「大人ファッション」に迷ったらこの服、この着こなし、このショップ Vol.90
2019.05.09
FASHION

言うなれば身につけるポケット。“前掛け”バッグはいいこと尽くめ

チェストバッグに、ボディバッグ、サコッシュまで。首から下げるタイプをまとめて“前掛け”としてしまおう。両手が空いて、荷物も取り出しやすい。いいこと尽くめのバッグをお見逃しなく。

 

首から下げるって意外に便利だな!

[左]全面にリフレクタープリントを施したショルダーバッグ。[右]スケートカルチャーにインスパイアされたウェアを展開するイタリアブランドの新作バッグ
[左]バッグH16×W34×D10cm 2万1000円/シーイー www.cavempt.com、ジャケット8万8000円/ストーンアイランド 03-6271-4654 [右]バッグH20.5×W16cm 6万1000円/パーム・エンジェルス(イーストランド 03-6712-6777)、ブルゾン5万5000円/ホワイトマウンテニアリング 03-6416-5381、サングラス15万1000円/ザ・スペクタクル(グローブスペックス ストア 03-5459-8377)

[左]全面にリフレクタープリントを施したショルダーバッグ。こんなふうに首から掛けると、にわかにストリート感が漂ってくる。

[右]スケートカルチャーにインスパイアされたウェアを展開するイタリアブランドの新作バッグがこちら。ロゴを利かせたレザー素材だ。

 

山椒は小粒でもぴりりと辛い

2018年秋に登場した新進気鋭、ヒューゲルのサコッシュ。
H21.5×W27×D3cm 9000円/ヒューゲル フォー RHC(RHC ロンハーマン 045-319-6700)

2018年秋に登場した新進気鋭、ヒューゲルのサコッシュ。見どころはフロントのメッシュポケットと鍵などが取り付けられるリーシュコード。ナリは小さいが、仕事のできるやつなのだ。

 

海外でも頼りになる小さな相棒

トラベルケース「コペンハーゲン」は旅に必要なグッズをオールインワン。
H16.5×W11×D1.5cm 2万2000円/エアフリーク(ロワード 03-3861-2051)

トラベルケース「コペンハーゲン」はパスポートやチケット、紙幣、コイン、カード、ペンなど旅に必要なグッズをオールインワン。首からぶら下げる仕様だが、ストラップを外してバッグに入れて使ってももちろんOKだ。

 

お馴染みの3層バチュー・クロス

2019年春夏のランウェイに登場した「オールストン」シリーズの新作サコッシュ/ハンティング・ワールド
H17×W24×D1cm 3万3000円/ハンティング・ワールド(ハンティング・ワールド 帝国ホテル店 03-3501-7080)

2019年春夏のランウェイに登場した「オールストン」シリーズの新作サコッシュ。ボディは3層構造の「バチュー・クロス」。ドローコードを外せばクラッチ的にも使える。

 

コンパクトサイズを狙うならコレ

最低限の手回り品を入れるための、コンパクトな前掛けポーチ。
H8.9×W17.8×D3.8cm 8000円/ディスパッチ(ディスパッチ トーキョー 03-6804-2952)

最低限の手回り品を入れるための、コンパクトな前掛けポーチ。1680デニールという強靭なバリスティックナイロンを使用する。本体とストラップの角度がミソ。首から掛けたときの安定感が違う。

 

ストリートとモードが融合してるカモ

カナダ・バンクーバーで2009年に誕生したハーシェルのクロスボディバッグ
H18×W13×D5cm 6300円/ハーシェル サプライ(ハーシェル サプライ 渋谷 03-6427-1250)

カナダ・バンクーバーで2009年に誕生したハーシェル。迷彩柄のリップストップ生地をベースに、大胆なジッパーデザインとウェビングベルトでモード感をプラスしたクロスボディバッグだ。

 

定番モデルをコンビ配色で

バッグ専門ブランドであるペッレ モルビダの定番ボディバッグに、ジョゼフ オムがカラー別注。
H30×W17×D8cm 4万5000円/ジョゼフ オム(オンワード樫山 03-5476-5811)

バッグ専門ブランドであるペッレ モルビダの定番ボディバッグに、ジョゼフ オムがカラー別注。上質なレザー素材をマリンネイビー×ホワイトの海男的カラーリングで仕上げ、品の良さと爽やかさを獲得した。

 

アウターの下に仕込みたいチェストバッグ

アウターの下に仕込みたいチェストバッグ
上からH18×W28.5cm 1万2800円/ザ・ノース・フェイス パープルレーベル(ナナミカ マウンテン 03-5728-3266)、H45×W37cm 7900円/オフィシャル(グローバルウェイカンパニー 03-6886-3144)

[上]軽量で耐摩耗性が高いリップストップナイロンをボディ素材に採用。そのデザインはハンティングなどに使用されるボディバッグがモチーフだ。背面メッシュで通気性も上々。

[下]数年前からカニエ・ウェストらが持ち始め、今脚光を浴びている“前掛け”ナイロンバッグ。そのオリジンがこちら。メッシュに透けるロゴがクールな、サクラメント発のスケーターブランドによるバッグだ。

 

渡辺修身=写真 星 光彦=スタイリング Takuya Baba(SEPT)=ヘアメイク 竹川 圭=文 加瀬友重=編集・文

# サコッシュ# チェストバッグ# ボディバッグ
更に読み込む