【保存版】オーシャンズが徹底調査。僕らが海を目指す理由 Vol.26
2018.06.03
FASHION

夏のアクセ選びに覚えておきたい、デザインチェーンという新潮流

コーディネイトがシンプルになる夏、どこか心もとない気持ちを埋めてくれるのがアクセサリーだ。とはいえ盛りすぎもいかがなものか。そこで、オッサンに丁度いいサマーアクセサリーとしてピックアップしたいのが「チェーン」。表情豊かな夏の装いを仕上げるのにオススメな、デザインカスタムされた8つの選択肢。チェーンが脇役だなんて、誰が言った?

 

①ダブルダブルダブルドットウィルショットのネックレス

6万3000円/エストネーション 03-5159-7800

喜平にボールと、4種類のシルバーチェーンを組み合わせるのは、NYの新鋭ブランドらしい新鮮な佇まい。

 

②バフのネックレス

2万5000円/バフ 0154-38-2600

トップ部分に配したのは、固定された喜平チェーン。アレンジのセンスが冴える、北海道発の意欲作。

 

③ファイブサーティーパークのネックレス

ネックレス18万円/ファイブサーティーパーク 03-3468-3200、Tシャツ8000円/ティージュ フォー ロンハーマン 03-3402-6839

一見するとシンプルだが、実はシルバーチェーンの間にK18YGをミックスする趣味のいいコンビネーションタイプ。二重に巻いてブレスとしても楽しめる。

 

④ラバーのリング

1万3800円/グラビテート 03-3464-6588

「ファイブリンクリング」の名のとおり、5列のシルバーのコマを構成した姿は独特な質感。LA生まれのデザイナーが手掛け、メキシコの熟練職人がハンドメイド。

 

⑤オールドジョーのブレスレット

6万8000円/オールドジョー フラッグシップストア 03-5738-7292

ヴィンテージに精通するブランドらしい、ミリタリー由来のシルバー製IDブレス。ハンマーフィニッシュのプレートが味わい深い。

 

⑥タカヒロミヤシタザソロイスト.のブレスレット

16万9900円/グローサリーストア 03-6805-1989

宮下貴裕氏による、ホースビットをモチーフとした斬新なブレスレット。アクセサリーブランドのエンドが製作を手掛け、質感の良さはお墨付きだ。

 

⑦ワークスタット・ミュンヘンのブレスレット

12万2000円/エディション表参道ヒルズ店 03-3403-8086

質実剛健なドイツの職人が手掛けたのは、燻しによって黒ずんだ武骨なシルバーブレス。サイズの異なるコマをつないだのも面白い。

 

⑧ジジのブレスレット

2万3000円/ブルーム&ブランチ青山 03-6892-2014

ブランドと同名のオールドムービーに着想を得た、レトロなデザイン。シルバーにK18YGのコマを1つポイント使いしたブレス。

 

次回は、隠して魅せる「インサイドアウトなリング」を紹介!

 

※本文中における素材の略称は以下のとおり。K18=18金、YG=イエローゴールド、PG=ピンクゴールド、WG=ホワイトゴールド、GG=グリーンゴールド、PT=プラチナ

渡辺修身=写真 柴山陽平=スタイリング

# アクセサリー# デザインチェーン# 夏アクセ
更に読み込む