https://oceans.tokyo.jp/fashion/2017-1109-2/

アメリカンカルチャーが香るディースクエアードの冬コレが着たい

このエントリーをはてなブックマークに追加

PREMIUM BRAND × DAILY STYLE
DSQUARED2 ディースクエアード

最上級&最先端のファッションとアナタの距離がグッと縮まるフォトストーリー。ワンブランドで作る37.5歳に似合うプレミアム&デイリースタイル。

スキーや雪山からインスピレーションを受けた今シーズン。それを象徴するこちらのダウン入りダッフルコートは、ゴージャスなラクーンファーやオリーブグリーンのコンビネーションで武骨なミリタリーテイストに仕上げた。そこに、リペア加工を施したチノを合わせることでよりタフな印象を与えてくれる。

コート29万円、ニット6万9000円、パンツ6万9000円、ネックレスにしたウォレットチェーン4万2000円、ブーツ11万円/すべてディースクエアード(ディースクエアード 東京 03-3573-5731)


今季一番のニュースである、レインウェアで有名なフレンチブランド、ケーウェイとのコラボレーション。シンプルなネイビーでも楽しめるリバーシルブ仕様のダウンジャケットは、ディースクエアードのデザイナーの故郷である、カナダの自然にインスパイアされたというフローラルプリントをメインに着こなしたい。その甘い表情を、ハードなダメージデニムが引き立ててくれるから。

ダウンジャケット11万2000円、Tシャツ2万9000円、パーカ4万9000円、デニム10万3000円/すべてディースクエアード(ディースクエアード 東京 03-3573-5731)


ブランドが誇るアイコニックなデニムコレクション。毎シーズン独特な加工技術やデザインを駆使したアイテムで人気を集めるが、今季はグラフィティアートをモチーフにしたストリートライクなデニムジャケットに注目したい。大胆なペイントやダメージ加工を前面に施したインパクトのある一着は、デニム・オン・デニムという、直球のアメカジを、どこかモードに変換してくれるのだ。

デニムジャケット12万9000円、スウェットシャツ8万9000円、中に着たシャツ14万3000円、デニムパンツ12万5000円、スニーカー7万9000円/すべてディースクエアード(ディースクエアード 東京 03-3573-5731)


コレクションテーマは「新たなマウンテンスタイル」。それは直接的に表現した多数のワッペンでカスタマイズされたアウターは、バッファローチェックとのリバーシブル仕様だ。そこに、ポンチョのようなシルエットと切りっ放しの裾がキャッチーなデニムシャツをレイヤード。スリムなボトムスとユニークなボリュームコントラストを見せる装いを構築した。冬服の醍醐味のひとつ、重ね着を存分に楽しんだ。

コート29万5000円、デニムシャツ8万9000円、パーカ6万7000円、デニムパンツ6万7000円/すべてディースクエアード(ディースクエアード 東京 03-3573-5731)


背面には真っ赤なダウン、その上はカーフレザーのヨーク。ムートンの襟に加え、フロントポケットはミリタリー風のビッグポケットと、様々なアウターの要素をミックスしたデニムジャケット。内側には、ネルシャツを重ね着したように見えるディテールも備え、見る角度によって表情の変わる多面性が魅力。エッジの効いたアイデアで我々を常に驚かせてくれるブランドの真髄が見て取れる。

デニムジャケット31万5000円、デニムパンツ6万9000円、ウォレットチェーン4万2000円、サスペンダー2万6000円/すべてディースクエアード(ディースクエアード 東京 03-3573-5731)


赤×黒のチェックジャケットの襟は短く刈り込まれたムートンで、ポケットの縁にもそれを配置。そしてインナーのデニムシャツにはドレッシーなウイングカラーを採用し、ボウタイも付属させている。カントリーライクなカナディアンスタイルとイタリアンテーラリングの融合をテーマにする、ブランドのこだわりを感じるアイテムで作った装い。そこにはやはり、デニムがよく似合う。

ブルゾン26万8000円、デニムシャツ6万8000円、デニムパンツ4万5000円/すべてディースクエアード(ディースクエアード 東京 03-3573-5731)


畑中清考(UM)=写真 小林 新(UM)=スタイリング 宮本佳和(perle)=ヘアメイク

このエントリーをはてなブックマークに追加
いい色落ちを目指すなら実践すべき、正しいデニムの洗い方
2018.04.07 / 間違いだらけのデニム選び
いい色落ちのために「デニムを洗わない」は都市伝説か? <理論編>
2018.03.31 / 間違いだらけのデニム選び
CORRESPONDENCE with Mr. DENHAM ―ジェイソン・デンハムへの「10」の質問―
2018.03.30 / NEWS
意外と今の好み!? アルマーニ エクスチェンジの“新コレ”が40代にご機嫌だ
2018.03.29
オッサンの冬アメカジを考察…… モードブランドがピッタリだった?
ポロ ラルフ ローレンをシブく着こなすためのスタイルサンプル
人気7ブランドのデニムが大集合!2017年の新作をチェック!
1980年代のNYが透けて見える。ルイ・ヴィトンの洗練カジュアル
柄に同系色を散りばめて。リズムあるカーペンタースタイリング
2018.04.05
濃度の異なるネイビーを楽しむなら……相性のいいグレーパンツを合わせて。
2018.04.03
鮮やかブルーの差し色で、オールブラックに個性を演出
2018.04.01
それぞれのラインが立体感を生む、人気ブランドによるブラックの競演。
2018.03.30
ボア付きベスト、白シャツで合わせればこんなに上品!
2018.03.28
無骨な着こなしに挿す、ベージュのベレー。白スニーカーも効いている!
2018.03.26
グラデーションが目を引く!カジュアルなストリートスタイル
2018.03.24
グレー、ブラック、そしてブルー。シンプルだからキマる引き算の美学
2018.03.22
渋い色も着こなし次第でこの通り! キャメル&グレーの大人な色使い
2018.03.20
千鳥格子柄ビッグコートに、ビビッドカラーのインナー&靴で遊ぶ
2018.03.14
アースカラーの安定感に色を挿す。チラリと見せる”柄使い”
2018.03.12
シンプルコーデを格上げする、ロールアップ&”チラ見え”ソックス
2018.03.10