https://oceans.tokyo.jp/fashion/2019-0412-5/

スニーカーで気分一新するならコレ! 大人でも浮かない派手な7足

このエントリーをはてなブックマークに追加

年を重ねて増すシンプル志向。当然、色使いもミニマルがお約束となる。

でも、だからこそ気分転換に履くと新鮮なのが派手なスニーカー。“挿し色&柄”として簡単に冒険できますよ!


どうせなら、グッとくる色や柄でコーディネイト

[左]スニーカー/ナイキ スポーツウェア [右]スニーカー/タカヒロミヤシタザソロイスト.×クリアウェザー

我らが団塊ジュニア世代のスターデザイナーといえば、やっぱり宮下貴裕氏をおいてほかにいない。LAのスニーカーブランド、クリアウェザーとのコラボスニーカーは、1980〜’90年代のグランジシーンを記録してきたチャールズ・ピーターソンのフォトグラフィがプリントしてある。カート・コバーンの写真、やっぱいいね!

我らが団塊ジュニア世代のスターデザイナーといえば、やっぱり宮下貴裕氏をおいてほかにいない。

下はナイキのアーカイブの中から’70年代のレトログラフィックを再現した賑やかな配色で、「Have a Nike DAY」の文字とスマイルマークが楽しい。

左はナイキのアーカイブの中から’70年代のレトログラフィックを再現した賑やかな配色で、「Have a Nike DAY」の文字とスマイルマークが楽しい。


NEW BALANCE ニューバランス

トレイルランニング専用のシューズ/ニューバランス
1万3500円/ニューバランス ジャパン 0120-85-0997

こちらはトレイルランニング専用のシューズ。フィット感やグリップ力、クッショニングなどの機能性は言わずもがなであるが、蛍光色のこんなモードなヤツは街履きでも大推薦したい。


VANS EXCLUSIVE FOR RON HERMAN
ヴァンズ エクスクルーシブ フォー ロンハーマン

オールドスクールに加え、エラ、オーセンティックと、ヴァンズ人気作が鮮やかな色を纏って登場する。/ロンハーマン
7000円[4月20日発売予定]/ロンハーマン 03-3402-6839

西海岸の空や海、あるいはターコイズを連想させるスキューバブルー。写真のオールドスクールに加え、エラ、オーセンティックと、ヴァンズ人気作が鮮やかな色を纏って登場する。


PUMA プーマ

「スウェード」に次ぐ、プーマが誇る不朽の名作といえば、この「クライド」だ。
1万3000円/プーマ 0120-125-150

「スウェード」に次ぐ、プーマが誇る不朽の名作といえば、この「クライド」だ。今シーズンはスエード製アッパーの上になんとペイズリーのレーザープリントを大胆に施した。シックで大人らしい仕上がり。


REEBOK CLASSIC リーボック クラシック

今年のテーマである’90年代の要素を組み合わせた新シリーズ「オルター ジ アイコンズ」/リーボック
1万2000円/リーボック アディダスグループ 0570-033-033

リーボックの’80年代を代表する主要2モデルをベースに、今年のテーマである’90年代の要素を組み合わせた新シリーズ「オルター ジ アイコンズ」。今っぽさと懐かしさが共存する。


NEEDLES ニードルズ

伝統的なギリーシューズのディテールをスニーカーに取り入れてしまう柔軟な発想は、ニードルズならでは。
2万7000円/ネペンテス 03-3400-7227

伝統的なギリーシューズのディテールをスニーカーに取り入れてしまう柔軟な発想は、ニードルズならでは。パープルの後染めコットンアッパーに白のペンキを振りかけ、ユニークな表情を演出した。


【人物写真のクレジット】
[左]スニーカー1万4000円/ナイキ スポーツウェア(ナイキ 0120-645-377)、カーディガン1万5000円/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 原宿本店 03-3479-8180)、ニット3万9000円/マディソンブルー 03-6434-9133、パンツ3万8000円/08サーカス(08ブック 03-5329-0801)、サングラス3万5000円/モスコット(モスコット トウキョウ 03-6434-1070)、ソックス3000円/パンセレラ(真下商事 03-6412-7081) [右]スニーカー2万3900円/タカヒロミヤシタザソロイスト.×クリアウェザー(タカヒロミヤシタザソロイスト.アオヤマ 03-6805-1989)、ジャケット6万9000円/マッキントッシュ(マッキントッシュ青山店 03-6418-5711)、Tシャツ5900円/イエティ(ブツヨク ストア 03-6447-2018)、パンツ6万7000円/オフ-ホワイト ℅ ヴァージル アブロー(イーストランド 03-6712-6777)、キャップ8500円/アンパルクリエイティブ(タイズサン 03-6447-1655)

川田有二=写真(人物) 鈴木泰之=写真(静物) 菊池陽之介=スタイリング yoboon(coccina)=ヘアメイク 増田海治郎=文

このエントリーをはてなブックマークに追加
好きなスニーカーをずっと愛用するために覚えておきたい8つのコト
2019.04.10
大切なスニーカーと長く付き合うために、ケア専門店の力を借りたらどうなる?
2019.04.09
コルテッツ、スウェード、ジャックパーセルは、どのように傑作に成長したのか?
2019.04.09
仕事も休みもハイブリッドに働く靴。その答えは「上は革靴、下はスニーカー」
2019.04.08
履けば履くほど「次」が欲しくなる、この奥深き世界よ。やっぱりスニーカーはやめられない
長年ファッションを楽しんできた男のミリタリールック
2019.04.11
アウトドアなアクセントで脱・スタンダード
2019.04.09
ライダーズが男クサくなりすぎないコーディネイトには理由がある
2019.04.07
ビッグサイズを味方につける方法をまだ知らない人へ
2019.04.05
シンプルな無地のようで実はしっかり遊んでいる !?
2019.04.03
ラクが一番ならば、スポーツブランドの黒を
2019.04.01
フィールドジャケットをタフに着ない術とは
2019.03.30
サーファーらしいチョイスを都会的に着たいなら色使いに目を向ける
2019.03.28
あるとないとじゃ大違い!小物が利くってこういうこと
2019.03.20
タフなアウターの意外な一面を見つけてみよう
2019.03.19
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17