https://oceans.tokyo.jp/fashion/2019-0124-5/

往年のスニーカー好きが2度「ハッ!」とするサンローランの新作

このエントリーをはてなブックマークに追加

ペイズリーを配したバンダナ柄のハイカットスニーカー。洗いをかけたコットンアッパーはいい具合にクタッとしていて、ダメージ加工の入ったソールも味わいたっぷり。よく見りゃシューレースにまでダメージが施してある。

古着屋のレジ裏にでも置いてあれば、立派なヴィンテージとして見紛う雰囲気だ。

スニーカー10万円/サンローラン(イヴ・サンローラン 0570-016655)

履き込んだデニムにもいいだろうし、スラックスでもハズしになりそう。
ブランドは?
サイドのラバーパッチに目を向けて「ハッ!」とする。

「SAINT LAURENT」。
パリを拠点とするモード界の騎手である。

ダッドスニーカー旋風が吹くモードの世界において異色の存在感を誇る一足は、今季サンローランの新作、モデル名は「ベッドフォード」だ。「70年代」をテーマにしたコレクションを象徴するアイテムで、赤のペイズリーモデル以外に、黒のスカル入り、ブランケット風のモノからパームツリーの刺繍デザイン、レオパード&タイダイまで、アメカジ好きにはたまらないラインナップが揃う。


また、往年のローテク派に嬉しいのがラストの形。長めのノーズに細めのワイズがスマートな顔つきで、この手のスニーカーもどんどん “丸っこく、ボテッ”としていく昨今においてうれしい限り。

見た目は100点。では、と、実際に試してみれば、しっとりとしたカーフレザーのインソールに包み込まれた足が、これがラグジュアリーブランドのスニーカーであることを思い出させる。

そんな見た目と中身のギャップにまた「ハッ!」として、コレクションに加えたくなってしまうのだ。


[問い合わせ]
イヴ・サンローラン
0570-016655

このエントリーをはてなブックマークに追加
春スタイルをワンランク上げるスニーカーの選び方「ダメージ系」
2019.03.22
インスタポンプフューリーのプロトタイプが限定復刻! 問題作の軌跡をおさらい
2019.03.21 / NEWS
光るのはセンスだけにあらず。「リフレクター」スニーカーが今季は旬
2019.03.21
センスのいいスニーカーの選び方「ソールまで同じ色のワントーン」
2019.03.20
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12
オーバーサイジングなダウンを着るとき、ほかのアイテムは?
2019.03.11
こなれ感だけではなくモノ選びも説得力高め
2019.03.10
ボリューム感の緩急が引き立つシンプルルック
2019.03.09
家族みんなで楽しんだ爽快ブルートーン
2019.03.08
色と素材で強調した遊び心満点のレイヤード
2019.03.07
スタンダードな装いに 違いを見せる素材使いとは
2019.03.05