https://oceans.tokyo.jp/fashion/2017-1224-2/

今しか買えない! 迎える春にオススメな8つのスペシャルコラボが登場【後編】

このエントリーをはてなブックマークに追加

オーシャンズが気になるブランドと手を組んで、1カ月だけしか買えないスペシャルアイテムをリリースする好評企画。

今回8ブランドに別注したアレコレは、迎える春を楽しくさせるモノばかり。【後編】ではバッグ、コート、パーカなど、男の“こだわり”を刺激する逸品をピックアップ!

さぁ、このままオーシャンズの公式オンラインストア「OCEANS GOODLIFE STORE」へアクセスだ!

>別注アイテム #01〜#04はコチラ

別注アイテム#05
こう見えてミリタリー由来、こう見えてイタリアメイド、こう見えて……。

イタリア軍のテント生地は、デニムにもレザーにも好相性。さらに5つの底鋲により、床置きの際もしっかり自立。

実用品ほど、素材やパーツ、縫製などのディテールが気になる。なぜって、細部にまで作り手のこだわりが垣間見えるかどうかが、それを選ぶかどうかの判断材料になるからだ。そんな男の食指を動かすバッグがこちら。

マグネット式の開口部や豊富なポケットなど、申し分ない使いやすさに加え、仕事にも使えそうな薄マチも魅力だ。

一見シンプルなトートに見えて、表地はイタリア軍の野営テントに使われる防水キャンバス。糸1本単位でテフロン加工を施し、年月を経ても変わらない撥水性はイタリア軍お墨付き。そして熟練の職人によるオールイタリアメイドで、細かなステッチワークは上品さを滲ませる。またハンドルは植物タンニン鞣しレザーで、使うほどに深い色に。

ほかにも内ポケットや底鋲、マグネット式の開口部など、我々を魅了するポイントが満載。こんなこだわりだらけのバッグなら、長く付き合える相棒になってくれるに違いない。

6つの内ポケットで収納力にも自信あり!

「エクレッティコ」別注のバッグ
PRICE:2万4000円
COLOR:カーキ
SIZE:H31×W52×D14.5㎝
MATERIAL:ボディ:コットンキャンバス、ハンドル:カウレザー


別注アイテム#06
3シーズン着られる以上の満足感も羽織りたいなら

やや細身なAラインのシルエットは、大人のアウターとしての上品さを漂わせる。デニムやスニーカーなどのカジュアルなスタイルにも、スラックスと合わせたトラッドなスタイルとも相性抜群だ。

クローゼットでかさばるアウターは、一枚で着回しの効く「使い勝手」が重要。そこで3シーズン着られてスタイルの硬軟にも対応する万能コートを別注した。

こちらはマイティーマックの ’50年代のアーカイブから復刻したもの。ビッグサイズで重厚な作りのオリジナルから、3シーズンにわたって軽快に羽織れるアウターに再構築。

オリーブとネイビーの2色展開!

この企画には、ヴィンテージへの造詣が深いキャプテンサンシャインのデザイナー、児島晋輔氏も参画。「少しの雨ならしのげる高密度コットンナイロンを採用し、裏地は極力省略。さらに背裏のメッシュ部分に本体が収納できるパッカブル仕様にしています」。長く着られて、便利で、背景もある。こんな満足感、ほかではちょっとないのでは?

「マイティーマック ザ サードエディション」別注のコート
PRICE:各4万8000円
COLOR:オリーブ、ネイビー
SIZE:S、M、L、XL
MATERIAL:ポリエステル80%、コットン20%


別注アイテム#07
これで誰でも“シャツ一枚”が格好いい男になれる!

シャツ一枚の姿が格好いい男に憧れる。ここに異論はないだろう。そこで、気取らず着ていても、誰しもがキマるシャツとは何かを考えてみた。パートナーはフィンガーフォックスアンドシャツ。東京・代官山で最良のシャツを追い求め続ける新鋭だ。

ベースに選んだのは、ブランド自慢のオーガニックコットンに高瀬貝ボタンを備え、立体的な袖付けが特徴のBDシャツ。着心地とシルエットの良さは担保済みだ。そこに加えたのが“胸ポケ”。両胸にポケットを備えることでアイキャッチが生まれ、寄る年波で緩み始めたボディも、目立たなくしてくれる。

爽やかな白のポケットはフラップレスでシンプルに。
フラップ付きポケットでワークシャツの趣を。

今回用意した2色の雰囲気に合わせ、それぞれポケットの仕様も変更。格好いいシャツ姿を求めるすべてのオッサンに、お試しいただきたい。

「フィンガーフォックスアンドシャツ」別注のBDシャツ
PRICE:各2万2000円
COLOR:ホワイト、ブルーグレー
SIZE:S、M、L、XL
MATERIAL:コットン


別注アイテム#08
【30着限定!】シティスペックを追求してたどりついた“オーシャンズ”

男は本物に弱い。例えば“ミルスペック”と聞けばピクリと反応してしまう。が正直、実際の街使いでは手に余る性能だろう。そこで、官給品を作り続けてきたブランドと“シティスペック”のウェアをデザイン。ブランド名はアークエアー。ヨーロッパの軍や警察の制服を作ってきた実績を持つ本物だ。

選んだのは、ロングセラーのアノラック。通常仕様のナイロンをポリコットンの撥水リップストップに、ジップは止水タイプに変更。バイカラーだった色使いはブランド独自の“オーシャンズ”と銘打たれた単色ネイビーで仕上げた。

するとミリタリー特有の土臭さは一掃。街はもちろん、アウトドアでもシックに見える出来映えに。シティスペックを追求したら、“海の色”に行き着いたという次第だ。

色名はまさしく「オーシャンズ」!

「アークエアー」別注のパーカ
PRICE:1万4000円
COLOR:オーシャンズ
SIZE:M、L
MATERIAL:ポリエステル50%、コットン50%


玉井俊行=写真(人物) 杉田裕一=写真(静物) 星 光彦=スタイリング Taro Yoshida=ヘアメイク 髙村将司=文

このエントリーをはてなブックマークに追加
夏ゴルフのスコアを左右するのは、ズバリ“パンツ選び”だ
2018.05.24
終了直前! サマースタイルの絶妙なスパイスとなる4アイテムを買い逃すな!
2018.05.20
鍵束がアクセに変身!? 夏の名刺代わり、“以上”のキーホルダー
2018.05.17
最高の夏の迎えるために、最高にヘビロテしたくなる“カリフォルニア100%” Tシャツを
2018.05.10
ストライプを大人カジュアルに。黒ショーツでシックにキメる
2018.05.25
ニットを羽織る。ユルさを適度に引き締めるこんなテク
2018.05.25
グリーンアロハとチノパンの好相性。Tシャツをインして落ち着きをプラス
2018.05.23
アウター代わりのビッグサイズのシャツ。黒ローファーで引き締めて
2018.05.21
ダークトーンのアクセントに、こんな派手色はいかが?
2018.05.19
これからの季節、涼しげなカーゴパンツ。インナーの見せ方もワザあり
2018.05.17
エアマックスにチノパン。懐かしのストリートはサイズ感を今っぽく
2018.05.15
今年らしさは、総柄の開襟シャツでどうぞ
2018.05.13
ビッグシルエットなのにスッキリ感。秘密はカラー&ボトム
2018.05.11
上品さ&ヌケ感が絶妙マッチ。九分丈ロールアップも春らしさを演出
2018.05.09
ちょっぴり上品!新鮮なデニムセットアップ
2018.05.07
”街男スタイル”に絶妙なハズしを与える、ホワイトスニーカー
2018.05.05