https://oceans.tokyo.jp/fashion/2018-0514-6/

デニムでもなく、ショーツでもない。夏に着回せる“第3のパンツ”はコレだ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

夏にはきたいボトムスの選択肢は限られる。特にデニムは暑い、ショーツは気恥ずかしいと消極的なら、同じように合わせやすくて、軽やかさもある第3のパンツ、ピケパンとサマースラックスが最高に調子いい。

今季もフル回転必至のシャツ3種とコーデ実例を参考に、改めてそれぞれのユーティリティを確認しよう。

着回すパンツ「ピケパン」

1万2000円/ビームス プラス(ビームス プラス 原宿 03-3746-5851)

軽さと心地良さが共存、デニムに隠れた安定の実力者
’60年代のサーフ&カリフォルニアスタイルに欠かせないピケ素材のジーンズ。デニムよりさらっとしていて見た目も爽快で清潔感もある。そこのキミ、これをワードローブに加えないのは、なぜだい?

着回し① ピケパン + デニムシャツ

パンツは上を参照。デニムシャツ4万8000円/マイシンクス(RHC ロンハーマン 045-319-6700)、Tシャツ7万6000円/ジ エルダー ステイツマン(エドストローム オフィス 03-6427-5901)、スニーカー6万4000円/ビズビム(F.I.L. TOKYO 03-5725-9568)、サングラス3万5000円/シングラス(ブリンク 03-5775-7525)

ともに漂うウエスタンの薫りで西海岸にフィーチャー
ピケパンが持っているウエスタンなテイストを考えれば、同様にウエスタン仕様のデニムシャツがぴったりハマる。プリントTシャツをインして、西海岸風イージーゴーイングなスタイルを。


着回し② ピケパン + マドラスチェック

パンツは上を参照。シャツ2万7000円/フランク&アイリーン(サザビーリーグ 03-5412-1937)、シャツに掛けたサングラス4万7000円/ロバート・マーク(グローブスペックス エージェント 03-5459-8326)

好感度調査で上位に入るのはこういうコーディネイト
渋カジの主役だったマドラスチェックシャツも人気再燃。そして、ピケパンとの取り合わせの良さたるや。なので"シャツイチ"のコーディネイトがちょうどいい。こういうのが好きという女子、多いです。※編集部調べ。


着回し③ ピケパン + ギンガムチェック

パンツは上を参照。シャツ1万6000円/ディストリクト(ディストリクト ユナイテッドアローズ 03-5464-2715)

奇をてらわずシンプルに着る。大人ファッションの絶対条件
パンツと同系色、ブラウンの色柄をピックアップ。足元にきれいな色の真新しいデッキスニーカーを合わせる。それだけ。シャツは洗いざらしで気持ち良く着てほしい。


着回すパンツ「サマースラックス」

1万3000円/ビューティ&ユース(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店 03-5428-1893)

テーパード回帰に乗った、クラシカルなタック入りが新鮮
ワンプリーツのアンクル丈&ゆとりあるテーパードは、まさに今持っていないとマズいシルエット。Tシャツ1枚に合わせるだけで、ニヤリとするくらい格好いいです。本当に。


着回し① サマースラックス + デニムシャツ

パンツは上を参照。シャツ3万9000円/ビズビム 03-5468-5424、キャップ8000円/ディセンダント 03-5784-0314

ストリートに洗練をもたらす37.5歳必須の組み合わせ
ストリートなアイテムにも、このパンツはすこぶる相性良し。でもワークパンツのようにルーズに見えない。トップスはパーカや半袖のワークシャツなんかを合わせても格好いい。


着回し② サマースラックス + マドラスチェック

パンツは上を参照。シャツ1万5000円/トニー タイズサン(タイズサン 03-6447-1655)、パーカ2万1000円/ネサーンス(レイク・タホ 03-5708-5757)、サンダル8000円/ホカ オネオネ(デッカーズジャパン 0120-710-844)

レイヤードを駆使して、新感覚のビーチサイドスタイルを
ドレッシーなスラックスなら、対比の効果を狙ったビーチサイドスタイルを。ライトなネルのマドラスシャツをアウター使いしてスウェットパーカをイン、話題のサンダルの足元が際立ってくる。


着回し③ サマースラックス + ギンガムチェック

パンツは上を参照。シャツ2万8000円/フランク&アイリーン(サザビーリーグ 03-5412-1937)、肩に掛けたニット2万8000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー 03-5784-1238)、サンダル1万2000円/ビルケンシュトック(ビルケンシュトック・ジャパン 03-6452-6577)

爽やかさにキレイめながら遊びを加えるボトムス選び
暑い夏こそ着たい、爽やかで清潔なブルーのギンガムチェック。遊びの効いたテーパードスラックスなら、マジメに見えすぎない好バランスに。


畑中清孝(UM)=写真(人物) 鈴木泰之=写真(静物) 星 光彦=スタイリング 向後信行(JANEiRO)=ヘアメイク

このエントリーをはてなブックマークに追加
着回し自在! ユニクロの「感動パンツ」はオッサンたちの新定番となりえる超実力派
2018.05.13
アロハシャツをさらっとセンス良く着こなすために知るべき5つのヒント
2018.05.08
セットアップの可能性をフルに引き出す、即戦力の着回しテクニックとは?
2018.05.06
今、羽織るべきは「ボタンレス」なカーディガン。汎用性を着回し例で徹底解剖
2018.05.04
ヘビロテできる!着回しできる!期待に応える服。応えない服。
この夏、試したい! こなれた印象をつくる”Tシャツまくり”
2018.06.11
カラー合わせの”爽やか巻き”。品良くまとめたマリンスタイル
2018.06.09
夏の主役にふさわしいのは、”大胆&技あり”のこんなボーダー
2018.06.07
ガバッ!解放的なジップ全開放。あえての適当さも夏らしい。
2018.06.05
嫌みのないシンプル&カジュアルなブラックスタイル
2018.06.03
モノトーンに白Tをチラ見せして、印象にメリハリを
2018.06.01
Tシャツ以上シャツ未満。ヘンリーネックをさらりと
2018.05.29
オーバーサイズと太パンツ。軽やかに旬の着こなし
2018.05.27
ストライプを大人カジュアルに。黒ショーツでシックにキメる
2018.05.25
ニットを羽織る。ユルさを適度に引き締めるこんなテク
2018.05.25
グリーンアロハとチノパンの好相性。Tシャツをインして落ち着きをプラス
2018.05.23
アウター代わりのビッグサイズのシャツ。黒ローファーで引き締めて
2018.05.21