大人の男のための、自分史上最高デニム Vol.28
2018.03.18
FASHION

「デニム」をランウェイで大きくフィーチャーした最初のデザイナーって?!

[右]デニムコート5万3800円、Tシャツ1万円、パンツ2万4800円/すべてカルバン・クライン ジーンズ(カルバン・クライン 0120-657-889)、スニーカー1万9000円/エイティーズ(エドストローム オフィス 03-6427-5901)[左]デニムコート5万9800円、Tシャツ9500円、デニムパンツ3万1800円/すべてカルバン・クライン ジーンズ(カルバン・クライン 0120-657-889)、サンダル2万2000円/ノンネイティブ×アイランドスリッパ(ベンダー 03-6452-3072)

デニムを最初に大きくフィーチャーしたファッションデザイナーは、カルバン・クラインだ。1973〜’75年にコティ・アメリカ・ファッション批評家賞を3年連続で受賞し、イケイケだったカルバンは、次の一手としてデニムに目をつけた。

その目論見は正解だった。’81年、当時16歳だった女優、ブルック・シールズがCMで「Nothing comes between me and my Calvins(私とクラインの間には何も入れない)」と囁くやいなや、同ジーンズは爆発的にヒット。

以来、ファッションブランドがデニムを手掛けるのは、香水を作るくらい当たり前のこととなった。

そのカルバン・クラインのリブランディングを、2017-’18年秋冬シーズンから任されたのが、ラフ・シモンズだ。彼の「CALVIN KLEIN 205W39NYC」のコレクションは、想像以上にアメリカ色が強く、デニムも古き佳き時代のアメリカを連想させるものが多い。

そうなると、低迷していたカルバン・クライン ジーンズが急に輝いて見えてくるわけで、ファッションとは本当に不思議なものである。

 
熊谷隆志=写真 菊池陽之介=スタイリング NORI=ヘアメイク

# カルバン・クライン# デニム# ラフ・シモンズ# 自分史上最高デニム
更に読み込む