https://oceans.tokyo.jp/fashion/2017-0707-3/

“見ためだけ”はダメ!? 大人が満足する正しいサンダルの見わけ方

このエントリーをはてなブックマークに追加

暑くなればサンダルがラクだし快適。必然的に出番も多くなる。だからといって、惰性で今年のレギュラーを選んでいては、夏は心底満喫できない(ってことはこの記事でも紹介しました)。
では、絶対にハズさないサンダルって何なのか? ポイントはどこかというと……「ソコ」なんです。「ソコ」? そう「底」。インソールやアウトソールに工夫が施されているグッドデザインなモノを選ぶこと。例えばこんなアイテムみたいにね。

母国アメリカではリピーター続出! “空気のような履き心地”のシャワーサンダル

メイドインUSAにこだわるフットウェアブランド、テリックの人気モデル「スライド」。衝撃吸収性に優れる独自の素材「ノバロン」と、解剖学に基づいて足の形に沿って作られたインソールは足に吸い付くようで、“空気を履いている感覚”と評される程に快適。一度履いたら病みつきになるはずだ。
2013年にはNYタイムズ紙の「ベスト・コンフォート・シューズ」賞を受賞したことも信頼の証。オールブラックのデザインはどこかモードな雰囲気も。つまり、“つっかけ”みたいにだらしなく見えないということである。うん、ありがたい。5900円

裸足以上に裸足感覚⁉ 「コルク×テクノロジー」の快適

カリフォルニア生まれのサーフアパレルブランド、リーフと、オーシャンズでもお馴染みのベドウィン & ザ ハートブレイカーズのディレクター渡辺真史さんが手を組んだスペシャルライン「M.W フォー リーフ」から届いたサンダル。
コルクのフットベットにウォータープルーフのピッグスキンで作られたいかにもビーチが似合うデザインにまず目がいくが、実は履き心地も抜群!
サラッとしたコルクの肌触りはもちろん、インソール、ミッドソール、アウトソールの3層それぞれに硬さの違う素材を使ってクッション性を高める「スウェラーテクノロジー」を採用する。ビーサンらしいシンプルな見た目からは想像できない履き心地を備えた優れものだ。1万5000円

ヴァンズも同じ目線で選ぶなら、この特別モデルが正解だ!

言わずと知れたヴァンズの定番「オーセンティック」。こちらは、カリフォルニア・アナハイム工場で製造されたモデルをモチーフにした。
10オンスのキャンバスアッパーなど当時のディテールを忠実に表現しつつも、インソールには独自開発した「ULTRA CUSH」を採用することで、ローテクスニーカーの弱点である“疲れやすさ”を克服。
低反発でクッション性に優れ、しかも吸水速乾という暑い夏に打ってつけの機能は、スケーターにも、そうじゃない人にもうれしい“トリック”なのだ。各8500円


「OCEANS GOODLIFE STORE」で

このエントリーをはてなブックマークに追加
今年はもう買った?この夏注目のメンズサンダル、10足を厳選!
2017.07.03
プラスアルファの機能で選ぶ、3シーズン使えるコート
2018.01.13
意外と悩む冬のスタイリングとバッグの関係。その正解とは?
2017.12.26
羽織るだけでこなれて見える “膝丈コート”6選!
2017.12.02
意外と好相性!? チノとテック系コートの新しいバランス感
2018.01.22
ルーズフィットデニムはロールアップで着こなして
2018.01.22
ルードな印象際立つ! キーアイテムのブーツは外せない。
2018.01.21
デニム×コンバースの定番には、トレンドのコートを合わせるのが◎
2018.01.21
ピンクを主役に、黒で脇を固める。配色の秀逸さが際立つコーディネート
2018.01.21
ベスト×デニムの王道コーデは、サイズ感で表情を楽しむべし
2018.01.21
カバーオールが復活中!野暮ったくならないヒントはシルエット
2018.01.21
デニムはサイズ感が命!トップスとのバランスが絶妙な好例
2018.01.20
上下デニムをマーシー風に。潮っ気たっぷりのマリンスタイル
2018.01.20
親娘で着られるダメージ&色落ちデニムのお手本コーディネート
2018.01.20
デニムスタイルは、重心を変えれば印象が変わる。
2018.01.20
ニット×デニムのベーシックスタイルを自分らしく着こなすコツ
2018.01.20