編集部のめっけMONO Vol.4
2018.09.24
FASHION

注目を集めた「スノーピークの着物」。買ってひと夏試してみました

オーセンティックな文脈で語られることが多い着物。仕事柄(週末だけお坊さん)よく着る機会があるワタクシなどにしてみると、もうちょっと進化の余地があってもいいのにな〜……なんて思っていたところ、こんなスグレモノが現れたので購入してみました!

ご存じの方も多そうですが、この夏、スノーピークときものやまとという異色の組み合わせで注目を集めた「アウトドアキモノ(OUTDOOR*KIMONO)」。仕事用にグレーをチョイスしてみた次第。

スノーピークときものやまとという異色の組み合わせで注目の「アウトドアキモノ(OUTDOOR*KIMONO)」
3万9000円(購入時価格)。詳しくはコチラ

東レの最新素材・ドットエアを使用するほか、腰元にベンチレーションを備える。すなわち通気性に優れており、衣服内を快適に保てるんですね。もちろん家で洗濯もできる。こんな芸当、木綿や麻、正絹にはできやしません。

それにうれしいのが、はだけがちな合わせにボタンが付いているので、着付けが崩れないところ。さらにバックル仕様のナローな帯&ベルトループも付いているので、面倒な帯締めも不要。Tシャツ&パンツ姿よりラクチンだし、当然アウトドアシーンで着ても面白い。

保温性を備えた秋冬モデルも発売中みたい。個人的には、仕事との相性がいいホワイトカラーも希望したいところです。

編集部K=文
Appleとサバゲ、クルマをこよなく愛する37歳。週末は地元でお坊さん。

# スノーピーク# 和装# 編集部のめっけMONO
更に読み込む