2018.12.07
FASHION

アウトドア由来の「寒冷地仕様ボトムス」を採用して温活宣言!

日々の激務をこなしながら、定期的に運動する時間を確保するのは簡単なようで難しい。オッサンのお腹回りは、ちょっと運動をサボるだけで、ぐんぐん成長してしまう。

毎朝の愛犬との散歩は、そんな運動不足を解消してくれるばかりか、1日のスイッチを入れてくれる、大切で愛おしい時間だ。でも、真冬の散歩はキツい……。

そんな寒い冬の外歩きを楽しく快適にしてくれるのが、寒冷地仕様のボトムス。最近は、街ではいても違和感のないスタイリッシュなものが目白押しなのだ。


冬の日常を温めてくれる着ぶくれしないホカホカパンツ

ダウンパンツ3万3000円/デサント オルテライン(デサント ブラン 代官山 03-6416-5989)、ニット2万6000円/イエスタデイズ トゥモロウ(ベンダー 03-6452-3072)、パーカ1万5000円/ピークパフォーマンス(RCTジャパン 03-6303-1039)、バッグ4500円/アークテリクス(アークテリクス/アメア スポーツ ジャパン 03-6631-0833)、スニーカー1万3000円/アディダス オリジナルス(アディダスグループ 0570-033-033)

僕らも人生の半分に差しかかり、冬になると足腰の冷えが厳しい年頃になってきた。そんなオッサンたちにピッタリなのが、アウトドアブランドの寒冷地仕様パンツ。ひと昔前は街では、はけない本気なものが多かったが、昨今のはビックリするくらいスタイリッシュで暖かい。一度はいたら手放せなくなる“冬の美脚パンツ”だ。パーカやニットに合わせてもご覧のとおり、普段はいているデニムのようにスラッとして見える。


冬の3大素材。ダウン、中綿、フリースのこなしと選び

2万6000円/コロンビアスポーツウェアジャパン 0120-193-803

とにかく暖かさを求めるなら、ダウンを
「マウンテンハードウェア」
高品質な撥水ダウンを用いたパンツは、スタイリングによってはモードな着こなしにも耐えうる1本といえるだろう。インナーパンツとして開発されたものだから、シルエットは細身。レザーパンツの感覚ではいてみよう!



1万8000円/スノーピーク 0120-010-660

スッキリ見せたいなら、中綿を
「スノーピーク」
生地、中綿ともに3Dストレッチ素材を採用しているので、動きやすく快適なはき心地が楽しめる。色は写真のマルーンのほか、白、黒、ミディアムグレーを用意。普段使いはもちろん、飛行機などの移動時のリラックスウェアとしても使える。



9000円/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店 03-5428-1893

気持ちいい肌触りなら、フリースを①
「チャンピオン×ビューティ&ユース」
毛脚の長い「シェルパフリース」を使用したパンツは、ビューティ&ユースによる別注アイテム。同素材を使ったクルーネックシャツ、パーカも展開しているので、セットアップで着るのもまた良し。



2万4000円/ロンハーマン 03-3402-6839

気持ちいい肌触りなら、フリースを②
「ロンハーマン」
リラックス感があって暖かいフリースパンツは、オーシャンズ世代の冬の定番。ロンハーマンのオリジナルは裾の絞りがないので、普通のパンツの感覚ではけるのがうれしい。色違いで揃えたくなるヘビーローテーション候補な1本だ。



フリースパンツ2万6000円/シテラ(ヤマト インターナショナル 03-5493-5651)、ジャケット6万7000円/エンジニアド ガーメンツ 03-6419-1798、ニット4万5000円/アンデコレイテッド 03-3794-4037、カットソー9500円/バーグハウス(好日山荘 078-231-1381)、スニーカー3万4000円/パントフォラ・ドーロ(アドナスト ミュージアム 03-5428-2458)

ドレッシーな雰囲気のフリースパンツもある
ウェブでしか買えないブランドながら、モダンなデザインと作りの良さで人気のシテラ。白のラインがポイントのフリースパンツは、防風性と透湿性に優れたシートを挟んだ3層構造のポーラテック・ウインドブロックを採用。こんなシックな着こなしにピッタリだ。




パンツ1万9000円/ザ・ノース・フェイス(ゴールドウイン 0120-307-560)、ブルゾン5万2000円/アトリエ ベトン(スタジオ ファブワーク 03-6438-9575)、ニット5万2000円/ジョンストンズ(リーミルズ エージェンシー 03-5784-1238)、スニーカー2万2000円/サタデーズ ニューヨーク シティ 03-5459-5033

動きやすくて暖かい最先端の高機能パンツ
特殊構造の中綿を使ったザ・ノース・フェイスのパンツは、そうは思えないスマートさ。素材はPUコーティングを施した4-WAYストレッチのハイゲージニットで、優れたストレッチ性と防風性を備える。こんな最先端のパンツには、あえて牧歌的なニットとブルゾンを合わせてみよう。


清水写真事務所=写真 荒木大輔=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク 増田海治郎、加瀬友重、今野 壘=文

# アウトドアウェア# ボトムス# 寒冷地仕様
更に読み込む