2018.03.24
FASHION

スタイリングがうまくいかないのは、色使いが悪いからかもしれない

2018-5-saisinngou
スクリーンショット 2018-03-22 13.33.27
スクリーンショット 2018-03-22 13.53.14
03-23 20.21.38のコピー
スクリーンショット 2018-03-22 13.34.50
スクリーンショット 2018-03-22 13.52.15
スクリーンショット 2018-03-22 13.51.43
スクリーンショット 2018-03-22 13.51.54
スクリーンショット 2018-03-22 13.52.43
スクリーンショット 2018-03-22 13.52.26
スクリーンショット 2018-03-22 13.50.29
スクリーンショット 2018-03-22 13.51.24
スクリーンショット 2018-03-22 13.33.27
スクリーンショット 2018-03-22 13.53.14
03-23 20.21.38のコピー
スクリーンショット 2018-03-22 13.34.50
スクリーンショット 2018-03-22 13.52.15
スクリーンショット 2018-03-22 13.51.43
スクリーンショット 2018-03-22 13.51.54
スクリーンショット 2018-03-22 13.52.43
スクリーンショット 2018-03-22 13.52.26
スクリーンショット 2018-03-22 13.50.29
スクリーンショット 2018-03-22 13.51.24

すべての洋服には色がある。それは、基本色だろうが、派手色だろうが。ってことはつまり、毎日、着替えの際に色合わせをアレコレ考えるチャンスがあるのだが、僕らは存分に楽しんでいるだろうか。答えはノー(だよね?)。

「忙しい」のは仕方ないとして、「色使いってムズカシイ」と怖気づいていたり、「俺、色モノ着ないし」と諦めていたり、「挿し色なんて必要ない」と色に向き合わなかったり……。諸事情はあろう。だから、考えた。

毎日の定番色、派手色、挿し色、そして色のストーリー。シンプルで大人っぽく装うために、僕らが色に対峙するときに知っておきたいコツについて。明日から、クローゼットの前に立って考える時間が、少しだけ楽しくなるといいな。

4人が着ているのは、ポロ ラルフ ローレンのケーブル編みカシミヤニットにリーバイス「501」。つまり同じアイテムの上下。ところが、アウトドアな人、文化系の人、ストリートな人、艶やかな人……と、四者四様の異なるテイストに。

色使いを筆頭に、シルエットやサイジング、ディテールの処理、小物使いと着こなし方で見栄えはガラリと変わる。色選びは自分らしさ探しの旅でもある。磨いてみようセンス。トライしてみよう新しいこと。色の世界はぐんぐん広がっていくはずだ。


実は、OCEANSを月額390円で読む方法がある。

それは、定期購読である。「OCEANS」が毎月半額の390円で読めるだけでなく、“オッサンの休日をもっと豊かに!”をテーマにした読者限定イベントの参加費まで優遇。ちなみに次回は、「初心者歓迎! 親子ゴルフ」で、5月20日(日)、埼玉県にあるゴルフ場「KOSHIGAYA GOLF CLUB」での開催が決定。定期購読者ならこちらへの参加費が優遇される。イベントの詳細はこちらのサイトで4月上旬に告知予定。お見逃しなく。


そんな今月号の表紙はこちら

書店、コンビニ、ネットから。ぜひご購入を!
>>アマゾンからの購入はこちら
>>富士山マガジンサービスからの購入はこちら
>>定期購読のお申し込みはこちら

# 最新号#
更に読み込む