https://oceans.tokyo.jp/fashion/2017-0621-1/

体型を隠せてオシャレ!持っておきたいオッサン救世主シャツって?

このエントリーをはてなブックマークに追加

夏は気がかりで仕方ないカラダのライン。とはいえ、急な肉体改造なんて絶対ムリ……。そこでダボっと着られるシャツなんてどう? 付け焼き刃にしても体型はごまかせるし、今流行っていると聞いて悪い気はしないはず。そこで、この夏のオッサンを救ってくれる、救世主のようなシャツをご紹介したい。

マディソンブルー
ブランドの大ヒットアイテムであるシャンブレーシャツは、今の気分と動きやすさを両得できるビッグシルエットが人気の理由。だから長時間のドライブもストレスなく。また袖口を折り返すと現れるワンポイント刺繍も洒落れている。

シャツ3万5000円/マディソンブルー ヘッドストア 03-5724-3339、Tシャツ1万2800円/ジャクソンマティス(カリフォルニア デプト 03-5413-6947)、デニム2万4000円/ヤヌーク(カイタックインターナショナル 03-5722-3684)

バナナ・リパブリック
リネン100%の涼しげな風合い。そのリラックス感を増長しているのが、バンドカラー&ポケットレスのミニマルデザインだ。

9900円/バナナ・リパブリック 0120-77-1978

ボリオリ
規則的にステッチのホツレを入れたジャカード織りのボーダー生地。プリントでは得られない立体感のある、バンドカラーのブザムシャツ。

5万円/ボリオリ 東京店 03-6256-0297

ニードルズ
クラシカルなワンナップカラーの開襟シャツの裾にカットオフ処理でアレンジしたもの。南国のそれとは趣の異なる個性派のデザインだ。

2万4000円/ネペンテス 03-3400-7227

モヒート
かのヘミングウェイが着用したオープンカラーシャツに範を取ったブランドの代表作。アイリッシュリネンの生地は名門ハードマンズ社のもの。

2万7000円/ネスト 03-3233-7888

サルヴァトーレ ピッコロ
ドレス由来のブザムフロントとは裏腹に、カットオフした襟やプルオーバー型、製品染めのリネン素材、とリラックス感満点。

2万9000円/ワイルド ライフ テーラー 03-5728-6320

ポイントは、「ちょっとオーバーサイズかな?」というくらいをセレクトすること。ベーシックなシャツを大きめに着てもいい。備えあればナンチャラ。クルマに放り込んでおくといいんじゃないかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加
シャツのインナー使い、見せずに魅せる意外な方法 〜ONE MORE MOVE#006〜
2018.01.22
【1月23日の23:59まで!】目白押しの限定スペシャルコラボアイテムを見逃すな!
2018.01.21
脱・まじめくん! “丁度いい”シャツのタックイン 〜ONE MORE MOVE #004〜
2018.01.19
久々に盛り上がってきたスタジャン熱! 果たして今どう着る?
2018.01.08 / 種カジのタネあかし
アウター代わりのビッグサイズのシャツ。黒ローファーで引き締めて
2018.05.21
ダークトーンのアクセントに、こんな派手色はいかが?
2018.05.19
これからの季節、涼しげなカーゴパンツ。インナーの見せ方もワザあり
2018.05.17
エアマックスにチノパン。懐かしのストリートはサイズ感を今っぽく
2018.05.15
今年らしさは、総柄の開襟シャツでどうぞ
2018.05.13
ビッグシルエットなのにスッキリ感。秘密はカラー&ボトム
2018.05.11
上品さ&ヌケ感が絶妙マッチ。九分丈ロールアップも春らしさを演出
2018.05.09
ちょっぴり上品!新鮮なデニムセットアップ
2018.05.07
”街男スタイル”に絶妙なハズしを与える、ホワイトスニーカー
2018.05.05
カラーリングの匠!カジュアルスタイルでマネしたい
2018.05.03
ユルいムードの秘密って? フツウに見えちゃう”紐なしスニーカー”
2018.05.01
コントラストで人目を引く、王道のアメカジ
2018.04.29