https://oceans.tokyo.jp/fashion/2019-0325-6/

気鋭ラッパーとのコラボ作も! 大人が夢を見られるA.P.C.のデニム群

このエントリーをはてなブックマークに追加

春のデニム選びに迷ったら、いの一番に気になるのは、デニム界を牽引する人気ブランドたち。その今季の動向をリポート。

エスプリの利いたフレンチシックな原点回帰

同じ素材でトーンの違うパーツをパッチワーク調に組み上げたデニム/A.P.C.
デニム3万2000円/A.P.C. 03-3710-7033、ブルゾン3万3000円/N.ハリウッド(ミスターハリウッド 03-5414-5071)、シャツ2万6000円/インディビジュアライズドシャツ フォー スティーブン アラン(スティーブン アラン トーキョー 03-5428-4747)、スニーカー1万4000円/アディダス オリジナルス(アディダスグループ 0570-033-033)

洗い加工の上がりを調整して同じ素材でトーンの違うパーツをパッチワーク調に組み上げた遊び心のある1本。デザインのベースとなるのは、一見するとこのブランドらしくないカーペンターパンツだ。

縦糸にブラウンで染めた糸が使われているのでくすみのあるヴィンテージライクな色落ちも楽しめる。でも、決して土くさく見えないのはフレンチモードを体現するA.P.C.の成せる技だと断言しよう。


懐の深さに恐れ入った! 痛快カプセルコラボ

音楽をこよなく愛するデザイナー、ジャン・トゥイトゥが共鳴した、弱冠35歳のアメリカ人ラッパー、キッド・カディのアイデアはなかなか挑発的だ。オーソドックスなオーバーオールに施されたのは、ダイナミックなカラーペイント。

弱冠35歳のアメリカ人ラッパー、キッド・カディのコラボ/A.P.C.
デニム2万7000円、オーバーオール4万6000円/ともにA.P.C. 03-3710-7033

ウォッシュドデニムやカーディガンには「夢でも見てろ(DREAM ON)」と真っ赤な刺繍が。

カーディガンには「夢でも見てろ(DREAM ON)」と真っ赤な刺繍が。/A.P.C.
4万5000円/A.P.C. 03-3710-7033

さらに、地獄絵図が描かれた真紅のライダーズジャケット。ズバリ、こんなに尖ったA.P.C.には本コラボレーションでしかお目にかかれないだろう。

地獄絵図が描かれた真紅のライダーズジャケット。/A.P.C.
28万円/A.P.C. 03-3710-7033
キッド・カディ (35歳) 米国出身のラッパーにしてファッションアイコン。
© Claire Guillon/Camera Press/AFLO

キッド・カディ (35歳)
1984年生まれ、米国出身のラッパーにしてファッションアイコン。1stアルバム『Man on the Moon:The End of Day』は、全米アルバムチャートにて初登場4位を記録。ヴァージル・アブローらとも親交があり、ルイ・ヴィトンのランウェイショーにモデルとして出演したことも。


このブランドらしい“プチ遊び心”にグッとくる!

ゆとりのある股下とスマートなシルエットを描く膝下テーパードで人気を集めるプチニュースタンダード。/A.P.C.
デニム3万円/A.P.C. 03-3710-7033、ジャケット18万9000円/アルフレッド リフージオ(エストネーション 0120-503-971)、カットソー9500円/チノ(モールド 03-6805-1449)、胸に掛けたサングラス4万円/ユウイチ トヤマ(グローブスペックス ストア 03-5459-8377)、スニーカー1万5000円/アディダス オリジナルス(アディダスグループ 0570-033-033)

3型存在する定番デニムシルエットの中でも、ゆとりのある股下とスマートなシルエットを描く膝下テーパードで人気を集めるプチニュースタンダード。今季の新作も普段の淡いウォッシュカラーと思いきや、ウエストバンドはリジッド素材に切り替えたデザインにモディファイ。そこはかとなく漂うエスプリの香りは、腰回りを控えめに主張してくれる。


西崎博哉(MOUSTACHE)=写真(人物) 鈴木泰之=写真(静物) 星 光彦=スタイリング 吉田太郎=ヘアメイク 髙村将司、加瀬友重、山口達也=文

このエントリーをはてなブックマークに追加
野口強、熊谷隆志らファッション界の重鎮8人が語る“気分のデニム”
2019.03.24
進化したリプレイのデニムはどれだけ“ハイパー”になったのか
2019.03.22
スニーカーに続き「ダッドデニム」ブームか? ヤヌークのデニム最前線
2019.03.21
いい状態で「ずっと着てほしい」。その一念が生んだデニムとスウェットのスゴみ
2019.03.18
履けば履くほど「次」が欲しくなる、この奥深き世界よ。やっぱりスニーカーはやめられない
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12
オーバーサイジングなダウンを着るとき、ほかのアイテムは?
2019.03.11
こなれ感だけではなくモノ選びも説得力高め
2019.03.10
ボリューム感の緩急が引き立つシンプルルック
2019.03.09
家族みんなで楽しんだ爽快ブルートーン
2019.03.08
色と素材で強調した遊び心満点のレイヤード
2019.03.07
スタンダードな装いに 違いを見せる素材使いとは
2019.03.05