「大人ファッション」に迷ったらこの服、この着こなし、このショップ Vol.112
2019.05.09
FASHION

流行よりも個性を重視する人に薦めたいセンス抜群の5ショップを厳選

ファッションに関して、流行なんかよりも自分の「好き」を追求するあなた! 圧倒的な個性を醸すこんなショップはお好みじゃないかい? もしかしたら一見さんには、ちょいと敷居が高い店もあるかもしれないが、感性とシンクロすれば、唯一無二で図抜けたセンスに昇天必至。

ファッションとカルチャーを結ぶTシャツ店というつなぎ手

ファッションとカルチャーを結ぶTシャツ店というつなぎ手/ビームスT 原宿

原宿の名所、とんちゃん通りでひと際目立つ、Tシャツが回転寿司のように回る不思議な光景。この「ビームスT 原宿」は、ビームスがアーティストのアトリエをイメージし、世界中で生み出されるグラフィックをTシャツというキャンバスに表現・発表する場所がコンセプト。さまざまなカルチャーや業界とのコラボも多く、ビームスのボーダーレスな感覚がよくわかる店でもある。数多くのエキシビションも開催され、訪ねるたびに新鮮な出会いが。

ビームスT 原宿
住所:東京都渋谷区神宮前3-25-15 1F
電話:03-3470-8601

営業:11:00〜20:00
不定休
www.beams.co.jp/shop/hbt/

 

大型複合施設にある小さな町のようなマーケット

大型複合施設にある小さな町のようなマーケット/ヒビヤ セントラル マーケット

東京ミッドタウン日比谷の3階にある「ヒビヤ セントラル マーケット」は、洋服店、書店、飲食店、理容室までが軒を連ねる小さな町のような不思議な空間。ちょいと買い物、ちょいと一杯など、目的に応じてついつい立ち寄ってしまいそう。

ヒビヤ セントラル マーケット
住所:東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷3F
電話:03-6205-7894(代表)

営業:11:00〜21:00(飲食店は23:00まで)
不定休

http://hibiya-central-market.jp

 

関西ファッションの重要人物が発信する想像力の向こう側

関西ファッションの重要人物が発信する想像力の向こう側/イマジン

商圏から外れた住宅地、大阪・中津に今ホットなスポットがある。それが「イマジン」。手掛けたのは「カジカジ」の編集長を12年間務めた岩井祐二さんとビームスでバイヤーを務めた谷 篤人さん、名店ロフトマンで店長兼プレスだった稲葉冬樹さんの3人。

雑誌のような洋服店をコンセプトに、オリジンを感じるものだけをラインナップ。関西ファッションの顔が発信する想像力を掻き立てる場所。そこにワクワクがあるのは間違いなし!

イマジン
住所:大阪府大阪市北区中津3-30-4
電話:06-7506-9378

営業:12:00〜21:00(日曜は18:00まで)
不定休

http://imazine.osaka

NEXT PAGE /

名店ジャンティークの2号店が意外なエリアにオープン!?

名店ジャンティークの2号店が意外なエリアにオープン!?/ジャンティーク 内田商店

言わずと知れた東京・中目黒にある名門ヴィテージショップ「ジャンティーク」。店内にはメンズ・レディスものが年代に関係なく所狭しと並び、洋服だけでなく靴や雑貨、そして家具まで揃えたラインナップは、古着店の新しいスタイルとして業界に多大な影響を与えた。

そんな名店の2号店がつい先日、群馬県の高崎市にオープン。現在準備中となる80坪のスペースには何が並ぶのか? なぜ出店先が群馬だったのか?興味が尽きないニューショップだ。

ジャンティーク 内田商店
住所:群馬県高崎市貝沢町1315-3
営業:12:00〜20:00
水・木曜定休

 

この独特の品揃えはセンスなのか? それとも……

この独特の品揃えはセンスなのか?それとも……/オフショア

ハイブランドの古着から、フィンガリンやディアスポラといった感度の高い今どきのブランドまで取り揃える「オフショア」。一見何でもアリに思える品揃えのようで、わかる人にはわかるセンスのいいセレクト。それは今年35歳を迎えるオーシャンズ世代のオーナー、的場良平さんのジェネレーション感にあるのかも。

ヴィンテージショップでもなく、セレクトショップでもない、新しい感覚のショップには、とにかく今欲しいものだけが揃っているはず。

オフショア
住所:東京都渋谷区神宮前3-14-17 1F A/B
電話:03-3470-6877

営業:11:00〜20:00
無休

www.offshore-tokyo.com

 

黒澤卓也=文

# ショップ# 個性派
更に読み込む