スニーカー世代を刺激する「一足触発」 Vol.5
2018.11.14
FASHION

996、576、1700…… ニューバランスの品番の秘密は誰が知る?

ニューバランスは古くから数字の品番をモデル名にしている。極めて珍しいケースだったが、なんの色気もない数字の羅列が今見ればかえってクールだ。

ニューバランスはなぜ品番を選んだのか──この疑問に挑む前に、まずは現行品の品番をざっと整理してみよう。解説してくれるのは、ブランドマーケティングスペシャリストという肩書きで、ニューバランスのアレコレを把握する小澤真琴さんだ。

ニューバランスが扱う「数字」の基本

まず、“1000点満点中990点”という広告で話題を呼んだ「990」に始まる990番台。目下「990v4」を最新作とする990番台はランニングシューズのプレステージラインだ。スマートなフォルムが共通した特徴である。その代表格が「996」。今年誕生30周年を迎え、コダワリまくった復刻作が話題を集めている。

ニューバランス996
990シリーズの名声を不動にした「996」は1988年に登場。こちらは誕生30周年で今年復刻したもので、コダワリの数々が業界でも話題に。2万7000円/ニューバランス(ニューバランス ジャパン 0120-85-0997)

そんな990番台のさらに上をいくモデルとしてリリースされたのがご存じ「1300」。

リテールプライスの「130ドル」から採った「1300」は、ラルフ・ローレン御大に「雲の上を歩いているよう」と絶賛された。1000番台はニューバランスの技術の粋を集めた文字通りのフラッグシップモデル、という位置付けである。

1999年にリリースされたオリジナルに忠実なグレーカラーが展開中。うれしいMADE IN U.S.A.。3万4000円/ニューバランス(ニューバランス ジャパン 0120-85-0997)

そして忘れちゃいけないのが500番台。これはもともとトレイルランニングシューズのくくりになる。990番台に比べて、そのフォルムはどっしりとしている。

右が「576」で、左が「996」。比べてみると確かに「576」のほうがどっしりと丸っこく、フォルムの違いがよくわかる。
不整地でも快適に走れるよう開発された歴史的名作「576」。上質なオールピッグスキンスエードの一足は、「996」と同様に誕生30周年を記念した復刻モデル。英国製。2万6000円/ニューバランス(ニューバランス ジャパン 0120-85-0997)

品番によって生産国も変わってくるが、そこには法則めいたものは存在しない。990番台、ならびに「1300」「1400」「1700」「2040」はアメリカに5つある工場、500番台、「991」「1500」はイギリスの工場でつくられている。

NEXT PAGE /

「1972年」に、数字の品番は始まった

品番の基本を理解したところで、今回の本題に入ろう。品番は、そもそも、一体どのような理由があって、いつから使い始めたのか。

「1976年に誕生した『320』まで遡ることができます。『320』はNロゴを最初に搭載したモデルともいわれており、あらゆる意味でエポックメーキングなスニーカーでした。ちなみにNロゴが生まれる前は、サドルに2本ラインを入れていました。それが“うちに似ているんじゃないか”とドイツの老舗スポーツブランドから教育的指導が入り(笑)、一本足してNにしたそうです」(小澤さん)。

当時の「320」。この頃は、どこにも品番の刻印はない。

さらに遡ると「トラックスター」というモデルが存在する。 ニューバランス不変の設計理念といわれるインステップ・レーシングを引っさげて1960年代に登場、スポーツブランドとしての名声を確立したモデルだ。

こちらが「トラックスター」。シャークソールのようなアウトソールが印象的。先の小澤さんのコメントにあるように「Nロゴ」になる前は確かに……。

「1906年にボストンで誕生したニューバランスは、もともと矯正靴やアーチサポートインソールからその歴史をスタートさせています。アーチサポートインソールをシューズに入れると“新しいバランス感覚が生まれる”ということから、ニューバランスという社名がつけられました。その後スポーツの分野に参入し、1960年代に生まれたのが『トラックスター』だったのです」(小澤さん)。

では「トラックスター」と「320」の間には何があったのか。そこには、ブランドの現会長であるジム・ デービスによる大きな決断があった。

彼は1972年にニューバランス社を買収すると同時にデザインとカラーを見直した。そして、「我々がスターにしたいのは商品ではない」という考えのもと、パフォーマンスブランドとしての認知を広げるべく“数字”を商品名にしたのだ。

そう、1972年こそがニューバランスのナンバリングシステムの始まりである。

こうして生まれた数字のモデル名。であれば、それが「謎に包まれている」のはある意味で正しいこと。靴そのものがスターになるのではなく、デザインに、スペックに惹かれたブランドのファンが増えているのだから。そんな意味を知ると、ことさらに“数字のモデル名”に惹かれてしまうから不思議である。


【問い合わせ】
ニューバランス ジャパンお客様相談室
0120-85-0997
http://shop.newbalance.jp

竹川 圭=文 ニューバランス ジャパン=画像提供

# スニーカー# ニューバランス# 一足触発
更に読み込む