ヘビロテできる!着回しできる!期待に応える服。応えない服。 Vol.35
2018.05.22
FASHION

世知辛い世の中だからこそ、オシャレにやっぱりユーモアが必要だ

何かと世知辛い世の中だ。OC世代ともなれば、仕事場でも家庭でもきっと、ストレスを感じるときだってあるだろう。だからこそ、せめてオシャレで息抜きを。

見られていないようで見られているTシャツやスウェットの柄やロゴ。ストレートなメッセージも、洒落たフォトプリントやアート柄も悪くないが、ちょっとだけニヤリとさせるユーモアを湛えたものが気になる。

 

サブポップ×ビームス

4800円/ビームス原宿 03-3470-3947

ボブ・サップではない。ニルヴァーナ、ソニック・ユースを輩出し、’90年代を席巻した胸熱レーベルを今再び。

 

バナナ・リパブリック

4537円/バナナ・リパブリック 0120-77-1978

バナナ・リパブリックによるセルフパロディともいえる1枚。ひと皮剥けたデザイン!?

 

ザ・ノース・フェイス

4500円/ゴールドウイン 0120-307-560

海の防波堤や川の欄干。度胸試しに飛び込んだ少年時代の記憶が蘇るような気が。

 

チャリアンドコー

6000円/チャリアンドコー ジャパン 03-6433-5912

これも我々の郷愁を誘う、懐かしの「6段変速ギア」をプリント。

 

ヒステリックグラマー

2万2000円/ヒステリックグラマー 03-3478-8471

ロックやポップカルチャーを独自の解釈で表現するヒステリックグラマーのスウェット。モックネックでベロア素材という、レトロスポーティな感じがいい。もちろん目がいくのは胸元で、実にアメージングな攻め方である。元ネタはもうわかるだろう。何かと世知辛い世の中だからこそ、こうしたパロディが気持ちを和ませてくれる。ほら、ペロリと舌を出して「笑って許して」と言ってるじゃないか。

 

パロディ、オマージュ、本歌取り。その多くは元ネタに対する敬意や愛情が織り込まれたものだ。音楽やアートはもちろんファッションも然り。そもそも元ネタに存在感があるからこそ引用されるわけで。

 

中村利和(BOIL)=写真 松田有記=スタイリング

# Tシャツ# スウェットシャツ# ヒステリックグラマー# ユーモア
更に読み込む
一覧を見る