https://oceans.tokyo.jp/fashion/2018-0208-2/

食わず嫌いは損をする!? 大のオトナの「使える」アイテム

このエントリーをはてなブックマークに追加

「大柄なプリントはちょっと……」「大きめのアクセは……」。そんな食わず嫌いはきっと後悔する。だって、こんな楽しいアイテムがあの人気ブランドから登場しているのだから。インパクトは強いけど、身につけてみれば想像以上に今の自分に似合うもの。まずは、ポール・スミスさんが大の(DINO)オトナに向けて作る、こんなのから!

「PS ポール・スミス」のスウェット

1万4000円/ポール・スミス リミテッド 03-3478-5600

プリント柄のスウェットシャツというアイテム。昨今各ブランドでもてはやされている印象だが、やはりそのユニークさと色使いで一歩抜きん出ているのは、ポール・スミスが手掛けるそれだろう。

2016-17年秋冬のランウェイにて(このあたりも一歩先んじている)、ウィメンズのスカートやメンズのシャツに用いられた「DINO(ダイノ)」シリーズのプリント柄は、その名のとおり“Dinosaur”=恐竜がモチーフ。でも決して若い人たちだけのものじゃなくて、僕らのような大の大人も着たくなるシックな雰囲気がある。ファッションの楽しさを改めて教えてくれる一着だと思う。


「ディースクエアード」のペンダント

[左]2万6000円、[右]2万3000円/ディースクエアード 東京 03-3573-5731

アクセの類いを数えるほどしか持たぬ男子にとって、ペンダントはややハードルの高いアイテムか。漂うおめかし感に、ほのかな恥じらいを覚えてしまうのだ。でも、ジョニデのように、エミネムのように着けてみたい。これもまた偽らざる気持ち。ディースクエアードのこやつらはうまい着地点ではないか。

今季のテーマ「ボーイスカウト」を表現するフラスクとホイッスルは、実際に使うことができる。このユニークなアイデアに「気取った要素」は皆無。実際に使用するしないはさておき、我々のハードルを下げてくれる意味でも「使える」ってわけ。


食わず嫌いはヤメて、まずは手に取ってみてほしい。新しい発見があるはずだから。


このエントリーをはてなブックマークに追加
いい状態で「ずっと着てほしい」。その一念が生んだデニムとスウェットのスゴみ
2019.03.18
スーパーブランドがスニーカーを手掛ければ絶対に面白くなる証拠
2019.03.04
ロンハーマンが目指した90年代ラルフ ローレンの世界
2019.03.01
どうせならセンス良く飾りたい! 気負わない男のアクセサリー事情
2019.02.03
OC世代に味方する、イタリアンモードのBIGネーム TOP7
アメリカンカルチャーが香るディースクエアードの冬コレが着たい
オッサンの冬アメカジを考察…… モードブランドがピッタリだった?
あのポール・スミス氏が日本にやって来た! その理由とは……?
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12
オーバーサイジングなダウンを着るとき、ほかのアイテムは?
2019.03.11
こなれ感だけではなくモノ選びも説得力高め
2019.03.10
ボリューム感の緩急が引き立つシンプルルック
2019.03.09
家族みんなで楽しんだ爽快ブルートーン
2019.03.08
色と素材で強調した遊び心満点のレイヤード
2019.03.07
スタンダードな装いに 違いを見せる素材使いとは
2019.03.05