2019.04.10
FASHION

5本指ソックスまであるフェンディの新作が、 何かと大人に優しい件

パリやミラノ、ニューヨークでコレクションを展開するハイブランド。そのエッジィなクリエイションをうまく味方に付けると、カジュアルはもっと楽しくなる。そのハウツーを徹底ガイド。

ここでフォーカスするのはフェンディ。言わずと知れたローマの名門で、アイコンの「FF」ロゴは誰もが知っているはずだ。その最新コレクションはスポーツテイスト満載で、カジュアル好きな大人の心をしっかり掴む。


あの手この手のクリエイションで常にモード界を牽引してきたフェンディ。その中心にいたのがクリエイティブ・ディレクターのカール・ラガーフェルドだったが、去る2月、帰らぬ人となった。

そんな彼自身をトランプのジョーカーに取り込んだ貴重なグラフィックのロンTがコレ。「JOKARL」ってダジャレもカジュアル主義なオッサン好みである。

フェンディのカール・ラガーフェルドTシャツ
こんなお茶目なロンTはきっと、これが最初で最後。Tシャツ7万2000円/フェンディ(フェンディジャパン 03-3514-6187)

それでは、今季のフェンディで見つけたカジュアルに付き合える傑作を、コーディネイト例とともに見ていこう。


【1】アイコンを両面使いするリバーシブルジャケット

フェンディのリバーシブルジャケット
裾のドローコードでシルエットの変化も楽しめる。リバーシブルジャケット18万5000円/フェンディ(フェンディジャパン 03-3514-6187)

表は「FF」ロゴ、裏側には太めのストライプ。2つのブランドアイコンで構成されたナイロンフーディはリバーシブル。ブランド感をさりげなく示したい人は裏側にすればOKで、「FF」ロゴはフードのインナーだけでチラッと覗かせられる。

コーディネイトは、トレンドのトラックパンツに合わせるのがオススメ。スポーティ×スポーティでバッチリだ。

フェンディのコレクション
リバーシブルジャケット18万5000円、パンツ7万2000円、スニーカー8万7000円/すべてフェンディ(フェンディジャパン 03-3514-6187)


【2】ソックスくらい遊んでもいいじゃない?

フェンディのソックス
これなら急に靴を脱ぐことになっても恥ずかしくないね。ソックス5万2000円[参考色]/フェンディ(フェンディ ジャパン 03-3514-6187)

左足の指先に「FIEND」。意味は英語の“悪魔”で、FENDIの5文字をアナグラムでデザインしたもの。一方の右足は「FENDI」。こんな洒落た5本指ソックス見たことない! 靴を履くと、足の前部分にブラウンのラインが走ってかなりモードな雰囲気になる。

そして、下のラインソックスには、こちらを見る“バッグ バグズ”の目が。パンツの裾から覗く秀逸な遊び心。それを、ブラックデニムにスニーカーといったオールドスクールなスケーター風に取り入れてみる。

フェンディのソックス
モノトーンデザインで取り入れやすい。ソックス各1万5000円/すべてフェンディ(フェンディ ジャパン 03-3514-6187)
フェンディ
ソックス1万5000円、スニーカー11万円、デニム7万9000円/すべてフェンディ(フェンディ ジャパン 03-3514-6187)

【3】デニムに似合う「FF」ロゴ

フェンディ
シャツ7万9000円、ブルゾン18万5000円、デニム7万9000円/すべてフェンディ(フェンディ ジャパン 03-3514-6187)

カジュアル派の基本ボトムス=デニムに似合うアイテムも豊富。上の「FF」ロゴの半袖シャツは、フリーハンドで描いたようなラフな“Fの字”がカジュアル感を強調してくれる。ゆったりとしたボックスシルエットも今の気分だ。

フェンディのiPhoneケース
ストラップは着脱可能。iPhoneケース5万7000円/すべてフェンディ(フェンディ ジャパン 03-3514-6187)

そして、こんなiPhoneケースもナイス。レザーにエンボス加工をすることで、浮かび上がるような「FF」ロゴ。前面部分はクリアになっており、スマホの画面が見られるようになっている。おまけに充電ジャックをつなぐ下部分はちゃんと切れ目が。ユーザビリティも完璧! Tシャツ✕デニムのアクセント役にどうぞ。


【4】背中で語るならこんな2択を

フェンディの2019SS
[左]メッシュフーディ・ベスト20万2000円、スウェットパーカ11万5000円、パンツ7万9000円、[右]バッグH53×W30×D30cm 26万8000円、Tシャツ7万2000円、デニム7万9000円/すべてフェンディ(フェンディ ジャパン 03-3514-6187)

アスレチックウェアのようなマイクロメッシュ・ベストの背面にはブランドロゴ……ではなく「FIEND」。先で紹介した五本指ソックスと同じグラフィックを背負った一着。

そして、ガシッと担いだ姿が逞しい2-WAY仕様のボンサック。ショルダーストラップで担ぐだけでなく、短めのハンドルを使えば手提げにもなる。レザーに切り替えたボトムにはリフレクションテープが貼られ、春夏にぴったりな快活なムードが漂う。

いずれも、男の背中を魅力的に魅せるパートナーである。


モードらしくツンとしたクリエイションも好きだけど、我々に優しく寄り添ってくれる、いわばデレッとしたクリエイションも大歓迎。その魅力に、どっぷり漬かってみようじゃないか。


【問い合わせ】
フェンディ ジャパン
03-3514-6187


清水健吾=写真 高橋絵里奈=写真(静物) 三浦孝明=ムービー 菊池陽之介=スタイリング(人物) 松平浩市=スタイリング(静物) AMANO=ヘアメイク

# フェンディ
更に読み込む