【保存版】オーシャンズが徹底調査。僕らが海を目指す理由 Vol.20
2018.06.08
FASHION

今こそ手に入れたい! 40代の“枯れ感”にこそ馴染む華奢なゴールドアクセ

10年前、20年前の自分にはまだ早かった。そんなアクセサリーがあるはずだ。例えば金。シワや白髪が増えてくる世代だからこそ、嫌みなくゴールドが楽しめるようになる。

さりげなく、品良くいくなら、華奢で繊細なヤツが正解。今こそ手に入れたい、“枯れ感”に馴染む華奢なゴールドをどうぞ。

 

①ハムのネックレス

15万8000円/ハム 神宮前 アトリエ&ショップ 03-6434-5586

かすかなファセットを施したスライスダイヤモンドをK18GGにセットしたトップ。裏はプラチナで覆ったりと、徹底した職人芸に脱帽。

 

②シハラのリング

10万5000円/シハラ ラボ 03-3486-1922

1点を軸にふたつのK18YGリングが連結し、1本の指にも、スライドして2本の指にはめても楽しめる。

 

③アーカー オムのリング

10万円/アーカー 表参道ヒルズ店 03-5785-0790

K18YGの「クラウンリング」は、その名のとおりの王冠をモチーフにしたフォルムがなんだか上品。

 

④モトのネックレス

3万2000円/レザー&シルバー モト 03-3407-5836

小ぶりなK18YGのトップでも、ネイティブ調のデザインを採用しているところに男心がくすぐられる。

 

※本文中における素材の略称は以下のとおり。K18=18金、YG=イエローゴールド、PG=ピンクゴールド、WG=ホワイトゴールド、GG=グリーンゴールド、PT=プラチナ

渡辺修身=写真 柴山陽平=スタイリング

# ゴールド# 夏アクセ
更に読み込む