「服を着回す」って超エンタテインメント! 部長びんびん“着回し”物語 Vol.8
2019.05.05
FASHION

清潔感とリラックス感を兼ね備える、海でも街でも使える白ショーツ

「オーシャンズ」6月号で、リゾートでの着回し術を披露している呉山ケンジ(35)。前回はサタデーズの海でも街でもいける優秀ショーツの着こなしを披露したが、実は、持っていったショーツは一枚だけではなかった。

優秀な白ショーツで清潔感とリラックス感を兼備!

あまりにルーズに見えすぎないようにデニム風シャツと白ショーツで雰囲気をアップ。
ショーツ3万6000円/ヴァルカナイズ・ロンドン 03-5464-5255、シャツ1万8000円/サタデーズ ニューヨーク シティ 03-5459-5033、Tシャツ9500円/ジェームス パース(ジェームス パース 青山店 03-6418-0928)、サンダル2600円/ナイキ スポーツウェア(ナイキ 0120-645-377)

ということで、こちらの白ショーツもスイム対応の作りだが、真っ白なので汚れも気になっちゃうし、海ではく勇気はなかなか湧かない。ただ、普段使いで万が一濡れても大丈夫、という安心感は与えてくれるし、街着のアクセントとしてもバッチリ。

リゾートだからってあまりにルーズに見えすぎないようにデニム風シャツと白ショーツで雰囲気をアップしてみたり、はたまたビビットなTシャツに合わせてみたり。

着回しアイテム「オールバー・ブラウン」のショーツ こちらもスイムショーツの作りだが、真っ白なので海ではく勇気はまだない。
ショーツ3万6000円/ヴァルカナイズ・ロンドン 03-5464-5255、Tシャツ1万7000円/キャプテンサンシャイン 03-5793-8588、靴1万9000円/ホーボー(ベンダー 03-6452-3072)、サングラス3万6000円/オリバーピープルズ(オプティカルテーラー クレイドル 青山店 03-6418-0577)

ハワイでは読書にも没頭したかったケンジだが、ページをめくり始めて間もなく、友人に「いい波が来た!」と誘われ、ビーチに急行。海使いをためらっていた白ショーツも結局、海デビューを果たした。こうしてとっさにレジャーで使えるってところが、このショーツの真価なんだな。

 

西崎博哉(MOUSTCHE)=写真(人物) 荒木大輔=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク 髙村将司=文

# GW# リゾート# 着回し
更に読み込む