オーシャンズ的 大人改造計画 Vol.8
2017.07.13
FASHION

だらしなさゼロ⁉︎ “キレイめ好き”も“都会派”も必見サンダル

もう真夏みたいな暑さが続くと、休日にはサンダルが大活躍する。ペタペタと音をさせながら、いつものビーチサンダルで街を歩くのも夏っぽいけど、都会的なスタイルやキレイめな格好にハマるサンダルって、ないんだっけ?

「オーシャンズ的パパ改造計画」を最初から読む

アウトドアブランドであるキーンが提案するのが、オープン・エア・スニーカーというスニーカーとサンダルのいいとこ取りの靴。コードを編み込んで作ったグルカサンダルみたいな洒落たルックスが、モードっぽい雰囲気を作ってくれるのだ。

[今回の悩めるオッサン]


弁護士 窪田耕一さん
年齢/38歳 身長/175cm 体重/63kg

Q1. どういったファッションが好きですか?
よく行くショップはエディフィスやジャーナル スタンダード。クセのない、ベーシックなデザインが好みです。

Q2.ファッションについて悩みがあれば教えてください。
最近、少し太ったこともありファッションを楽しめていないです。気付けばいつも同じ格好になっています。

Q3. 休日のワードローブはどのようなものがありますか?
楽な着心地が何より最優先。だから、ストレッチ素材のパンツやゆったりシルエットのトップスが多いです。

Q4. ヘアスタイルについて悩みがあれば教えてください。
妻の好みや仕事のことを考えると、平凡な髪型に……。清潔感とファッション性のある髪型にしたいです。

[今回のスタイリスト]


スタイリスト 菊地陽之介
本誌をはじめ、ファッション誌からタレント、アイドルのスタイリングまで幅広く活躍。キッズブランド「スムージー」のディレクションも手掛ける。


ヘアスタイリスト 田畑裕大
表参道のサロン「アルファラン」で勤務。タレントからの指名も受ける人気ヘアスタイリスト。

[今回のスタイリングのポイント]
◆服
足元とパンツを黒でつなげることで、コーディネイトにまとまりが生まれ、ラフさがより軽減。パンツは細身のジャスト丈でスッキリと。
そしてサンダルとパンツがブラックなので、トップスはネイビーでニュアンスをプラス。Tシャツもニット素材なので、上品に見える。

◆ヘアスタイル
ショートにして刈り上げると、やんちゃ感が強く出てしまう。なので、トップを長めに残してパーマをかけ、流れを作ることで大人の色気を少し演出。
ニュアンスあるトップとソフトツーブロックに刈り上げたサイドでメリハリを出してスッキリと。

NEXT PAGE /

[変身後のスタイル]

サンダルは後述。Tシャツ2万5000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー 03-3473-7007)、パンツ1万5700円/イーブンフロウ(サンライズ パートナーズ 03-5625-3208)、サングラス3万3000円/ネサーンス(レイク・タホ 03-5708-5757)

◆窪田さんの感想
「こんなコーディネイトは生まれて初めて。少し肩肘張った感じに見え、戸惑いました(笑)。でも、サンダルはフィット感があり履き心地も快適だし、簡単に取り入れられそうな気がしました」

[今回のホットなキーアイテム]

キーンの「ユニーク モノクローム」

1万4000円/キーン・ジャパン 03-6416-4808

たった2本のコードを編み込んで形作られるアッパー。軽さと通気性に優れるのはもちろん、高いフィット感でスニーカーのような快適な履き心地が魅力。

パンツと同じブラックで合わせると、足元のミニマル感とシンクロしてよりスマートな印象をつくれ、サンダルの“ご近所感”は皆無。ペタペタと音がうるさくないし、上品な雰囲気になれる大人のサンダルとして、どんなシチュエーションにもフィットしてくれるのではないだろうか。

清水将之(mili)=写真 菊池陽之介=スタイリング 田畑裕大(ALFALAN)=ヘアメイク

# サンダル# パパ改造
更に読み込む
一覧を見る