WORLD街角パパラッチ Vol.24
2019.04.11
FASHION

春はやっぱりブルゾン丈! 世界のオトーチャンに学んだ着こなし正解例

世界にはどんな格好いいオトーチャンがいるのか? その実体を探るべく、世界4都市で突撃パパラッチ! 今、気になる着こなしのホントのところを、街のリアルなスタイルサンプルとともに徹底調査する!

春になったら、やっぱりアウターもブルゾン丈で軽快に! 多くの人が手に取るからこそ知りたいのは、もっともっと似合うためのヒント。さまざまなテイストのショート丈アウターを例に見ていこう。

 

サーファーらしいチョイスを都会的に。ヒントは“色使い”

LOS ANGELES ジョナスさん(37歳)
ヴェニスビーチ在住のサーファーが選んだのは、コーチジャケット&コーデュロイパンツ。それをネイビー&モスグリーン、そして小物もダークカラーにまとめ、海×街なムードを漂わせてみせた。

 

クリーンな上半身だからこそ渋色パンツが利く

LONDON クレマンさん
ブルゾンとニットはネイビー系で統一。清潔感のある上半身だからこそ、渋い海老茶色のチノパンがアクセントとなった。全身をジャストサイズでまとめたのも、クリーンな印象をアップさせている。

 

フィールドジャケットをタフに着ない術とは

NEW YORK ライアンさん
肩章付きフィールドジャケット。そのワイルドさを中和してくれたのは、シックなネイビーのボタンダウンシャツと、バーガンディのスキニーパンツ。タフな1着を大人らしくいきたいなら、ぜひお試しあれ。

 

ラクが一番ならば、スポーツブランドの黒を

LOS ANGELES ジャックさん(42歳)
動きやすい服バンザイ! でもだらしなく見せたくない! という人にスポーツブランドの黒い服は有効。アディダスのジャージーを軸に、全身細身で随所に白を利かせた装いは、軽やかかつシックだ。

 

シンプルな無地のようで実はしっかり遊んでいる!?

LOS ANGELES ヘンリーさん
全身無地だが、スイングトップやチノパン、靴で茶系のグラデーションコーデを披露。シンプルながら、しっかり遊んだ装いだ。対照的に、いろいろな柄を楽しむパートナーとともに、お洒落を満喫し、笑顔!

 

サードタイプ型Gジャンの薄れない魅力

LOS ANGELES マイケルさん
やっぱりリーバイスのサードっていいよな。チェックシャツやブラウンパンツのような往年のアメカジアイテムと合うから。デニムの本場LAでも、人気は衰え知らずで、細身でまとめるのが気分の様子。

 

長年ファッションを楽しんできた男のミリタリールック

TOKYO 伊藤晴康さん(62歳)
サンドベージュのトップスにカモ柄パンツ。ミリタリーな装いに、白シャツや丸メガネで知的な印象もプラス。このミックス感、長年洋服を楽しんできた伊藤さんの経験値の表れだ。

 

稲垣 茜=写真(東京) 宮崎卓弥=取材(東京) HIROMI YAMADA=写真・取材(NY) LITTLE JETTY=取材・写真(LA) YUMIKO SWAN=写真(ロンドン) IORI DOUGAN=取材(ロンドン)

# ショート丈# ブルゾン丈# 父ラッチ
更に読み込む