ヘビロテできる!着回しできる!期待に応える服。応えない服。 Vol.38
2018.05.23
FASHION

見つめられると欲しくなる。フェンディとグッチの魅惑的な「眼差し」

イタリアを代表する2つのハイブランドから届いた、無視できない眼差しを持つアイテム。見つめられるほどに気になってしまうが、その視線の主は、実は……

ムシできない昆虫たちの眼差し

25万4000円/フェンディ(フェンディジャパン 03-3514-6187)

若者たちには新鮮なのだろう、近頃’90年代テイストの服を着る彼らの姿が目に入ってくる。我々も昔取った杵柄で、あのポップなセンスをうまいこと、大人の余裕で取り入れてみたい。

さて、そこでフェンディの「バッグバグズ」だ。2013年に登場した、チャーミングな眼差しのモチーフ。そのモンスターの「目」を持ったリアルな昆虫モチーフ「スーパー バグズ」を全面にあしらったのが、このシルクブルゾンだ。エレガントな素材感とセンスの良いグラフィックゆえに、40代の食指も動く。時代の最先端をいくフェンディ。追いつきたいと思ったなら、この服はムシできないね。

 

涙を流す瞳。それが意味するものとは?

H51×W52×D5.5cm 39万8000円/グッチ(グッチジャパン 0120-88-1921)

今年1月、コンサート活動からの引退を表明したエルトン・ジョン。今秋から3年にわたる最後のワールドツアーの衣装を担当するのがグッチだ。クリエイティブ・ディレクターのアレッサンドロ・ミケーレが創り出す世界観と、そのグッチが「SHOWMAN」と評するエルトン・ジョンのゴージャスな雰囲気はベストマッチであろう。

カプセルコレクションとして作られた、シングル「LEVON」(’71年)のアートワークがプリントされたレザートート。ポーチが付属し、ブルーにゴールドの星をあしらったタグが付く。グッチとエルトン・ジョンが起こす化学反応に期待したい。

 

中村利和(BOIL)=写真 松本有記=スタイリング

# エルトン・ジョン# グッチ# フェンディ# 眼差し
更に読み込む
一覧を見る