻いて食べるのが一般的な作法である。「オ〜、ユースケ、マンマミーア!でもスーツが格好いいから、大目に見よう」と、目立ちたがりやのCEOはご機嫌だ。この日のスーツはクラシコイタリアを追求してきた日本発のブランド、リングヂャケットのもの。グレンチェックがさりげなく配された同色のスーツに、レジメンタイでトラッドなスパイスを利かせた。

着回しアイテム

【B】「リングヂャケット マイスター」のスーツ 【1】「フィナモレ」のシャツ

【B】「リングヂャケット マイスター」のスーツ
優美な曲線を描くシルエットで、イタリアンクラシックなムードを演出する3ボタンの段返りスーツ。チャコールに同色系のグレンチェックがさりげないお洒落を演出する。15万円/リングヂャケットマイスター206 青山店 03-6418-7855

【1】「フィナモレ」のシャツ
後付けされた袖や随所の立体仕立てが極上の着心地を生むハンドメイドの白シャツ。素材はしなやかな白ブロードで、上品なセミワイドカラーと白蝶貝ボタンのおかげでシャツイチスタイルもサマになる。3万9000円/アマン 03-6805-0527


Day 14 Fri.
ポロ×カーディガン。これが俺のすべらないアンサンブル

今日の着こなしのポイントは愛用の黒いラコポロである。あえてボタンはすべて留めて、シャツのように品良く着るのがユースケ流だ。
靴15万8000円/エドワード グリーン(エストネーション 0120-503-971)、バッグ4万4000円/フルラ(フルラ ジャパン 0120-951-673)、スーツケース7万円/リカルド・ビバリーヒルズ(リカルド・ビバリーヒルズ ジャパン 0800-700-6159)

出張最終日、ユースケはマルペンサ空港へ。さすがはミラノの玄関口、ラウンジにはビシッとスーツを着こなした伊達男たちの姿が目立つ。彼らにとって、空港はある種のランウェイなのかもしれないとユースケは感じた。

俺もみっともない格好はできない、今日の着こなしのポイントは愛用の黒いラコポロである。あえてボタンはすべて留めて、シャツのように品良く着るのがユースケ流だ。これだけでも洒落て見えるが、さらにジャケット代わりにネイビーのニットカーディガンを羽織ると、よりこなれた雰囲気に。

今回の出張でユースケは改めてカーディガンの重要性を実感した。出張先や機内で防寒着にもなり、コーデのアクセントにもなるカーディガンは大人の万能ウェアだ。「早いな、もうボーディングタイムか」、食べかけのブリオッシュを急いで口に詰め込むと足早にゲートへと向かうのであった。

着回しアイテム

【7】「マーガレット・ハウエル」のカーディガン 【9】「ラコステ」のポロシャツ 【12】「マッキントッシュ」のパンツ

【7】「マーガレット・ハウエル」のカーディガン
Tシャツにもヨシ、キレイめシャツにもヨシ、ちょっとした羽織りモノに重宝するハイゲージのニットカーディガン。今狙うなら、上質リネンニットとゆったりめのシルエットを併せ持つものを。2万6000円/アングローバル 03-5539-5213

【9】「ラコステ」のポロシャツ
ポロシャツのオリジンであるフレンチブランドの作。上品な鹿の子の風合いと深みのある発色は休日はもちろん、ドレスシャツ代わりにビジネスでも重宝する。ジャケットとの相性も格別だ。1万3000円/ラコステ 0120-37-0202

【12】「マッキントッシュ」のパンツ
ヘビーなコットンツイルが使用されたスポーツトラウザーは、チノ感覚でカジュアルにも、スラックス感覚にもはける万能パンツだ。テーパードのかかった、気持ちワイドなシルエットが特徴。2万7000円/マッキントッシュ青山店 03-6418-5711


西崎博哉(MOUSTACHE)=写真(人物) 鈴木泰之=写真(静物) 武内雅英=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク 押条良太(押条事務所)、川瀬拓郎、髙村将司、安島利樹(ICONIC)=文

# サードシーズン# ユースケ部長# 部長びんびん“着回し” 物語
更に読み込む