https://oceans.tokyo.jp/fashion/2017-1007-3/

「世界の車窓から」がテーマの新作を熊谷隆志さんがセルフスタイリング

このエントリーをはてなブックマークに追加

スタイリストとしてだけでなくさまざまな分野で活躍し、オーシャンズ世代の先頭を突っ走る熊谷隆志さん。今回は自身が展開するブランド「ネサーンス」の秋冬コレクションにフォーカス!

「熊谷隆志のお洒落で悪いか!」を最初から読む

テーマは「世界の車窓から」。よって150カ国以上旅してきたジャーナリスト、兼高かおるになった気分で世界中の気になるテイストをピックアップした今季。もちろん、そのほとんどは熊谷さんが好きなモノばかりだ。それらを軸に、思わず「新鮮!」と膝を叩いてしまうスタイリングを披露してもらった。

好きなものを軸にミックスするのが熊谷スタイル

Style_01 きれいめセットアップが気分。ベレー帽をアクセントに

コート8万8000円、パンツ3万3000円、カットソー1万4000円、帽子9000円/すべてネサーンス(レイク・タホ 03-5708-5757)、その他私物

「ぜひコートとパンツのセットアップで着てほしい」と語るこちら。その上品な着こなしゆえ足元は革靴といきたいところだが、重くなるのを避けるべくあえてスニーカーを合わせている。さらに、スウェット地のクリーンなタートルで軽さを演出。「とても被りやすい」というベレー帽は、カシラと共同開発したもの。


Style_02 ロングカーディガンを、グランジ風に着こなす

カーディガン5万4000円、ニットキャップ5800円/ともにネサーンス(レイク・タホ 03-5708-5757)、その他私物

夏は全身で合わせたときもあったお気に入りの白を、秋冬も継続して着る予定。ボトムスは、「11月中旬まではありだと思っています」という短パンを。短パン+ロングカーディガンに、ザ・ノース・フェイス×シュプリームのブーツを取り入れるバランス感はお見事。


Style_03 ジャケットスタイルを、愛するヒョウ柄で

ジャケット5万9000円、Tシャツ9000円、帽子9000円/すべてネサーンス(レイク・タホ 03-5708-5757)、パンツ参考商品/RTH(チャオパニック・カントリーモール 03-3406-1104)、その他私物

「昔から自分的定番」と語るのはヒョウ柄。聞けば、家のソファーもヒョウ柄というから、その愛着っぷりは相当だ。それをジャケットに投影。そして、インナーにはシンプルに黒のTシャツ。胸に入れた「Te Amo」の文字はスペイン語で「アイ・ラブ・ユー」の意味である。


Style_04 気分は『ブロークバック・マウンテン』? マッチョなウエスタン

ジャケット11万円、サングラス3万3000円/ともにネサーンス(レイク・タホ 03-5708-5757)、ハット 参考商品/サムロバーツ(チャオパニック・カントリーモール 03-3406-1104)、その他私物

ヌバックレザーのコーチジャケットにラングラーのブーツカットデニム。そしてブーツはレッド・ウィングと、ウエスタンな取り合わせで気分は『ブロークバック・マウンテン』? 「ユウイチ トヤマ」とコラボしたサングラスもお気に入り。


厚手&モコモコでほっこり。素材感にも注目の4アイテム!

2万6000円/ネサーンス(レイク・タホ 03-5708-5757)

柔らかいうえに軽い着心地が嬉しいフリースジャケット。同素材を使ったパンツの展開もあり。


2万6000円/ネサーンス(レイク・タホ 03-5708-5757)

メインのデニム生地とは異なる色みを使ったバックポケットがヴィンテージ風な趣。


3万6000円/ネサーンス(レイク・タホ 03-5708-5757)

トレリスパターンを施したニットは、モロッコのベニワレン・ラグを彷彿とさせる。


3万8000円/ネサーンス(レイク・タホ 03-5708-5757)

素材に起用したふわふわのモヘアが、抜群の暖かさと肌触りの良さをもたらしてくれる。


スタイリングのいいスパイスに! ネサーンスの定番4アイテム

2万円/ネサーンス(レイク・タホ 03-5708-5757)

プルオーバータイプのミリタリーシャツは、フロントに配した大きなポケットがユニーク。


8000円/ネサーンス(レイク・タホ 03-5708-5757)

形はベーシックなベースボールキャップ。しかし使われている生地はウール。オレンジのほか、ベージュ、グレー、ネイビーもラインナップ。


7万8000円/ネサーンス(レイク・タホ 03-5708-5757)

ヴィンテージのツイード生地で仕立てたコート。ロンドンのテーラードのような雰囲気がいい。


9000円/ネサーンス(レイク・タホ 03-5708-5757)

毎シーズン色を変えて展開しているネックウォーマー。ネサーンスのロングセラーアイテムのひとつだ。


今シーズンも魅力的なラインナップが並ぶネサーンス。それぞれのアイテムはもちろん、デザイナーである熊谷さんが提案してくれたコーディネイトも、この秋冬の参考になること請け合いである。



熊谷隆志(くまがいたかし)

1970年生まれ。渡仏し、’94年スタイリストとして活動開始。’98年以降はフォトグラファーとしても活躍。東京・原宿にあるセレクトショップCPCMのディレクターを務め、ファッションからクラフト、ワークショップなどのモノ・コトを通して、本質的なウェルビーイングを提案している。東京・駒沢ではパーソナルショップ、ウィンダンシーを運営。また、グリーンライフにも造詣が深く、趣味はサーフィン。


熊谷隆志=写真

このエントリーをはてなブックマークに追加
熊谷隆志さんの最新プランツ・ハンティングで向かった先とその成果
2018.05.18 / 熊谷隆志のお洒落で悪いか!
シブさが出てきた大人だからこそ似合う、自然染料で仕上げた一着
2018.05.07
世界を巡った旅するモデル・大石学が語る、大人の旅の面白さ
2018.04.16
旅するモデル・大石学が、世界一周で得た旅の“成果”とは?
2018.04.12
もはやトレンドを超越。熊谷隆志の私的ブランド「ネサーンス」が今着たい。
山本耀司、熊谷隆志らファッション界のマイスター4名が作る「自分が着たい服」とは?
クリエイティブな人は周囲もカッコよかった! スタイリスト・熊谷隆志が友人をコーディネイト
さまざまな想いが去来。熊谷隆志の琴線に触れた風景フォトギャラリー
オーバーサイズと太パンツ。軽やかに旬の着こなし
2018.05.27
ストライプを大人カジュアルに。黒ショーツでシックにキメる
2018.05.25
ニットを羽織る。ユルさを適度に引き締めるこんなテク
2018.05.25
グリーンアロハとチノパンの好相性。Tシャツをインして落ち着きをプラス
2018.05.23
アウター代わりのビッグサイズのシャツ。黒ローファーで引き締めて
2018.05.21
ダークトーンのアクセントに、こんな派手色はいかが?
2018.05.19
これからの季節、涼しげなカーゴパンツ。インナーの見せ方もワザあり
2018.05.17
エアマックスにチノパン。懐かしのストリートはサイズ感を今っぽく
2018.05.15
今年らしさは、総柄の開襟シャツでどうぞ
2018.05.13
ビッグシルエットなのにスッキリ感。秘密はカラー&ボトム
2018.05.11
上品さ&ヌケ感が絶妙マッチ。九分丈ロールアップも春らしさを演出
2018.05.09
ちょっぴり上品!新鮮なデニムセットアップ
2018.05.07