https://oceans.tokyo.jp/fashion/2017-0629-1/

猛暑日でも選べる!涼しげな“真夏仕様”デニムをリストアップ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

季節を問わず、やっぱりデニムは休日スタイルの基本。とは言っても、蒸し暑い真夏には正直シンドイというのがオッサンの本音。

だったら、デニムも“衣替え”をしよう。いつものそれより風通しがいいライトオンスのモデルをはじめ、“技術の進歩”で快適性をアップさせたハイテクデニムに涼しいショーツ、はたまた視覚的に涼をもたらす淡色のタイプなど、いろいろ候補があるぞ。


DENHAM
デンハム

3万8000円/デンハム・ジャパン 03-3496-1086

ブランド屈指の人気を誇る、スリムテーパードの「レイザー」に、ハイクオリティな日本製のセルビッジデニムを使用。そのルックスは重厚感のある本格派ながら、実は薄手で軽やかなライトオンス生地のため、不快指数の高いニッポンの夏でも涼しく快適にはけるのだ。


THE DUFFER OF ST.GEORGE
ザ・ダファー・オブ・セントジョージ

1万8000円/ジョイックスコーポレーション 03-3486-1573

高機能素材の「クールマックスデニム」がもたらす優れた吸汗速乾性により、サラリとした肌触りが長続き。加えてしっかりとストレッチも効いているので、このうえなく快適。さらに涼しげな表情のアイスブルーが相まって、着心地も見た目も清涼感たっぷりなのである。


DIESEL
ディーゼル

2万9000円/ディーゼル ジャパン 0120-55-1978

風貌はデニム、はき心地はスウェットのロングセラー「ジョグジーンズ」の快適性は、夏にもすこぶる有効。ドローコード仕様で、腰回りもリラックス。


FIT MIHARA YASUHIRO
フィット ミハラヤスヒロ

2万3000円/メゾン ミハラヤスヒロ 03-5770-3291

今秋デビューとなる“ミハラ”の新ラインより。リジットデニムのようなルックスだが、実は生地が軽いはき心地でストレッチも効いているのだ。


VALTA
ヴァルタ

2万2000円/アドナスト ミュージアム 03-5428-2458

意外と珍しいライトオンスのセルビッジ付き。これならヴィンテージ志向のデニム好きも満足。シルエットはオーセンティックなストレートだ。


VAINL ARCHIVE
ヴァイナル アーカイブ

2万5000円/エルエムエイチ 03-6427-5136

肌に密着しないゆるいテーパードシルエットもサマーデニムには効果的。こちらは高級超長綿のスーピマコットン製ゆえ、心地良さには自信あり。


BIG YANK
ビッグヤンク

3万5000円/サーティーファイブサマーズ 03-5825-3588

ヴィンテージ好きが喜ぶワークシャツの名作を、インディゴ染めのカットソー生地で。顔付きと快適性とのギャップがスゴイ!


A.P.C.
アー・ペー・セー

1万9000円/A.P.C. 03-3710-7033

ワークパンツの仕様を取り入れたゆったりとしたシルエットのショーツは、夏に最適。それだけでなく、フレンチブランドにして新鮮な男クサさにもソソられる。


MAREA ERRE
マレア エッレ

2万2000円/マレア エッレ・ジャパン 03-6435-6375

驚きの伸縮性を誇るオリジナルデニム地でショーツを作成。切りっぱなしの裾やゴムウエストのアタリなど、リアリティの追求に目を見はる。


MAGIC NUMBER
マジックナンバー

5800円/H.L.N.A 03-6459-2431

さりげなく小物でデニムというのもナイスチョイス。再注目されるバケットハットならコーディネイトの季節感がグンと増し、真夏の熱中症対策にも効果的。

“夏仕様”なヤツは実はけっこうリリースされている。彼らは、いつだってデニムとともにありたい俺たちの味方。そんな優しく頼もしい相棒とともに、最高の夏を迎えよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
シャツのインナー使い、見せずに魅せる意外な方法 〜ONE MORE MOVE#006〜
2018.01.22
イチロー愛用品から極上デニムまで眠る中国エリアで掘ったグッドプロダクト
2018.01.21
【1月23日の23:59まで!】目白押しの限定スペシャルコラボアイテムを見逃すな!
2018.01.21
リジッドデニムのロールアップがキマる裏技 〜ONE MORE MOVE#005〜
2018.01.20
意外と好相性!? チノとテック系コートの新しいバランス感
2018.01.22
ルーズフィットデニムはロールアップで着こなして
2018.01.22
ルードな印象際立つ! キーアイテムのブーツは外せない。
2018.01.21
デニム×コンバースの定番には、トレンドのコートを合わせるのが◎
2018.01.21
ピンクを主役に、黒で脇を固める。配色の秀逸さが際立つコーディネート
2018.01.21
ベスト×デニムの王道コーデは、サイズ感で表情を楽しむべし
2018.01.21
カバーオールが復活中!野暮ったくならないヒントはシルエット
2018.01.21
デニムはサイズ感が命!トップスとのバランスが絶妙な好例
2018.01.20
上下デニムをマーシー風に。潮っ気たっぷりのマリンスタイル
2018.01.20
親娘で着られるダメージ&色落ちデニムのお手本コーディネート
2018.01.20
デニムスタイルは、重心を変えれば印象が変わる。
2018.01.20
ニット×デニムのベーシックスタイルを自分らしく着こなすコツ
2018.01.20