オーシャンズな男よ、100%ハワイを遊べ! Vol.37
2018.07.20
FASHION

イベントディレクターの“仕事スイッチ”を入れる「勝負メガネ」

自分らしいメガネ、それはきっとパーソナルな部分にあると思う。仕事、趣味、ファッションの好み……。数あるメガネから自分らしい1本を選び、シーンや気分に合わせて楽しく“着替える”。

太セルのメガネがトレードマーク。掛ければ仕事のスイッチが入るというイベントディレクターの込山明さんが、自由な感覚で楽しみ尽くす。

シャツは私物

 

込山 明さん Age 40
職業: イベントディレクター
趣味: スキー、サーフィン
好きなメガネブランド: オリバー ゴールドスミス
憧れのメガネ著名人: ル・コルビュジエ
こみやま・あきら●1978年生まれ。某ウォッチ&ジュエリーブランドに14年間勤務。今年4月に独立し、イベントプロデュース会社「ハイウエイカインド」を設立。社名の由来は「クライアントの道になるような仕事をしたい」との思いからだが、カインドと名付けたのは語呂が良かったため。サーフィンのほか、幼少期に嗜んでいたスキーがマイブームとして再燃。一昨年からハマっているそう。神奈川・逗子にて奥さまとふたり暮らし。

 

「波チェックも兼ねた散歩のお供に」

サングラス2万5000円/イエスタデイズ トゥモロウ(ベンダー 03-6452-3072)、Tシャツ6000円/ペイデイ(ハンドイントゥリーショウルーム 03-5775-7813)、ショーツ1万5000円/ネサーンス(レイク・タホ 03-5708-5757)、ニットTシャツは私物

6年前に逗子に引っ越した込山さん。以来、趣味のサーフィンはもっぱらホームポイントで楽しんでいるとか。

「妻とふたりでのんびりと楽しんでいます。まさに地元なのでこういう気取らない薄色レンズが気分ですね」。

まず掛けたのは、気鋭ドメスティックブランドのサングラス。ノンネイティブやアンユーズドをはじめとした東京ブランドの服も大好きだという、込山さんらしいセレクトである。

 

「仕事のスイッチが入る太セルメガネ」

「太セルのメガネを掛け始めた理由はキャラ作り。若かった僕は、プレゼンのときに何か頼れるものが欲しかったんだと思います」。

裏方に徹するときは黒を、カジュアルな雰囲気を出すときはべっ甲を選ぶとか。

3万2000円/オリバー ゴールドスミス(コンティニュエ 03-3792-8978)、ジャケット7万1000円/エンジニアド ガーメンツ 03-6419-1798、Tシャツ6000円/サタデーズ NYC(サタデーズ ニューヨーク シティ 03-5459-5033)

「失くしたり、壊したりで実はこれで3本目」と語るメガネは、英国の老舗ブランドによる名作「コンスルS」。

 

3万2000円/オリバー ゴールドスミス(G.B.ガファス 03-6427-6989)、ジャケット7万1000円/エンジニアド ガーメンツ 03-6419-1798、Tシャツ6000円/サタデーズ NYC(サタデーズ ニューヨーク シティ 03-5459-5033)

クラシカルなラウンドリムが逆に新鮮。

 

2万4000円/エフェクター(オプティカルテーラー クレイドル 青山店 03-6418-0577)、ジャケット7万1000円/エンジニアド ガーメンツ 03-6419-1798、Tシャツ6000円/サタデーズ NYC(サタデーズ ニューヨーク シティ 03-5459-5033)

智飾りのさりげない主張が効果的な演出に。

 

2万9500円/クリスチャン ロス(ディータ 青山本店 03-6433-5892)、ジャケット7万1000円/エンジニアド ガーメンツ 03-6419-1798

個性的な表情へ導くデザイン。

 

「1年にたった数日でも“勝負の日”というものがあって」

4万3000円/トム フォード アイウエア 03-6804-3652

「太セルのメガネは僕のトレードマークで、仕事のときにはいつも掛けています。ただ、カチッとスーツを着るようなここ一番というときにはトム フォード アイウエアを。装いに華やさを与えてくれます」。

こちらは、シンプルなスクエアフォルムに、ヒンジ部分の“T”のデザインが映える1本。

 

清水将之(mili)=写真(人物) 鈴木泰之=写真(静物) 菊池陽之介=スタイリング SHUTARO(vitamins)=ヘアメイク

# サングラス# メガネ
更に読み込む
一覧を見る