https://oceans.tokyo.jp/fashion/2017-1018-4/

手放しに「イイね」と思える!優秀すぎる別注メンズバッグ8選

このエントリーをはてなブックマークに追加

バッグ専門ブランドと、ファションブランドやアーティストとの別注&コラボもの。オーシャンズでもトピックとして扱うことが多いカテゴリーのバッグだけど、「別注だから」紹介しているわけじゃないんだよね。

ベースのモデルを絶妙なテイストでアップデートしていたり、今の気分を反映したまったく新しい型を作っていたり。ひとつのバッグとして見たときにすごく優秀。「イイね」と思ったバッグを集めたら、結果的に別注ものが多かった、というわけ。

TUMI × SOPHNET.
トゥミ × ソフネット

バッグH29×W40.5×D9cm 6万2000円、レターパッド2万2000円、ペンケース5000円/すべてトゥミ 0120-006-267

トゥミの看板素材であるバリスティックナイロンに、ソフネットのブランドカラーであるネイビーを投入し、ライニングをブルーの迷彩柄に。今やお馴染みとなったコラボコレクションである。5シーズン目となる今季は、「スリム・スリーウェイ・ブリーフ」がラインナップ。ブリーフ、バックパック、ショルダーの3-WAYで使える高機能モデルだ。レターパッドとペンケースも同コラボの新作。


EVERLAST × MASTER-PIECE
エバーラスト × マスターピース

H38×W37×D18cm 1万5000円/サードオフィス 03-6825-8506

透湿性を備えたナイロンシェルのサックを内蔵しているので、着替えの収納などには打ってつけ。また荷物が増えた際には本体とサックを別々に使ってもOKだ。日本のバッグブランド、マスターピースと、ご存じエバーラストとのコラボ。


HERSCHEL SUPPLY × KEITH HARING
ハーシェル サプライ × キース・ヘリング

H37×W28×D14cm 9800円/キャンバス 03-5639-9669

カナダ発の人気バッグブランド、ハーシェル サプライのコラボ相手は、あのキース・ヘリング。アイコニックなアートワークを大胆に総柄プリント。フラップ式バックパックの人気モデル「ダウソン」がご覧のとおりの仕上がりに。


OUTDOOR PRODUCTS × BEAUTY&YOUTH
アウトドアプロダクツ × ビューティ&ユース

H48×W40×D14cm 1万1000円/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店 03-5428-1893

大きくして色は派手に。それが最大の別注ポイントだ。定番「クラシック デイパック」を約25%容量アップし、素材はコーデュラナイロンへ進化。


BARBOUR × CROOTS
バブアー×クルーツ

H29×W37×D15cm 4万5000円/バブアー 渋谷店 03-6450-5993

オイルドクロスのコートで知られるバブアーが、同じく英国発のバッグブランド、クルーツに別注すれば、必然的に骨太な風情に。キャンバス(非オイルド)の裏地にはブランケットライニングが施される。


N.HOOLYWOOD EXCHANGE SERVICE × GREGORY
N.ハリウッド エクスチェンジサービス × グレゴリー

H42×W30×D14cm3万3000円/ミスターハリウッド 03-5414-5071

米特殊部隊のために開発・設計したバッグをベースにし、一般向けの製品を揃える「グレゴリー スピア」シリーズと、N.ハリウッドがコラボ。ビジネスシーンにもフィットする傑作が誕生した。バックパック、ボストン、ショルダーとして使える大容量の3-WAY。ポーチなどが装着できるフロントのスリットがN.ハリウッド流のアレンジだ。


ARC’TERYX × BEAMS
アークテリクス × ビームス

H53×W43×D28cm 2万8500円/ビームス 原宿 03-3470-3947

アークテリクスの名作バックパック「セブリン」の配色をお色直し。カーキ色の面には、同色でビームスのロゴ刺繍が入る特別仕様だ。


知ってる人が見れば、「おっ」と驚かれたりする別注アイテム。選ぶ基準がしっかりしていれば、決してミーハーなセレクトじゃなくなる。大人としてはピッタリな“買う理由”じゃない?

このエントリーをはてなブックマークに追加
自転車通勤の働きマンたちに、このバッグを背負ってもらいたいワケ
2018.01.16 / NEWS
“間仕切り”テク、マネしたい!カメラマンのパッキング術
2018.01.11
意外と悩む冬のスタイリングとバッグの関係。その正解とは?
2017.12.26
今しか買えない! 迎える春にオススメな8つのスペシャルコラボが登場【後編】
2017.12.24
2017年11月号特集
ワントーンコーデを格上げする秘訣は”リブ”にあった!
2018.01.17
ワイドパンツに苦手あり? なら試したい、こんなシルエット!
2018.01.17
大人のダークトーンは優しいニュアンス。フレンチブランドをサラリ
2018.01.17
ニューヨークらしい、好印象な親子のコントラスト
2018.01.17
スポーティなカーキでつくる”大人の余裕”。サイズ感がポイントに
2018.01.17
茶のスエードブルゾンを、バランスよくまとめたお手本コーデ
2018.01.16
カジュアルに見えがちなアイテムこそ、清潔感に気を遣う
2018.01.16
シンプルなブルゾンも、ボトムスのシルエットで個性的な仕上がりに
2018.01.16
いつものブルゾンを”ボトムス遊び”で旬なイメージに。
2018.01.16
MA-1×オーバーサイズデニムが醸し出す、裏原のニュアンス
2018.01.16
機能性に溢れたモッズコートはオンもオフもキマる。
2018.01.12
クールなスポーツミックスが目を引く、親子スタイル
2018.01.12