2018.08.04
FASHION

街角パパラッチで見つけた! 全方位に洒落た夏の「オーシャンズ11」その④

一体全体、リアルなオーシャンズ世代の「格好いい」とは何なのか? 街角でハントした好例11人をピックアップして、服の選び方にはじまり、合わせ方、小物の着け方、微妙なニュアン作りという枝葉末節まで徹底解剖、徹底解説し、全4回でお届け。今回は最終回。

キマってるオッサンがいると、それだけでうれしくなる。ついつい目で追って、いつかは自分も……と夢が膨らむ。そんな憧れの50歳をご紹介。

高橋陽一さん
Age
50

「ハイストリート」「スポーツミックス」といったハッシュタグを付けたいコーデ。黒いアイテムでまとめながら、スニーカーにポイントカラーを持ってくるのがテクニック。こんな50歳になりたいゾ。

キャンバーのTシャツ
アメリカ製ヘビーウエイトTシャツの代名詞、キャンバーはここ最近の流行でもある。こんな感じで、大きいサイズ感で着るのが正解なのだ。

グラミチのショーツ
定番ショーツも素材感が変わると新鮮に、という好例。サーフ系はコーデュロイ、アウトドア系はヘンプ素材など、嗜好に合わせてみよう。

レイバンのサングラス

「ウェイファーラー」は“半透け”のレンズをチョイス。屋内でも掛けっぱなしでいられるし、休日の気分転換にもピッタリ。これ、本当に使えます。

ロレックスの腕時計

スポーツウォッチの「サブマリーナー」のノンデイトタイプ。ずっと飽きずに、どんなスタイルにもハマるいい時計を1本持っていると、コーディネイトを締めたいときに役立つ。

モンベルのバッグ

ミニポーチやサコッシュを、斜め掛けだけでなく、このように首から“ぶら下げる”のもアリ。日本が誇るアウトドアブランドのものは、リーズナブルなのもうれしいところ。

ナイキのスニーカー

ランナーたちの間で話題の 「ズームフライ」は、ストリートファッション&スニーカーファンからも人気のモデル。足に優しくて、デザインもいい。これ以上求めること、ある?


島谷直樹さん Age
50

こんな50歳になりたい、その2。サーフアパレルブランドの服を軸にしながらも、ジャストサイジングで「キレイに」着こなしている島谷さん。街と海との距離を近づけるグッドコーディネイトだ。

ヴィスラのシャツ
ハワイアンシャツは気後れて、無地はツマラナイというワガママ男にぴったりな優しい柄シャツ。「サーフ」を知る人ならご存知のブランドだ。

ヴィスラのショーツ
潮灼けしたような風合いのコーデュロイショーツはサーフスタイルの必須アイテム。丈の長さや太さなど、正解はすべてここにアリマス。

ルーカのハット

アウトドアシーンの高支持アイテム、ブーニーハットを街でもご活用の図。いい具合に日焼けした肌があってこそ、こういうアイテムは似合う。

レインのサングラス

細めのプラスチックフレームのボストンシェイプは、スタイルを選ばず掛けられる万能タイプ。迷ったら、コイツを。

ロレックスの腕時計

垂涎の“グリーンサブ”で、しかも推測するに英国のバムフォード&サンズのカスタムモデルでは? いずれにせよ、サーフスタイルを格上げしていることは間違いなし!

フリーウォータースのサンダル

夏はやっぱビーサンでしょ、という永遠のサーフボーイたちにコイツを。ストラップが1本加わるだけで歩きやすさが格段に上がったヤツである。

# オーシャンズ11# パパラッチ
更に読み込む