https://oceans.tokyo.jp/fashion/2018-0815-3/

シンプルな夏の装いを引き上げる、頼れる7つのミニバッグ

このエントリーをはてなブックマークに追加

必要最低限の荷物をしまうのであれば、パンツのポケットで十分だ。が、スマホはデカくなる一方だし、細かい持ち物が意外とある。あとちょっと、モノを入れる場所があれば……。という理由で持つミニバッグが、抜群にシャレてるのだ。

今回はオーシャンズな男にオススメな7つのミニバッグをご紹介。


2万4000円/デラックス(ブリッジ 03-5766-0015)

カウレザー製のウエストバッグ。モデル名は名作映画にちなみ『キャンディマン』。


3万5000円/アエタ(アルファ PR 03-5413-3546)

微調整を繰り返して完成した理想のフォルムと丈夫で柔らかな鹿革の妙味。


6400円/イーストパック(インス 0120-90-0736)

同社のファンとしても知られたアンディ・ウォーホルとのコラボ第2弾。


1万1000円/マスターピース(MSPCプロダクト 03-3796-1296)

ツートーンカラーがとびきりイカした、防水スエードと撥水ファスナーで作ったボディバッグ。


4400円/ハーシェル サプライ(ハーシェル サプライ 渋谷 03-6427-1250)

耐久、耐水、軽量性に優れ、タグには反射機能付き。


1万1000円/エフシーイー(ルート 03-6452-5867)

軽量、防水、耐裂傷性を備えた特殊3層生地を採用。ストラップを外してクラッチとしても使用可能だ。


2万2000円/ワコマリア(パラダイス トウキョウ 03-5708-5277)

ディアスキンのスエードにオリジナルのコンチョを配したワイルドな巾着型。


鈴木泰之=写真(静物) 星 光彦=スタイリング 持田慎司、今野 壘=文

このエントリーをはてなブックマークに追加
大人のアクセ使い。洒落た街角のオッサンたちはどうしてる?
2018.09.03
アメカジに効くアクセ、クドくならない適量が手に入る8つの選択肢
2018.09.02
男は背中で語るものだから、大きく見えるのが効くらしい
2018.08.29
程良いボリューム感が新鮮さを生む! 今狙い目のXLバックパック
2018.08.28
海っぽさと、陽気なイエローでチルなムードを纏う
2018.12.12
キャメルで際立つ、優しい装いと父親像!?
2018.12.09
日焼けしたブラウンレザーに見いだすタフなムード
2018.12.06
デニムブルーはやはり男らしさのエッセンスである
2018.12.04
大人の貫禄とモスグリーンの親和性に大いに納得
2018.12.02
表情豊かに黒を着たいから シルエットを工夫する
2018.11.29
爽快な細身ブリーチが、年相応にはけるヒミツが知りたいか?
2018.11.24
オールタイムベストな軍モノ×デニムを新鮮に
2018.11.21
バイカー風に楽しむなら 色使いの工夫をお忘れなく
2018.11.17
エレガントなアウターに力を添える黒の魅力
2018.11.14
黒デニムをジャパニーズロックな雰囲気で
2018.11.11
デザインで遊ばず、緩急のついた シルエットで遊ぶ上級テク
2018.11.08