https://oceans.tokyo.jp/fashion/2018-0916-1/

人気ブランド×人気ブランド。 HOTでレアなコラボ物ギア&スニーカー

このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブランドがタッグを組んだと聞けばチェックをせずにはいられない。もしそれが両方好みのブランドであれば、気分もアガらずにはいられない。

コラボアイテムは洋服だけじゃない。靴やギアのコラボモノも気分を高めてくれるし、コイツらがいれば俺たちの夏は終わらないと思うのだ。


「キャル・オー・ライン」×「ピルグリム サーフ+サプライ」のタオル

60×110cm 各5800円/ピルグリム サーフ+サプライ 03-5459-1690

ビーチでも自宅でも、愛着あるブランドのバスタオルを使っていたい。だから、ピルグリムのお馴染みのペナントロゴが入るこちらのコラボがいい。吸水性が高く、抜群の肌触りが自慢の今治タオルだから、家族みんながうれしい。シーンを選ばないベーシックカラーゆえに、まとめ買いでストックしておくのもあり。


「シワ」×「デラックス」のバッグ

H48.5×W30×D13.5cm 7500円/デラックス 03-6805-1661

何の変哲もない紙袋と思しきこちら。が、実は1000年もの歴史がある和紙の産地、山梨の専門ブランドに別注したクラッチバッグなのである。

和紙ならではの温かみ溢れる素材感を楽しめる一方、破れにくく水にも強い特殊な障子紙が使われているため、耐久性もバッチリ。折り返しの開口部はスナップボタン留めに。休日のちょい持ちに気の利いたチョイスだ。


「ポーター」×「N.ハリウッド」のバッグ

H40×W60×D23cm 4万円/ミスターハリウッド 03-5414-5071

モード解釈の新たなワークスタイルが披露されたN.ハリの最新コレクション。そのランウェイでも目を引いた大容量のニュースペーパーバッグは、ヘビーオンスのキャンバス地を頑強なステッチで縫い上げた、荷物をガンガン放り込めるタフなやつ。

そして何と言っても、肉厚ラバープリントのステンシルも含め、アメリカの作業現場で見られる視認性の高いウェアのような配色が男心にグッとくる。


「ダナー」×「ホワイトマウンテニアリング」のブーツ

6万4000円/ホワイトマウンテニアリング 03-6416-5381

3シーズン目となる好評の別注モデルは、名作「マウンテン ライト」がベース。スエードアッパーに打たれたリング&フックは通常より増量、シューレースもリフレクター仕様のパラコードタイプに。また素早く着脱できる両サイドのジップ仕様、ボリュームアップを図りながら軽い履き心地を実現するビブラム社のスポーツユニットソールなど、随所にカスタムを施した。


「AMB」×「ユニフォーム・エクスペリメント」のスニーカー

3万円/ソフ 03-5775-2290

お父さんが履いてるようなポッテリとしたフォルムから“ダッドスニーカー”と呼ばれるもっか注目のカテゴリーを、クリーンな白で製作。いい具合にイナタさが抑えられたコレなら、リアルダッドなオーシャンズ世代もイケる!?


「ゼプテピ」×「ダブルタップス」のバッグ

上●H39×W32cm 1万7000円、下●H25.5×W33cm 1万4000円/ともにGIP-STORE 03-5489-4040

極薄&軽量で強度があるゆえ、防弾チョッキにも使われる繊維「キューベンファイバー」採用のマーケットバッグとサコッシュ。


「ベアフット ドリームス フォー RH カリフォルニア」のタオル

160×114cm 1万8000円/ロンハーマン 03-3402-6839

元祖フワモコ素材でお馴染みのベアフットが、コラボによってさらに俺たち好みに。グラフィカルにあしらったパームツリーが、まさにエンドレスサマーな雰囲気を醸し出す。


清水健吾、鈴木泰之、蜂谷哲実(hachiya studio)=写真 松田有記、星 光彦、伊藤良輔、稲田一生=スタイリング

このエントリーをはてなブックマークに追加
次なるヒットデニムはどれだ!? 【その③】化学反応を起こす特別コラボデニム
2018.10.09
みんなのリビングに潮風を運ぶオーシャン・インテリア雑貨
2018.09.30
9月最後の日、夏にうしろ髪引かれ隊にすすめたい秋の服
2018.09.30
素足履きが似合う秋のレザーシューズを見つけた!
2018.09.29
次の週末スタイルが必ず輝く、大人の“スポカジ”ガイド
シンプルなアイテムにさりげない遊び心。大人ってそういうこと
2018.10.09
ギャルソンを堪能するためのストイックなシンプルスタイル
2018.10.06
タフで無骨。オールドスクールなヘリテージカジュアル
2018.10.03
青。色使いに長けたブランドの持ち味を楽しむ
2018.09.30
「旅」を感じる大人のバイカーズカジュアル
2018.09.28
ヴィンテージならではのシワ感とサイジングで”味”を味方に
2018.09.24
ゴキゲンな色とモノ選びで装うことを楽しむ!
2018.09.22
ナチュラルな色みでモスト・ユルユル・ジャケットスタイル
2018.09.20
手首と足首を見せれば、クリーンな装いでも……
2018.09.18
テイストの異なるアイテムを思いきってマッチアップ
2018.09.16
白シャツでチルがサマになる、モノ選びと小さなテクニック
2018.09.14
ほっこりニットで”ゆるカジ”は簡単に手に入る !?
2018.09.12