履けば履くほど「次」が欲しくなる、この奥深き世界よ。やっぱりスニーカーはやめられない Vol.84
2019.04.11
FASHION

まるでデニム好きの理想郷! そのこだわりは日本屈指な専門ショップ

デニム業界は、いつも話題で事欠かない。ここでは編集部が注目したユニークなお店やアイテム、最新モードまで、さまざまな視点からデニムトピックをプレビューする。

工場併設、新感覚の体験型デニムショップ

デニムの名産地、岡山県・倉敷の縫製工場が手掛けるファクトリーブランド、TCBジーンズ。

デニムの名産地、岡山県・倉敷の縫製工場が手掛けるファクトリーブランド、TCBジーンズ。ヴィンテージの再現度は圧巻のひと言で、コアなアメカジファンを中心に口コミで人気が広がっている。

そんな同ブランドが、昨年末に工場併設のデニムショップをオープン。1本のデニムが完成するまでの過程を、直接見学することが可能になった。今や服づくりの背景が見えることも大切になってきているのだ。いざ、児島へGO!

TCB ジーンズ
住所:岡山県倉敷市児島下の町10-4-1 2F
電話番号:080-3873-8476

営業:10:00〜18:00
無休
http://tcbjeans.com

 

ジャパンデニム特化型セレクトショップのおすすめ
タヌキを知ってるか?

“海外に日本製のデニムを展開したい”との想いから、ECサイトとしてオープンしたデニミオ。/タヌキ
2万4000円/タヌキ(デニミオ 045-465-6737)

“海外に日本製のデニムを展開したい”との想いから、ECサイトとしてオープンしたデニミオ。倉庫を拡大するために2015年に現住所へと移転し、その後、実店舗としてオープン。常時8000本、約60種類ものブランドが集う圧巻の品揃えゆえ、海外での知名度も高いという。

今季のイチ押しはヨーロッパのデザイナーが意匠し、岡山県の縫製工場と生地を用いて作られる噂のブランド、タヌキだ。

今季のイチ押しはヨーロッパのデザイナーの意匠で、岡山県の縫製工場と生地を用いて作られる噂のブランド、タヌキだ。海外のSNSで火がつき、現在では遠方より商品を求めて来店するなど、国内での人気も高まっている。ぜひ足を運んでみては。

デニミオ
住所:神奈川県横浜市保土ケ谷区宮田町2-181-7 第一丸秋ビル1F
電話番号:045-465-6737

営業:12:00〜19:00
火曜定休

www.denimio.com

 

デニム界にも本格到来! サステイナブルな時代

 今、世界のファッション業界では、急速にサステイナブルな動きが進んでいる。日本はやや遅れ気味だったが、さすがは世界のユニクロ。LAに構えるジーンズの研究・開発施設「ジーンズ イノベーションセンター」で、加工工程の水使用量を最大99%削減する技術を開発したというニュースが飛び込んできた。

デニム/ユニクロ
3990円/ユニクロ 0120-170-296

レーザーなどを用いて色落ちさせる技術も確立したというから驚きだ。2020年までにファーストリテイリングの全ブランドにこの技術を導入し、環境負荷低減を目指すという。環境のことを考えてデニムを選ぶ時代が到来したのである。

 

鈴木泰之=写真 星 光彦=スタイリング 増田海治郎、黒澤卓也=文

# ショップ# デニム
更に読み込む