https://oceans.tokyo.jp/fashion/2019-0208-4/

コレクションブランドも海外デザイナーも、みんな“スポカジ”に注目!

このエントリーをはてなブックマークに追加

本誌でも再三にわたって着目しているスポーツカジュアル。モードからユースにまで広がる’90年代スタイルとも合流し、いよいよ勢力は拡大。ロゴ使いやカラーブロックなどのスポーツ要素が、先端のファッションを輝かせるのだ。

「ビズビム」のシャツ

ネップの風合いが味わい深い、綾織りのウール×リネン素材を使った「ビズビム」のベースボールシャツ。
5万5000円/F.I.L. TOKYO 03-5725-9568

ネップの風合いが味わい深い、綾織りのウール×リネン素材をベースボールシャツに。どことなく和の風情が感じられるのがビズビムらしさか。


「オークリー バイ サミュエルロス」のキャップ

ヴァージル・アブローのもとでアシスタントを務めた経歴を持つデザイナー、サミュエル・ロスとオークリーがコラボレーションした、「オークリー バイ サミュエルロス」のキャップ。
6000円/ディプトリクス 03-5464-8736

現在進行形のファッションシーンの最重要人物、ヴァージル・アブローのもとでアシスタントを務めた経歴を持つデザイナー、サミュエル・ロスとオークリーがコラボレーション。


「カッパ コントロール」のカットソー

外部からクリエイティブディレクターを迎えたカッパのストリートレーベル、「カッパ コントロール」のカットソー。
1万6000円/ディプトリクス 03-5464-8736

外部からクリエイティブディレクターを迎えたカッパのストリートレーベル。ツートーン&ロゴ使いのロンTは、近頃のスポーツとファッションとの接近を象徴する。


「ヒュンメル」×「ウィリー チャヴァリア」のトップス

気鋭デザイナー、ウィリー・チャヴァリアとヒュンメルがタッグを組んだ、「ヒュンメル」×「ウィリー チャヴァリア」のトップス。
2万2500円/ジェットン ショールーム 03-6804-1970

気鋭デザイナー、ウィリー・チャヴァリアがタッグを組んだのは、デンマークのスポーツブランド、ヒュンメル。ストリート感覚を落とし込んだグッドカラー&ビッグシルエットの1枚だ。


「ホワイトマウンテニアリング」のパーカとパンツ

ポップネス全開の好配色が今季らしい、「ホワイトマウンテニアリング」のパーカとパンツ。
パーカ2万8000円、パンツ2万6000円/ともにホワイトマウンテニアリング 03-6416-5381

好配色でポップネス全開の今季らしいスウェットセットアップ。本来は機能的な立体裁断を装飾的にあしらう。


「ディーゼル」のシャツ

ブランド名をチームロゴ風にデザインした「ディーゼル」のシャツ。
3万5000円/ディーゼル ジャパン 0120-55-1978

ブランド名をチームロゴ風にデザインした胸のワッペンに、とびきりの遊び心が弾むベースボールシャツ。


渡辺修身、鈴木泰之、蜂谷晢実、高橋絵里奈(清水写真事務所)、比嘉研一郎=写真 星 光彦、来田拓也、松田有記=スタイリング  髙村将司、いくら直幸、今野 壘=文

このエントリーをはてなブックマークに追加
香りで攻める! 40代が気にすべき“臭い”をケアするフレグランス
2019.03.19
あの名作が蘇った! ブルックス、レイバン、ノース…… 老舗の“重み”ある復刻
2019.03.19
カッコいいと楽チンは両立できる! 街で使えるイージーパンツ決定版
2019.03.18
いい状態で「ずっと着てほしい」。その一念が生んだデニムとスウェットのスゴみ
2019.03.18
37.5歳からの欲しいモノ・もの・物! WHOLE OCEANS CATALOG 2019
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12
オーバーサイジングなダウンを着るとき、ほかのアイテムは?
2019.03.11
こなれ感だけではなくモノ選びも説得力高め
2019.03.10
ボリューム感の緩急が引き立つシンプルルック
2019.03.09
家族みんなで楽しんだ爽快ブルートーン
2019.03.08
色と素材で強調した遊び心満点のレイヤード
2019.03.07
スタンダードな装いに 違いを見せる素材使いとは
2019.03.05