履けば履くほど「次」が欲しくなる、この奥深き世界よ。やっぱりスニーカーはやめられない Vol.82
2019.04.08
FASHION

「あまりにもいいブランドだから」人気セレクトのラブコールで実現したコラボデニム

デニム業界は、いつも話題で事欠かない。ここでは編集部が注目したユニークなお店やアイテム、最新モードまで、さまざまな視点からデニムトピックをプレビューする。

セレクトショップが惚れ込んだデニム専業ブランドへの別注デニムは、ありそうでなかったデザインに出合えることも。

バーニーズ ニューヨークが別注したホワイトデニムは、白では珍しいヴィンテージ加工が施されている。/パープル×バーニーズ ニューヨーク
2万2000円/パープル×バーニーズ ニューヨーク(バーニーズ ニューヨーク 0120-137-007)

セレクトショップのオーナーとインダストリアルデザイナーのデュオが2017年に立ち上げた、バンクーバー発のデニムブランド、パープル。コンセプトは「ヴィンテージと機能の融合」。バーニーズ ニューヨークが別注したホワイトデニムは、白では珍しいヴィンテージ加工が施されている。

 

アダム エ ロペがリーに別注したデニムは、ウィメンズっぽいワイドシルエットが特徴。
2万円/リー フォー アダム エ ロペ(アダム エ ロペ 0120-298-133)

アダム エ ロペがリーに別注したデニムは、ウィメンズっぽいワイドシルエットが特徴。ワイドは着こなしが難しい印象があるが、トップスをコンパクトにまとめれば今っぽくキマる。

 

エストネーション×レッドカードのデニムは、トラウザー風のシルエットとディテールがポイント。
各1万9000円/レッドカード×エストネーション(エストネーション 0120-503-971)

エストネーション×レッドカードのデニムは、トラウザー風のシルエットとディテールがポイント。トップスを選ばない、汎用性の高い1本だ。

 

鈴木泰之=写真 星 光彦=スタイリング 増田海治郎、黒澤卓也=文

# セレクトショップ# デニム# 別注
更に読み込む