https://oceans.tokyo.jp/fashion/2017-1111-1/

冬でもTシャツを楽しめる!極上ムートンの素晴らしき世界

このエントリーをはてなブックマークに追加

ムートンアウターは幸せの塊だ。腕を通したときのホワッとした言葉にできない気持ち良さがあるし、とにかく暖かい。風も通さないし、吸湿&放湿性もある。Tシャツの上に着ると、その素晴らしさがよくわかるはずだ。だから、Tシャツ1枚の上に着るだけでキマるグッドデザインで上質な素材で作ったものを選んでみた。

レザージャケット28万円/ノンネイティブ(ベンダー 03-6452-3072)、Tシャツ6800円/ザ・ノース・フェイス パープルレーベル(ナナミカ マウンテン 03-5728-3266)、パンツ2万8000円/A.P.C.  03-3710-7033、サングラス3万8000円/ギャレット レイトカリフォルニア オプティカル(オプティカルテーラー クレイドル 青山店 03-6418-0577)

ボマージャケットの代名詞、B-3風デザインを、青みがかったベージュのムートンで上品に。やや落ちたショルダーラインなど、モダンなシルエットにも注目だ。


POLO RALPH LAUREN
ポロ ラルフ ローレン


23万円/ラルフ ローレン 0120-3274-20

ヴィンテージウェアへの造詣が深いブランドらしい年代モノと見紛う経年加工のB-3ジャケット。良質なボアが心地良く、本当の年代モノではこんなグッドコンディションにはなかなか出会えない。


NAISSANCE
ネサーンス

22万8000円/レイク・タホ 03-5708-5757

2015年のリリース以来大人気で、デザインを変えずに秋冬に定番展開されているランチコートの新色。同素材でジップアップベストも用意されていて、このコートとアンサンブルで着ても格好いい。


NEIGBORHOOD
ネイバーフッド


18万円/ネイバーフッド 原宿 03-3401-1201

モーターサイクルシーンと強いつながりを持つブランドらしい、ライダーフレンドリーなディテールのライダーズジャケット。素材の切り替えは見た目のアクセントにもなってくれる。


今季は淡いカラーがトレンド。大人の渋みを一層引き出す最高のアイテムといえる。安い買い物ではないけれど、だからこそ上質なものにこだわりたい。長く付き合える1枚を今年こそ手に入れてみてはいかがだろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
マッチョなムートンアウターを気負わずいただく調理法とは?
2017.12.03 / オーシャンズ的 パパ改造計画
羽織るだけでこなれて見える “膝丈コート”6選!
2017.12.02
今季の見逃し厳禁アイテム!ハイクオリティな厳選フリースたち
2017.11.23
アウター選ぶなら、ずばり大ぶりサイズ!定番だってご覧の通り
2017.11.22
デニムはサイズ感が命!トップスとのバランスが絶妙な好例
2018.01.20
上下デニムをマーシー風に。潮っ気たっぷりのマリンスタイル
2018.01.20
親娘で着られるダメージ&色落ちデニムのお手本コーディネート
2018.01.20
デニムスタイルは、重心を変えれば印象が変わる。
2018.01.20
ニット×デニムのベーシックスタイルを自分らしく着こなすコツ
2018.01.20
キメキメのトップスに抜け感を。パンツをあえて”いなたく”履く
2018.01.19
シルエットにこだわるなら、レディスのパンツという選択肢!
2018.01.19
挑戦したい”Aライン”。ボリューミーなボトムスをトップスで締めて。
2018.01.19
カットオフでチノパンを新鮮に!ソックスをあえて出すのがポイント
2018.01.19
オーバーサイズのパンツ。レングスの仕上げでここまで締まる
2018.01.18
スラックスはあえてのくるぶし丈。統一感のある色使いにセンスが光る
2018.01.18
”チラ見せ”ソックスでセンス良く。BMXブランドへのこだわりも◎
2018.01.18