2019.04.21
FASHION

37.5歳からのスウェットパンツは“上半身”で勝負が決まる!

このうえなくコンフォータブルにして街での市民権も獲得し、すっかり37.5歳の休日に定着したスウェットパンツ。ただ、ラフに見えすぎるのはいかがなものか。

であれば、トップスに「きれいめ」を1点投入すべし!例えば、遊び心のあるデザインのものだって、ほんのり品良く、大人っぽさも忘れない装いにまとまる。


「ストーンアイランド」のスウェットパンツ


「ストーンアイランド」のスウェットパンツ

これからの季節に最適な短めの裏毛生地を使用。ロゴパッチは好みで着脱OK。

パンツ3万5000円/ストーンアイランド 03-6271-4654、カットソー1万円/キャプテン サンシャイン(キャプテンサンシャイン 03-5793-8588)、肩に掛けたカーディガン2万4800円/ノンネイティブ(ベンダー 03-6452-3072)、ソックス1800円/ファッチーズ(シック 03-5464-9321)、サンダル4万9000円/サカイ 03-6418-5977

スウェットパンツ&ロンT、足元はサンダルといった起き抜けのような格好も、品の良いニットやカーディガンで、大人の休日スタイルへと早変わり。春らしい爽やかな色を選ぶのが成功の秘訣だ。


「ウィンダンシー」のスウェットパンツ


「ウィンダンシー」のスウェットパンツ

左腿に大人気のグラフィックが。深い股上やゴムで絞られた裾など、懐かしい姿が逆に新鮮。

パンツ9800円/エリオット 03-5708-5757、シャツ9167円/バナナ・リパブリック 0120-77-1978、Tシャツ6800円/レイニング チャンプ(サザビーリーグ 03-5412-1937)、ソックス1800円/ファッチーズ(シック 03-5464-9321)、スニーカー6000円/ヴァンズ(ヴァンズ ジャパン 03-3476-5624)、キャップ6200円/ヘリーハンセン(ヘリーハンセン 原宿店 03-6418-9669)

てっとり早くきれいめを演出するなら白シャツが打ってつけ。さらに全体をモノトーンで統一すれば、ストリート感の強いプリント入りのパンツもご覧のとおり、見事に中和。


清水健吾=写真 菊池陽之介=スタイリング 松本和也(W)=ヘアメイク いくら直幸=文

# スウェットパンツ# ストリート
更に読み込む