スニーカー世代を刺激する「一足触発」 Vol.7
2018.12.01
FASHION

’95年当時ニュースになった、45番のジョーダンが箱まで忠実に初復刻!

エアマックス95をはじめ、次から次へとナイキから人気スニーカーが登場していた1990年代。「エアマックス狩り」なんていう現象も巻き起こったが、あの熱狂的スニーカーブームをオーシャンズ世代なら当然覚えているだろう。

2万3000円/ナイキ(ナイキ カスタマーサービス 0120-6453-77)

そんなブーム真っ只中に颯爽と登場し、ファンに衝撃を与えたあのスニーカーの完全復刻が遂に決定した。そのスニーカーとは、マイケル・ジョーダンの11代目のシグネチャーモデル「エア ジョーダン 11 コンコルド」である。

デビューは1995年。MLBに挑戦したあとNBAに復帰したマイケル・ジョーダンがコートで履いていたのがコンコルドだった。

「フォーマルなデザインのシューズが欲しい」というジョーダン本人からの要望で、光沢を放つパテントレザーとナイロンメッシュの異素材を組み合わせてデザイン。それまでスニーカー史になかったその発想に誰もが驚いたが、ジョーダン本人の目論見通り、その高級感が歓迎され、シティライフでも大いに活躍した。

今回の復刻モデルはオリジナルを忠実に再現。アッパーで輝くパテントレザーはもちろん、中敷のナイキエアのディテールやオリジナルボックス、ヒールの45番も、すべて当時のままのデザインだ。

発売は、NIKE.COM/SNKRS、一部のナイキ ジョーダン販売店舗で12月8日(土)からスタート。争奪戦になることは間違いないが、スニーカーブームを知るオーシャンズ世代としては、チェックしておくべきネタだろう。

 

[問い合わせ]
ナイキ カスタマーサービス
0120-6453-77

POW-DER=文

# ナイキ# エア ジョーダン# スニーカー# マイケル・ジョーダン# 一足触発
更に読み込む