https://oceans.tokyo.jp/fashion/2017-1027-3/

やっぱりラクなほうがいい! コンフォート追求系スニーカー!

このエントリーをはてなブックマークに追加

これまでに、数多のスニーカーを履きつぶしてきたことだろう。そしてもう気づいているはず。スニーカー選びは何も見た目だけじゃないってことを。歩行時の安定性、ソールのクッション性、脱ぎ履きの手軽さ……。思わず身を委ねたくなる、履く人思いの機能を備えた一足が大人にはうれしいんだ。


SPECTUSSHOECO.
スペクタス

2万3000円/ギャラリー・オブ・オーセンティック 03-5412-6908

コーデュラナイロンを使ったタフな一足。でもそれだけじゃない。ストッパー付きの伸縮性のあるシューレースを採用し、着脱だってスムーズ。縫製を極限まで省いたミニマルなルックスもいいじゃないの。


PUMA
プーマ

1万5000円/プーマ 0120-125-150


もともとクッショニングや軽さに定評のある「イグナイト リミットレス」。ネット状のアッパーで構成された見た目も斬新である。しかも、ただ奇をてらったわけじゃなく、シューレースを自由に通せて、フィッティングを細かく調整できる画期的な仕組みも備えている。


TRETORN
トレトン

8800円/ハンクスPR 03-6677-7741


ご覧のように見た目はレトロ。ただ、グリップ力と軽量性が高いアウトソール、緩衝性に優れるフットベッドの「オーソライト」と、意外にも機能派である。裏地にパイル地をあしらい靴ズレが起きにくいのも気が利いている。


MEPHISTO
メフィスト

4万1800円/メフィストジャパン 03-5781-9660


解剖学をもとに作られた「エアリラックス」なるフットベッドを搭載。そのため、安定性は抜群で歩いていても疲れにくい。クラシカルなモカシンタイプのタフなルックスとボリューム感ながら、すこぶる快適。こんな一足を待っていた。


ASICSTIGER
アシックスタイガー

1万5000円/アシックスジャパン 0120-068-806


‘90年に登場し人気を博したレトロキックスの名機「ゲルマイ」。一度は廃番となったものの、今回、満を持して待望の復刻!! シューレースを締めれば足首のホールド感も高まる特徴的なギミックは、今見ても新鮮で革新的。視覚的にも楽しませてくれる。


COLE HAAN
コール ハーン

3万5000円/コール ハーン ジャパン 0120-56-0979

ウィングチップシューズのクラシカルな表情をストレッチニットで表現。そのため足へのフィット感がすこぶる良好。シックな見た目に反し、クッショニングや屈曲性に優れるシステム「グランド.OS」を搭載したハイスペックな一足。


SANTONI
サントーニ

6万9000円/リエート 03-5413-5333


無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインで、足なじみのいいアンライニング仕様。だからこそ、ソフトなカウレザーの優しい肌触りをダイレクトに感じることができる。それもこれも、イタリアメイドの最高品質なレザーだからこそ為せること。


TOP SEVEN
トップセブン

1万8000円/チャンス 072-726-9092


キャップトウやパーフォレーション入りヒールにより、スニーカーながら面構えはドレスライク。そのうえサイドジップを配しているため脱ぎ履きの煩わしさもない。品格も求めるモノグサな大人にはありがたい仕様じゃないか。


ラクだから、との理由でスニーカーを手に取る大人は多いだろう。いやむしろそちらの方が主たる理由か。だからこそ、機能性や気の利いたディテールを搭載したこんなアイテムが、多くの共感を呼ぶはずだ。


清水健吾=写真 松田有記=スタイリング

このエントリーをはてなブックマークに追加
限定エアマックスを唯一買える、ABCマート「グランドステージハラジュク」オープン!
2018.12.12
’95年当時ニュースになった、45番のジョーダンが箱まで忠実に初復刻!
2018.12.01 / スニーカー世代を刺激する「一足触発」
何個見つけられる? ニューバランス「X-90」が受け継ぐ歴代の息吹
2018.11.24 / スニーカー世代を刺激する「一足触発」
【普段着ゴルフのヒント③】いつだって足元はスニーカーを履いていたい
2018.11.23
意外にも多彩!? 個性豊かな黒スニーカーの“いろいろ”
海好きなスニーカー世代に届いた耳寄りな情報
清潔感も大切な大人には、クリーンなテニス風味の一足がいい塩梅
色&素材使いで魅せる! オリジナリティ溢れるミクスチャースニーカー
見逃し厳禁! この秋最高にホットなコラボスニーカーTOP10
海っぽさと、陽気なイエローでチルなムードを纏う
2018.12.12
キャメルで際立つ、優しい装いと父親像!?
2018.12.09
日焼けしたブラウンレザーに見いだすタフなムード
2018.12.06
デニムブルーはやはり男らしさのエッセンスである
2018.12.04
大人の貫禄とモスグリーンの親和性に大いに納得
2018.12.02
表情豊かに黒を着たいから シルエットを工夫する
2018.11.29
爽快な細身ブリーチが、年相応にはけるヒミツが知りたいか?
2018.11.24
オールタイムベストな軍モノ×デニムを新鮮に
2018.11.21
バイカー風に楽しむなら 色使いの工夫をお忘れなく
2018.11.17
エレガントなアウターに力を添える黒の魅力
2018.11.14
黒デニムをジャパニーズロックな雰囲気で
2018.11.11
デザインで遊ばず、緩急のついた シルエットで遊ぶ上級テク
2018.11.08