「大人ファッション」に迷ったらこの服、この着こなし、このショップ Vol.98
2019.05.02
FASHION

いつか見たビーチに想いを馳せて……このロエベは海と太陽がよく似合う

ロエベとビーチ。そう聞いて少し意外に思うかもしれない。ロエベが生まれたマドリードはスペインの中心部、内陸の街だ。

しかし、そこから飛行機で約一時間、地中海に浮かぶイビサ島にたどりつく。絶景を望むこの楽園に世界中のジェットセッターたちがスケジュールを無理やり空けて訪れているのは周知のとおり。そして、ロエベのクリエイティブディレクター、ジョナサン・アンダーソンもまた、幼い頃に家族とともにこの地を訪ねたという。

「パウラズ・イビザ」は、ジョナサンのそんな原体験に基づいたコレクションで、彼がかつて憧れた同名のセレクトショップがその由来。現在このコレクションを乗せたトレーラーが全国を行脚中だが、そこに並ぶのは、純リネンを使った心地良いウェアや、陽射しの下がよく似合う上品なトーンの服。リゾートとの相性は言わずもがな最高だ。

LOEWE ロエベ パウラズ・イビザ

変則的なストライプを配したシャツデザインのニットパーカ/ロエベ パウラズ・イビザ
ニットパーカ15万円、デニム12万円、サンダル6万5000円/すべてロエベ ジャパン 03-6215-6116

変則的なストライプを配したシャツデザインのニットパーカは、リネン生地でリラックス感漂うデザイン。デフォルメされた極太のドローコードにも、ジョナサン・アンダーソンのクリエイティビティが垣間見える。アイボリーの優しい色合いは、濃淡のパッチワークを施したインディゴデニムとの相性も最高。暑い季節が待ち遠しい。

力が抜けて洗練されたデザインは街中でだって映える。日常の中で海の心地良さが恋しくなったら、袖を通してみるといい。

マドリードでこのコラボレーションの青写真を描いたジョナサンが、かつて見たビーチに思いを馳せたように。

 

清水健吾=写真 菊池陽之介=スタイリング 松本和也(W)=ヘアメイク 今野 壘=文

# パウラズ・イビザ# ビーチ# ロエベ
更に読み込む
一覧を見る