街で「Tシャツ1枚」が心配な大人たちへ。都会で暮らす僕らとTシャツの付き合い方 Vol.16
2017.06.18
FASHION

「優しさ」アピール可!? 男が買うべき夏の大判ストールたち

ひらり、はらり、ふわり。装いの中に“揺らぎ”があると、不思議とエレガントに見えるもの。布切れ1枚で身を隠す忍者じゃないけど、俺たちは大判のストールがあれば、Tシャツ1枚という心許なさを覆い隠せる。

おまけにパートナーにも貸してあげられるし。だから半分のコストで、数倍のお洒落を楽しめたり。ただ、すごく便利だから、いつの間にか彼女に独占されないようにしようっと。

「サラバ」

写真家・岩佐篤樹が、ブルースシンガー&ギタリスト、ロバート・ジョンソンの墓を写した作品をジャカード織りで再現したコットンストール。洒落た巻き方はパートナーに習うとして、僕らはとりあえず肩に羽織るだけ。ちょっと上品に見えるでしょ? ストール 100×170cm 2万7500円/スロートレイン 03-5721-5523、Tシャツ6500円/アロハ・トゥー・ゼン(H.L.N.A 03-6459-2431)、パンツ2万9000円/ソリード(タトラス ジャパン 03-5708-5188)

「アルテア」

モダールとリネンをブレンドした滑らかなガーゼ地をベースに、ペイズリー柄のシルク地を合わせて渋くて上品な表情を演出。140×140cm 4万2000円/アマン 03-6805-0527

「メルト」

コットンウールにチェック柄をセンス良くレイアウトしたこちらは、某メゾン出身のデザイナーが手掛けるフレンチ銘柄。74×200cm 1万9000円/アダム エ ロペ(ジュンカスタマ―センター 0120-298-133)

「19 アンドレアズ 47」

涼しげなカラーブロックが彩るリネンシルクの1枚は、イタリアのストール専業ファクトリーブランドによるもの。90×200cm 3万1000円/バインド ピーアール 03-6416-0441

「スコッチ アンド ソーダ」

ジャカード織りのストライプ柄やコットンリネンのクシュッとした風合いがエスニックなムードを醸し出す。70×182cm 6800円/スコッチ アンド ソーダ 原宿店 03-6712-6919

「ジ エルダー ステイツマン」

最高級素材を独創的な解釈でカタチにする。そんな“カシミヤの魔術師”はバンダナ柄をデザインに採用。126×126cm 17万3000円/エドストローム オフィス 03-6427-5901

「バナナ・リパブリック」

大きなチェック柄を切り取ったようなこちらは、想像以上に使い勝手のいいモノトーン。軽やかなコットンリネン素材。76×196cm 6389円/バナナ・リパブリック 0120-77-1978

※各アイテムのサイズは編集部調べ

# ストール
更に読み込む