2018.08.03
FASHION

街角パパラッチで見つけた! 全方位に洒落た夏の「オーシャンズ11」その③

一体全体、リアルなオーシャンズ世代の「格好いい」とは何なのか? 街角でハントした好例11人をピックアップして、服の選び方にはじまり、合わせ方、小物の着け方、微妙なニュアン作りという枝葉末節まで徹底解剖、徹底解説し、全4回でお届け。今回は第3弾。

今年は記録的な猛暑だ。だからこそ満を持して取り入れたいサングラス。この夏に使いたいアイテム、ぶっちぎりのナンバーワンだろう。

梅津宏明さん
Age 44

トレンド性の高いアイテムとハイエンド&ラグジュアリー系のもので全身をまとめながら、微塵もイヤミがなくまとまりがいいのは、黒とオリーブカラーで合わせたから。

ノンネイティブ×グラミチのショーツ
夏を満喫する心意気が出た丈感がgood! 都会的な雰囲気のシャリッとした素材もコーデのキモに。

オークリーのサングラス

スケートシーンとのコラボで生まれたオークリーの新定番「ラッチ」を。感度の高いカジュアルスタイルの男たちから支持を集めているヤツだ。

サカイ×ポーターのバックパック

ことさら主張せずとも「いいバッグ」だと雰囲気で伝わるグッドコラボものをさらっと。こういう持ち物で、センスって出るよなーと思うのだ。

エルメスのバングル

エルメスがリリースするシルバージュエリーの中でも、稀少といわれる「トゥアレグ」シリーズのバングル。カジュアルスタイルをリッチに仕上げる最高のタレントである。

セイコーの腕時計

国産ダイバーズウォッチの草分けといえる名作「ダイバー200」の、1968年製のオリジナルを装着。優良ヴィンテージアイテムはスタイルの“重み”になるね。

NEXT PAGE /

花崎 悠さん
Age 35

「古着の積極登用」は2018年夏の1つの傾向だった。従来のヴィンテージ原理主義や“小汚い”印象ではなく、清潔感がある着こなし方が目立っていた。そう、この花崎さんのように。

スティーブン アランのサングラス
ダブルブリッジのアイウェアは、顔に個性を与えてくれるのでシンプルスタイルのアクセントに最高。ストローハットとの相性も抜群にいい!

古着のシャツ
シンプルコーデのフックになっていた個性的なデザインの白シャツは、なんと古着。フィッティングも抜群。一期一会の出会いだったのだろう。

モンベルのショーツ
この花崎さんのように、テック感のある素材のショーツの着用率が高かったのもこの夏の特徴。オシャレな酷暑対策に最高ってことですな。

カシオの腕時計&クロムハーツのリング

手元で見せてくれたハイ&ローのミックスコーディネイト。自分らしく、好きなモノだけを集めると、こういうことになるってことですな。

ラロッカのバッグ

軍用ヘルメットバッグを元ネタにした大型バッグ。実用的であるとともに、コーディネイトを男クサく見せてくれるアクセサリー的側面も。

アディダスのスニーカー

スマッシュヒットとなった、特徴的なシェル型のトウデザインを採用した「SS スリッポン」を素足に。真っ黒ではなく、グレーを選ぶあたりがセンスの良さ、なのですね。

NEXT PAGE /

田中啓悟さん
Age 35

枝葉末節まで、オシャレを楽しんでいて自分らしく着こなしていることがよくわかります。あ、そういえばBluetoothイヤホンをアクセサリーのように首にぶら下げてる人、増えましたね、最近。

アンユーズドのシャツ
センス溢れるテキスタイルやシルエットで、とりわけ服好きたちから人気のブランドのシャツを。今の気分って、こういうことだよなぁ。

ギルダンのTシャツ
あえて、プリントTのボディとして有名なブランドの無地を、チープシック感覚で着るのが流行中。細くない大きなサイズ感もウケテマス。

カルヴェンのパンツ
スラックスをハンパ丈にして、サンダルとの相性が抜群に。ソックスで遊んでハイテクスニーカーを合わせるってのもアリ、と使えるパンツ術だ。

オリバーピープルズのサングラス

ボストン&ラウンド型のサングラスとキャップという、ちょいとアヤしい組み合わせが、シャレているのだ。こういう挑戦もガンガンいこうぜ!

アエタのバッグ

流行のバッグも、レザー製だと大人でリッチな雰囲気に。ブランド名の由来が「逢えた」だからと、いいバッグに逢えたねって言わないよーに。

ターミガンのサンダル

ひと口にサンダルといっても、毎年微妙に流れは異なるもので。今年は、こんなワンストラップはどうよ? ってな具合で気分な人多いです。

# オーシャンズ11# パパラッチ
更に読み込む